2010
06.20

「マチルダ」

Matilda [DVD] [Import]Matilda [DVD] [Import]
(2004/06/21)
Danny DeVitoRhea Perlman

商品詳細を見る

マチルダ【字幕版】 [VHS]マチルダ【字幕版】 [VHS]
(1997/12/03)
ダニー・デビートマーラ・ウイルソン

商品詳細を見る


パパは、インチキ中古車ディーラー会社の社長、ママはギンギラお洋服が大好きなビンゴ狂、
お兄ちゃんと言えば・・これまた絵に描いたようないじめっ子君!

・・なぁんておうちに生まれちゃったマチルダちゃん。

とんでもなく聡明でしかも秘められた力を持った彼女の素質に、家族は誰も気づかない・・、それどころか、鬼っ子扱いまで受けちゃう。

頑張れ、マチルダ!負けるなマチルダ~!!
Go!Go!


トンビがタカを生む・・なんて言いますけどねぇ・・いや、全くどうしてこんなパパとママからマチルダちゃんが生まれちゃったのか・・世界7大不思議!?なんてくらいビックリ、謎です(笑)


生まれた時から放っておかれてしまうマチルダちゃん、でも彼女はなんでもちゃんと自分で出来るんです。
そう、だってマチルダは天才だから

だからといって、マチルダちゃん、お高くとまった子どもでもなくって・・それはそれは可愛い、イイ子なんですよねぇ・・。
本が読みたくて読みたくて幼い時から図書館に通うその姿(素敵な図書館なんですよね、これが)、
ディケンズがお気に入りっていうのが、泣かせます~。


パパに大切な図書館の本(名作「白鯨」!)をびりびりに破られてしまって・・お仕置きしなくちゃ!と目覚めたマチルダちゃん。
でもそのお仕置きぶりが、これまた面白いのです~(笑)
監督も兼ねているパパ役がダニー・デビートだからでしょうか、ダメダメいけないパパなんだけれど、なんだか可笑しくて吹き出しちゃう。

おうちの中で一人だけ、別世界にいるマチルダ・・っていうと、すごく悲しい辛いお話のように思っちゃうんだけれど、マチルダの愛らしさと家族の可笑しさで、このお話意外にとっても楽しいのです♪

ご飯も作ってもらえずに置いて行かれちゃっても、そこは天才マチルダちゃん、ママには絶対作れないような美味しい朝ごはん(パンケーキが美味しそう!)も自分で作れちゃいますから。



やっと念願の学校に通わせてもらえるようになるのだけれど、これがまた・・パパやママよりもず~~~っと強大な恐ろしい校長先生が経営する学校なのです。
最近では先生よりもモンスター・ピアレンツの方が恐ろしいって言いますけれど、ここでは間違いなく校長先生がモンスター


危うし、マチルダちゃん~~~!!
でもでも・・大丈夫。
担任のハニー先生は、どうしてあなたがここに?って思うような優しくて、とびきり美人の先生なんです。
先生にお招きを受けて一緒にお茶を飲む、コテージがとびきり可愛くて感動です♪私もここで一緒にお茶したい


おうちではパパのインチキを暴こうとするFBIを手玉にとって、学校ではモンスター校長先生(いやぁ・・すごい迫力、存在感!)を相手に奮闘するマチルダちゃん。
なんと超能力まで使えるようになってしまったマチルダちゃんの活躍ぶりに、なんとも胸がすか~っとしちゃいます。

ええっ、それはないゾって思うような学校の様子とか、校長先生のモンスターぶりに目が点!になっちゃうのですが、
とにかくマチルダちゃんの愛らしさとハニー先生の可憐な姿に応援のエールを送っちゃいますヨ。




原作は、あの「チャーリーとチョコレート工場」でも有名なロアルダ・ダールだそうです。
・・と聞いて思わず納得~!!

ユーモアの中にもちょっぴりビターな皮肉も効いていましたもんね。


マチルダはちいさな大天才マチルダはちいさな大天才
(1991/05)
ロアルド・ダール

商品詳細を見る




そうそう、そう言えばチョコレートが(映画の中でも)印象的な小道具に使われていましたっけ。
お茶と一緒に飲む食後のチョコレートはとっても美味しそうだけれど・・あのとんでもなく巨大な、ベトベトしたチョコレートケーキは・・胸やけしそうですよねぇ(笑)


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/295-d6d44dc1
トラックバック
コメント
マチルダちゃん、ここだったのね~(^^ゞ
本当に、トンビが鷹を生むどころじゃない突然変異よね。
マイナス×マイナスで、プラスプラスプラス!になっちゃった!!って感じかしら?(笑)
まさに天から授かったギフトみたいなマチルダちゃんだったよね。
学校では、(家庭の)一難去ってまた一難、だったけど、ハニー先生の様な先生と出会えて、見てるほうも安心出来たわ~。

>最近では先生よりもモンスター・ピアレンツの方が恐ろしいって言いますけれど

・・・・・この映画がつくられた時期って、それとは反対に、親が子供に無関心でほったらかし・・って方が多い時代だったのかなぁ??とかも思いました。特にアメリカでは???
tsurubaradot 2011.06.07 10:46 | 編集
> tsurubaraさん

マチルダちゃん、ここでした~(笑)
わざわざ読んでくださってありがとう♪

>マイナス×マイナスで、プラスプラスプラス!になっちゃった!!って感じかしら
そうそう!そうでしたねぇ、マチルダちゃん、すごいーー。

ハニー先生、綺麗で優しくて・・・お茶の時間も素敵でしたね。
コテージも可愛くて。

>この映画がつくられた時期って、それとは反対に、親が子供に無関心でほったらかし・・って方が多い時代
うんうん、そうかもしれませんね!

可哀そう~って思う題材なのに、ぷぷっと笑ってしまうユーモアがあったり、校長先生もね、あまりの迫力に怖さよりも目が点になっちゃったり(笑)
面白かったですよね。
dot 2011.06.08 10:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top