2010
06.02

「百年恋歌」

ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]
(2007/04/20)
スー・チー/チャン・チェン

商品詳細を見る


1966年、1911年、そして2005年。
3つの時代に生きる3組の男女の姿を描いたオムニバス映画。

3組の恋人たちをすべて、スー・チー、チャン・チェンが演じ分けているのも見ものです。


「ニューヨーク,アイラブユー」の画家の最後のミューズ役が、とても印象的だったスー・チー。
彼女が出演したオムニバス映画があると聞いてレンタルしてみました♪




1966年[恋の夢]

兵役を控えた若者(チャン・チェン)とビリヤード場で働く少女シュウメイ(スー・チー)の物語。

出会って、恋心が芽生える時・・、恋の始まるお話って何度見てもドキドキします~。
まだどちらもはっきりと気持ちを伝えたわけでもないけれど、視線を交わし、笑顔を向け合う。

若者の気持ちは掴めるのだけれど(笑)彼女の気持ちが今ひとつ分からない・・まるで自分も「彼」になったつもりで彼女の跡を追ってしまう。

懐かしいオールディーズのナンバーが、恋の予感にときめく気持ちをいっそう、盛り上げてくれるかのようでした。
ラブレター・・とまではいかない、ひそやかな想いをこめた手紙もいいなぁ。




1911年[自由の夢]

第二話は、1911年の遊郭を舞台した物語。

遊郭に通う外交官チャン(チャン・チェン)と芸妓(スー・チー)との間に流れる・・静かだけれども、深い想い。

なんと、この第二話、サイレントでした!
字幕が出るんですよね・・驚きました。
でも、これが男女の想いをより切なく伝えてくるようで・・、静かな雰囲気にぴったり。ふたりの表情を見つめながら、どんな言葉を交わしているのだろう・・次の言葉は?・・なんて想像しながら見てしまいました。

芸妓と客という以上の深い想い・・・。
普段はとても穏やかで静かな表情しか見せない彼女が・・時折歌う、あの歌声。
秘められた恋心の苦しさ、辛さを吐き出しているかのようで、たまらなく切なくて。
スー・チーの美しさにも見惚れてしまいました。




2005年[青春の夢]

こちらはまた打って代わって現代的なムードに驚きます。
歌手のジン(スー・チー)は、カメラマンのチェン(チャン・チェン)と出逢い、二人は激しく惹かれあうのですが・・。


第一話と同じように、出会ったばかりの二人を描いているのに・・こちらは全く違う。性急に求めあう二人。
でも、激しく求めあう二人の中に感じるのは、どこか哀しい痛み。

「あなたは誰? 何が欲しいの?」ジンの歌のように・・何を求めたらいいのか分からない、不安と満たされない渇きのようなものを感じさせて。
「ニューヨーク,アイラブユー」の時にも感じたのですが、こんな風に不安や戸惑いを抱えたスー・チーの瞳って、とても印象的なのですよね。





それぞれ舞台も時代も全く違う3つの恋物語。
でも、観終わって思ったのは、どの作品も恋人たちの「言葉」はとても少なかったこと。
(第二話などはサンレントでしたから!)


だからこそでしょうか、恋人たちのさまざまな表情により深く魅せられる。
そして、手紙や歌がよりいっそう、物語を鮮やかに彩っているような気がします。



ときめく恋心の第一話も良かったけれど、やはり第二話・・このお話の切なさに心が揺れてしまいます。

3人の男女にそれぞれ扮したスー・チーとチャン・チェン。
↑ではスー・チーのことばかり書いてしまいましたがまっすぐな若者、インテリな外交官、そしてどこか満たされない思いを抱えたカメラマンを演じ分けたチャン・チェンも良かったです。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/288-13452a69
トラックバック
コメント
何と云ってもep1ですね。世代が同じぐらいですので。ヒューヒューな純愛に胸キュンです。(←これで世代がバレますね。笑)

チャン・チェン繋がりで『愛の神』スー・チー繋がりで『クローサー』はいかがでしょうか?

いつもコメントありがとうございます。SALONにヒッチコック遂にUP出来ました。作品が多かったので一苦労です。
NARCYdot 2010.06.02 21:23 | 編集
>NARCYさん
ep1、二人の交わす視線や笑顔、いいですよねぇ♪
ふふふ・・ヒューヒューな純愛に胸キュン!(笑)

『愛の神』は、気になっていたんですよ~。
『クローサー』はナタリー・ポートマンの同名の作品しか、知りませんでした。
アクションものなのですね。スー・チーのアクション、見てみたいです(笑)

SALONにヒッチコック~!!
作品数多いですもんね、お疲れ様です。これはまた見に行くのが楽しみです♪
dot 2010.06.03 19:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top