fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




月イチ★クラシック「ハンガー」 :: 2024/02/27(Tue)

ハンガー

何世紀以上もの時を生きる吸血鬼ミリアム(カトリーヌ・ドヌーブ)は、これまでの長い生において愛する人間を見つけ、不老不死の血を与え伴侶にしてきた。
だが、永遠の若さと美を持ち続けるミリアムと違い、彼らはある時を境に急激に老いてしまう・・・・。

18世紀にミリアムが見出したジョン(デヴィッド・ボウイ)が現在のミリアムの伴侶だったが、ある日突然ジョンにも老化の兆候が表れてしまう。ジョンは老化現象について研究している医師サラ(スーザン・サランドン)を訪ねるがとりあってもらえない。
一方、ミリアムもサラに興味を持ち・・・・。


↓※ネタバレしていますので、ご注意くださいね。


2024年最初の月イチ★クラシックは、これに決定~
1983年のイギリス映画、監督はトニー・スコットだったんですね♪カトリーヌ・ドヌーブとデヴィッド・ボウイの吸血鬼なんて、観ないわけにはいかないでしょう(*^-^*)

ハンガー2

・・・ですが、デヴィッド・ボウイ、退場するの、早すぎですゾーーー。
狙いを定めた人間をミリアムと二人、襲うシーンのゾクゾク感、二人でシャワーを浴びるシーンの美しさ、ドキドキ感・・・、もっと味わいたかったわ~~。美しく若きジョンはあっという間にイケオジから初老の老人へ、そして石のような姿へと変貌してしまう。
も・・・勿体ない~~(>_<)
生まれつきの吸血鬼(どんな風に生まれたのかも謎だけど)であるミリアムと違い、彼女の血によって吸血鬼となった人間たちは、永遠の若さを維持することができない。ジョンは(18世紀くらいの映像があったので)200歳くらい?それだってものすごく長く若かったわけだけれど、永遠ではないのネ。老化は止められずあっという間にゾンビ状態になってしまうのだけれど、死ぬこともできず、この先も死人のような姿のまま、長い時を眠るように過ごさなければならない・・という一種の生き地獄

ミリアムの住む瀟洒な、まるで館のようなマンションの最上階には、彼女とともに生きてきた(そして今も生き続けている)伴侶たちのお棺が並び、愛するジョンをそこに並べながらも、ミリアムは次の伴侶に狙いを定めているわけなんですよ~~。
そう!その次の伴侶候補が、スーザン・サランドン演じる医師サラなのですが、↑のポスターとかにも影も形もないし、出てるのも知らなかったのですが、正直デヴィッド・ボウイよりもメインです。
あっという間にミリアムに魅せられていくサラ、スーザン・サランドンも綺麗ですが、カトリーヌ・ドヌーブのただならぬ美しさに酔わされます。胸元があいたセクシーな黒革の服には当時らしい大きなバックルベルト、部屋着のベージュに黒のドレスも素敵~♡ドヌーブの髪形や着こなしを観ているだけでもうっとりものです。
そんな美しい二人が互いに血を吸いながら(サラの方は無意識で)愛し合うベッドシーンまであったりしちゃうからビックリです。

ストーリーよりもスタイリッシュで時に思わせぶりすぎる(笑)映像美がとにかく印象に残る作品。
一級の芸術品に囲まれた室内、常に風に揺れている白いレースのカーテン、最上階のたくさんの鳩たち・・・。そんな中で圧倒的な美しさを見せるドヌーブ達。
ミリアムとサラが逆転してしまう、ラストの展開は面白いどんでん返しだったけれど、なぜサラはほかの伴侶たちのように消えなかったのか?とか、あれくらいでミリアムがああなってしまうだろうか?などなど、いろんな疑問が残るわ~。きっとあの最後のホラーっぽい特殊メイクを見せたかったのかも
私としては、ミリアムがいつまでも伴侶を見つけ続ける・・・・そんなお話で良かったケド。

あ!本作吸血鬼ものとしては特別なことがひとつ。ミリアムたちに牙は無く、身に着けているエジプトのペンダント(中に小型ナイフ)でやっちゃいます(>_<)美しい吸血鬼たち、ここは甘美ではなく、容赦なし
ミリアム曰く、毎日6時間寝て、1週間に一度血を吸えば、あとは好きなことをしてるだけ・・・の生活。そういえば昼間も外に出ていた気がします。

気になっていた吸血鬼映画、プライムレンタルで観れて大満足(*^-^*)ドヌーブの美しき女吸血鬼、ほんとに存在するかと思うくらいのハマりっぷりでした。

薔薇の渇き

こちら原作です。これは読みたい~~!!
  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<早春 配信で観た映画♪ | top | 私の好きな♡吸血鬼映画(*^-^*)>>


comment

お邪魔します。

これは見たいけどまだ見ていないので、興味が沸きます。
やはりトニー・スコット監督作だというところに一番惹かれますね。記事は最初の方だけ拝見しました。
  1. 2024/02/28(Wed) 21:04:21 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

これねーー!!ゾンビマンさんにぜひぜひ見て欲しいです~(*^-^*)
トニー・スコット監督だったの、意外でした。
ボウイが老化していくシーンの特撮も当時話題になったそうです。
  1. 2024/02/29(Thu) 10:43:24 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん こんばんは。
これは異色の組合せですね。
デヴィッド・ボウイの吸血鬼はなんとなく想像できますが(ちょっぴり不健康なイメージがあるので)
カトリーヌ・ドヌーヴはちょっと想像できない。
でも若いころの(今もですが)カトリーヌ・ドヌーヴ大好きでした。昔から映画に出ていらっしゃるから、ボウイよりずっと年上かと思っていましたが、2人は同年代なんですね。
妖しくもスタイリッシュな世界に酔いしれたいです。uu*
  1. 2024/03/02(Sat) 23:51:56 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
異色ですよね~♪
ふふ、確かにボウイの吸血鬼は想像できちゃいますね!(^^)!
ドヌーブ!私も大好きです。そうですよね、てっきりかなり年上かと思ってましたヨ。

ドヌーブの吸血鬼、とても美しくて魅力的でした。ファッションも素敵でしたよ。結い上げた髪がほどける様子がまた・・・たまりません~。
風に揺れる白いレースのカーテンが、あれから脳内で揺れてます・・・(笑)
  1. 2024/03/03(Sun) 20:09:37 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2024/03/05(Tue) 16:38:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>鍵つきコメントさま

お返事がめちゃめちゃ遅くなってごめんなさい~~~。本当に申し訳ないです(>_<)

わーーい!ご覧になったのね。この作品のことお話しできるの、とっても嬉しいな。
そうそう、ボウイの退場早かったでしょ?うんうん、もっとバシッと美しい顔を見たかったよね。
その代わり・・というか、スーザンサランドンが準主役級よね。

でしょ、でしょーー!!ドヌーブの美しさ、そうなのよ!アップになっても見惚れちゃうのよね。
髪形も衣装も眼福だったよね~~、美しさにため息でちゃうわ。

ラストの展開、そうよね~~、実は図書館で借りて原作を読んだんだけど、原作は私の望み通り、彼女はまた新しいパートナーを探して旅立つことになってたわ!!
やっぱり、あの特殊メイクをやりたかったんじゃないかしら?
あと、原作ではジョンは結構最後まで登場してたわ。姿は老いてきてたけど・・・。
原作もなかなかに刺激的なシーンが多くて、大人向け(笑)だったわ~。

チョコも見てくれてありがとう。
次からは管理者画面からコメントちゃんとチェックしまーす。
  1. 2024/03/12(Tue) 19:34:24 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1504-27b1c4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)