2010
07.04

「バレンタインデー」

バレンタインデー Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)バレンタインデー Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/02)
アシュトン・カッチャージェニファー・ガーナー

商品詳細を見る


バレンタインデイーのロサンゼルス
愛する人と完璧なバレンタインを過ごしたい!そんな熱い~思いに燃える15人の男女の姿を描いた恋愛群像劇。

監督は『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル。
ジュリア・ロバーツ、シャーリー・マクレーン、ジェイミー・フォックス、キャシー・ベイツ、クイーン・ラティファ、ジェシカ・アルバ、アン・ハサウェイ、アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・ビール、パトリック・デンプシー・・などなどなど・・。


愛を語るに相応しい出演陣の豪華なことも魅力です。


劇場ではちゃんとバレンタイン時期に公開された本作。
そうそう、神戸に「ニューヨーク,アイラブユー」を見に行ったら、赤いチラシとパンフの雰囲気が2作、とっても似ていたんでしたっけ。

日本では女性から男性へ思いを打ち明ける「バレンタインデー」(そして=チョコレートの日 笑)
外国では違うんだよ~とは聞いていましたが・・なるほど、なるほど~!!確かに違いますね。

なんて幅広い年齢層。
少年から銀婚式?を迎えるような老夫婦も、そして、男女どちらかからなんて全く関係なく。
思いを打ち明けたり、愛情を確認し合ったり、大切な大切な「愛に満ちた1日」となる日


釣った魚にもちゃ~んとチョコを(笑)いや、愛を与えあうわけですから・・それはもう愛に溢れた作品です。
もちろん上手くいく恋人たちだけじゃない、ほろ苦かったり、ピンチに立たされちゃったり、「バレンタインなんて大嫌い!」っていう女性もいたりするわけなんですけど。

でもでも・・やっぱり、気合いの入れ方が違う!甘い~熱い~シーンがいっぱい
梅雨時のじめじめ・・湿度が70パーセントもあろうかというような部屋で見ちゃぁいけません(笑)
できたらクーラーなんてかけて、甘いアイスクリーム(できたらハーゲンダッツの濃厚な)で彼らの熱いバレンタインに対抗しながら見たら良かったかもしれません。


たくさんの登場人物たちが、それぞれ接点を持ちながらくり広がる群像劇。
中でも中心となるのは、花屋のオーナー、リード(アシュトン・カッチャー)と友人の小学校教師ジュリア(ジェニファー・ガーナー) のそれぞれの恋模様なのですが、
なにせ登場人物たちが二桁を越えちゃいますから!

ハートの飛び交うスピードの速いこと・・・あれあれ・・忙しい~
この半分くらいの人数で、それぞれのエピソードをもう少しじっくりと見せて欲しかったかな、好みとしては。

でも、老いも若きも・・未婚者も既婚者も・・。
人々にとってどれだけバレンタインデーが大切な日であるかっていうこと、それはすご~~く伝わってきました。


花屋の若きオーナー、リードを演じたアシュトン・カッチャー。
実はそんなに好きなタイプじゃないんだけれど
こんなにピンクで決められたら・・ちょっとくらり~(笑)そう、まさにバレンタインカラー♪


ピンクのバレンタイン

親友のために空港に走り込んできた彼が、ジュリアのことを「太陽のような子なんだ」っていう台詞もいいですよね。


ずらりと並んだ魅力溢れる女優陣の中でも、やっぱり一番インパクトのある顔(上司役のクイーン・ラティファと並んで 笑)ってアン・ハサウェイ(褒めてます、褒めてますから 笑)
ブーツ姿で、携帯片手に卑猥な言葉の彼女がセクシー声もこんなに色っぽかったとは。


でもでも、最後に「いいところ」を持っていっちゃったのは、間違いなくジュリア・ロバーツ!
飛行機で乗り合わせた素敵な男性ホールデンと彼女のシーン、二人のシーンだけが他の人々と絡まないラブストーリーかと思ったら・・これが、最後にはちゃ~んと群像劇の中に入ってきちゃうんですよね。

しかもそれぞれ意外な相手との素敵なシーン
特にホールデンにはかなりビックリ!いえいえ、これは言えませんよ。お楽しみに♪




DVDの特典映像では、それぞれのバレンタインの思い出を語るシーンもありましたっけ。
そうそう、エンドロール後のNG集、最後に登場するジュリア・ロバーツの台詞は、マーシャル監督ならではのお遊びの効いた粋な台詞です(笑)

 

あぁ・・だけど。

こんなに可愛いジェシカにあの役柄はね・・、もうちょっとフォローが欲しい。もったいないゾ。
バレンタイン


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/300-76f7c29a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top