2009
11.09

「ハモン・ハモン」

ハモン・ハモン デジタル・ニュー・マスター版 [DVD]ハモン・ハモン デジタル・ニュー・マスター版 [DVD]
(2005/09/22)
ペネロペ・クルスアンナ・ガリエラ

商品詳細を見る


スペインの小さな町。
下着メーカーの工場で縫製員として働くシルビアは、会社の御曹司ホセ・ルイスと恋人同士。
シルビアは妊娠し二人は結婚の約束をするのだが、ホセの母親コンチータは大反対。

なんとか二人を別れさせようと下着モデルとしてやってきたラウルに目をつけ、シルビアを誘惑させようとするのだが・・。


この、なんとも刺激的なパッケージ!

お話もとっても刺激的でしたとも~。
シルビアを演じたペネロペ、当時何歳でしょう?
若い!!とにかく可愛い。
そして・・・・・あぁ、すばらしく魅力的な肉体を惜しげなく披露しているのですから!!それはもう・・刺激的なはずです(汗)

なんて薄いドレス!!これはもう・・下着?って思えるようなドレスからのぞく胸元、すらりとした足。
でもこのスペインの太陽の元、それはもう・・とてもあっけらかん!としていて。
驚いているほうがおかしいのかしら・・と思えるような。

愛の行為もなんとも情熱的~!!スペイン~~(って・・みんながみんなこうじゃないよね?まさか 苦笑)

しかし、シルビアとホセをめぐる・・ラウル、コンチータ、シルビアの母カルメン・・そしてホセの父・・と。
6人の男女が、びっくりするような関係でめぐりめぐる~~、情熱のシーン(?笑)

ええ~っと、これはですね、きっと頭で見ちゃダメなんです。
考えるんじゃなくって、感じる映画なんですね。

ハビエル・バルデムが闘牛士を目指す肉体派の熱い~男ラウルを演じます。
押して、押して・・シルビアにアタック!
だけど、コンチータのお金と体も拒まない(苦笑)

クールに断っていたシルビアも・・しだいに・・。
ハビエルですからねぇ、押されちゃいますよね。
優柔不断さからシルビアを取られちゃうホセが、救いを求めた先がなぜかカルメンで・・またまたビックリ(でも確かにホセは母性本能をくすぐるタイプ!)


いやいや・・この先は言いますまい。
とにかく読めない展開なのです。

驚きのラストシーンまで・・しっかり感じてくださいませ。


ラウルがコンチータの口に押し込んだ・・あのニンニクのシーンがなぜか目に焼き付いてしまいました。
タイトルのハモン・・っていうのは、もともとはハムのこと?みたい。ラウルがシルビアに最高にいい女!!っていう意味で「ハモン!」って呼ぶんですよね。

う~ん、しかし、私にはハモン・・っていうより、どこまで波紋が広がるんだ、この映画・・なんて思っちゃう作品でしたが(笑)



1992年ヴェネチア国際映画祭、銀獅子賞受賞作品です。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/216-879ec42a
トラックバック
TVで放映してくれたのを見ました。 今や夫婦になったペネロペと、ハビエル・バルデムの出会いの作品だったそうな。
「ハモンハモン」感想 dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2011.11.24 11:10
コメント
瞳さん、こんにちは!
わーっ(^○^) 瞳さんも以前見て、感想アップされていたのねー!
ありがとう!!嬉しいです~☆

確かに、ラウルみたいのから押せ押せで来られると、女子はなんだかんだ言われつつ、よろめいてしまうのかも。
もしホセだったら・・・大丈夫な人も多いかもしれないけど(^^ゞ

あ~あ、あんなバディを持っていたら、私ももっと大胆な人生?を送ろうという気持ちになれたかも??
latifadot 2011.11.24 10:46 | 編集
瞳さん、フィリップ&サイコにTB有難うございます!
こちらからもやってみたら、出来ました!
今度は、他の映画で、先にこちらからもまたチャレンジしてみますね。

・・で、そうこうやってる時に
なぜかこの映画が目についたので、ついコメント~(笑)

まさに、情熱の国・・ならではなラブ物語でしたね。
でも・・うんうん、スペインの方々って・・みんながみんなこう・・じゃないよね?きっと・・(笑)
と、言うか、これベネチアで銀獅子賞とってたんだ・・うっそー!_(T▽T)ノ彡☆ホントですか~可笑し過ぎ。

それから、↑のlatifaさんの最後の一言・・も可笑しい~(笑)
私もペネロペとは真反対の洗濯板バディなので、あんなバディだったら「その気」になったかも・・!
男もニンニクもまだまだ足りん、もっともっとカモーン!・・とか言って・・
銀獅子賞じゃなくて、檻に入れられるね、それじゃあ;;
・・ちょっと夢みてしまいました。(笑)
ではでは~~。
tsurubaradot 2011.11.24 10:58 | 編集
>latifa さん

こんばんは。
そうなの~、何がきっかけで観たのか覚えてないのですが(笑)見てました!!

若いハビエル、濃いよねぇ。今くらいの方がいい感じ(笑)
でも押せ押せで来られるとやっぱりグラッときちゃうのかな。

ホセは年上の女性の方が合うよね、きっと。

あはは~(笑)
あんなに可愛い顔&ナイスなバディだったら、何でもできそうですもんね~、百人くらい手玉にとって・・・・ね(笑)
dot 2011.11.25 20:13 | 編集
>tsurubaraさん

おお~、そちらからもTBありがとうございます♪
以前はダメだったのに(こちらも)出来るようになって嬉しいわ。

そうですよね~、きっと気弱な人や暗~い人もいるよね・・と思いつつも情熱に圧倒されちゃいました。
展開もね、途中までは予想できたのだけれど、後半ビックリ、唖然~。

うんうん、latifaさん可愛い~(笑)
あはは、tsurubaraさんも面白い~(笑)
ニンニクも生だったよね?確か。あのシーン妙に印象に残ってます。

カモ~ンと夢見るtsurubaraさんも可愛いわi-236

あ、思い出した!!どうしてこれ見ることにしたのか。
ネットレンタルでヴェネチア国際映画祭の賞を取った作品をチェックしてた時に発見したんでした。

銀獅子賞獲ってるんですもんね、登場人物の情熱のなせるものでしょうか(笑)

dot 2011.11.25 20:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top