2009
08.09

「ザ・クリーナー 消された殺人」

ザ・クリーナー 消された殺人 [DVD]ザ・クリーナー 消された殺人 [DVD]
(2009/07/03)
サミュエル・L・ジャクソンエド・ハリス

商品詳細を見る


ある事件を最後に刑事を引退したトム。
現在は犯罪や事故現場の後始末をする清掃会社を営む彼のもとに、ある邸宅の殺人現場を清掃するよう依頼が届く。
白いソファーに飛び散った血の跡。
悲惨な殺人現場を目にしても、冷静に、いつものように完璧に仕事をこなしたトムだが、翌日邸宅の鍵を返し忘れたことに気づく。
しかし、再び邸宅を訪れたトムを迎えた女主人のアンは清掃を依頼したことはおろか、自らの家で殺人事件が起こったことすら知らないのだった・・・。


暑い夏~~!!
涼を求めてサスペンス・・なんて(苦笑)
監督は「ダイハード2」のレニー・ハーリン、キャストはサミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリス、そしてエヴァ・メンデスなんですよ~。
なかなか豪華じゃないですか。

それにね、「ラスト6分40秒、この罠は見抜けない」っていう謳い文句も気になりました。





ええ~っと、で、結論から言うと(言っちゃうんだ・・・苦笑)
そのうたい文句は・・要らなかった(汗)

そもそも、どこから6分40秒が出てきたんだろう・・。
あっ・・!しまった!!どの部分からがラスト6分40秒だったのか・・確認するのを忘れましたが。
とにかく、罠にははまらないなぁ・・。

だって、これ、犯人が分からない人はたぶんいないんじゃないかしら・・って思うくらい。
なぜって、登場人物があまりに少ない上に、この中ではどう考えてもあの人しかいない!!と誰もが気づくと思うのですよね。


なので、犯人は誰?的なサスペンスの要素は、弱いものがあるのですが、逆に人間ドラマ的な部分が複雑で最後まで謎めいていた・・というのが意外な作品でした。

主人公トムをめぐる(刑事時代の)過去の事件。
トムの妻が殺害された事件でいったい何が起こったのか、逮捕された犯人はなぜ獄中で死んだのか・・。
トムは何故相棒だったエドを避けていたのか・・。


トムがサミュエル・L・ジャクソン、エドがエド・ハリスでしょう、なんだかプンプン匂うんですよね(笑)
そして紅一点のエヴァ・メンデスの魅力。
トムと14歳の娘とのことも・・。

そういった登場人物たちの間にからまる人間模様と秘密めいた部分・・これがなかなか見ごたえありました!
事件の痕跡を消し去ってしまう「クリーナー」でも消し去ることが出来ないのが自らの過去・・。
過去の事件については、6分40秒と言わず、結局最後の最後までよく分からないまま・・でしたよ。


アメリカに実在するという職業・・殺人や事故の現場を清掃する、CTS Decon。
こういう仕事もあるんですねぇ、確かに誰かがやらなければいけない仕事なんでしょうけど・・誰もやりたがらない。避けて通りたい。
心理的にもキツイ仕事ですよね。


クリーナーとして完璧に、几帳面に仕事をこなすトム。
そんなトムが毎晩、家に帰ってきて同じ場所に鍵をかけ、同じ手順で電話や所持品を机の上のトレイに並べ・・。
繰り返し映し出される・・そういったシーンの見せ方に彼の性格や職業意識のようなものが見えるのも興味深いし。

見せ方・・といえば、たとえばコップに水を注ぐカットとか、ドアノブに鍵を差し込むカットだとか・・何気ないカットの見せ方が・・いかにも「何かありそう」という感じでしたよね~。
なんだろう・・今のシーン、どんな意味が?と・・・とっても気になる映像の数々・・、監督さん、こういうカットを撮る方でしたっけ。



だからねぇ・・、
無理に「6分40秒~」
こんな文句は要らなかった、やっぱり。そう思いますヨ。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/187-6aa98852
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top