fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「哀れなるものたち」 :: 2024/01/28(Sun)

哀れなるものたち

ひとりの若い女性が自ら命を絶つが、風変わりな天才外科医ゴッドウィン・バクスターの手により、彼女の中に宿っていた胎児の脳を移植されて奇跡的に蘇生する。ベラと名付けられた彼女は、「世界を自分の目で見たい」という強い欲望にかられ、放蕩者の弁護士ダンカンに誘われて大陸横断の旅に出る。

大人の体を持ちながら子どもの目線で世界を見つめるベラは、冒険の旅の中で驚くべき成長を遂げていく。



邦画&アニメ推しのイオンシネマ高松東で、本作の上映があってバンザイ楽しみにしていました。

自殺した女性に、(彼女の)胎児の脳を移植して蘇生させる・・・!!いやーーー、ヨルゴス監督、またしても奇抜すぎる物語を・・!?と思っていたら、これ、なんと原作があるのですネ!?1992年に発行されたスコットランドの小説家、アラスター・グレイの同名小説が原作だそうですヨ

まあーーしかし!!よくこれを映像化できたなぁ・・・という驚き!社会における、普通の道徳観をひっくり返すような問題作、ひぇ~~と驚く衝撃作・・・・う~ん、この世界をなんて言葉にしたらいいのか、どう言葉にしても全然足りない。

からだは大人だけれど、脳は未発達の子どもであるベラが外の世界で出会うものをどんどんと吸収していく。恐れ知らずの好奇心のまま、感じるまま、思うまま、純粋無垢に行動する姿は、確かにある意味冒険談・・!
あっけにとられ、驚き、あちゃ〜〜と思いつつ、けれど、その姿、強さがとんでもなく眩しいものに感じられてしまう・・・不思議さ。世間体や論理感とか蹴散らされても、あら?もしかしたら、彼女の方が合ってるのか?と思わされてしまう不思議さ。
ベラを演じたエマ・ストーンの磁力のような強力な魅力ときたら・・・・トンデモナイね。
R18+の作品で、裸のシーンもこれほどあるとは~~!!と驚きましたが、いやもう!すべて見せちゃいます!くらいの脱ぎっぷり。あまりにあっけらかん~としてるので、かえって全くエロティックに見えなくなってきちゃうんですよ~。

哀れなるものたち5

ちょっと遊んで飽きたら捨てたらいいか・・と思っていたのに、(彼の世界、論理感などなんとも思ってない)ベラに翻弄され、逆に囚われていくダンカン・・、マーク・ラファロ、やっぱり上手い、わかる、わかるよ、アナタの気持ち

ゴッド

ツギハギだらけの顔がフランケンシュタインみたいな、天才外科医ゴッド、科学者としてのモンスターぶりと、ベラへの愛情、ウィレム・デフォーが素晴らしく良かった。
ベラの不在中に助手マックスと二人で、またしても女性を蘇生させて、ベラに「モンスターども!」と言われるんだけど、死期が近づいたゴッドとベラ、マックス3人がベッドで寄り添うシーンの優しさに泣けてしまう。

ベラ

↑のモノクロ映像と鮮やかなカラー、入り混じって描かれてた映像も、どこからどこまでがモノクロだったのか、いつカラーになったのか、全然覚えてない!!
原作では19世紀の設定らしいけれど、映画では時代不詳のまるでお伽話のような舞台設定やファッション、映像にも見惚れました。

リスボン2 リスボン

そして、こんなに刺激的なシーンに満ちていて、驚きのシーン山盛りだったのに・・・、(ヤギって・・・
ラストシーンの幸福感、肯定感ってナンデスカ!?これって今までのヨルゴス監督作品には無かった・・ような?おかげで、私(鑑賞後)夜ぐっすり眠れました




哀れなるものたち3

さて、衝撃シーンに翻弄されつつも・・・紅茶のシーンが多かったのも、しっかりチェック(笑)
森でのピクニック、スポード風のティーカップでお茶を飲む3人・・・。カップを入れたバスケットも可愛いから見逃せません(*^-^*)

  1. 映画タイトル(あ行)
  2. | trackback:1
  3. | comment:16
<<「死霊館のシスター 呪いの秘密」 | top | 「イノセンツ」>>


comment

見てきました!

わ〜い、瞳さんも見てきたのですね〜🎵 面白かったですね〜。
そうそういつのまにかカラーになってて、私もいつからなのか気づきませんでした。
エマ・ストーンすごすぎる(笑)
あ、そうそうマーク・ラファロ、さすがでしたね。世の多くの男性が彼の気持ちはわかるでしょうね(笑)
ラストよかったです。この監督としては異例なのかもしれませんが、ハッピーエンドで本当によかったです。

  1. 2024/01/28(Sun) 23:13:26 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

私は「いつカラーになるのか」と思いながら見ていて(汗)、色分けの基準がわからなくて混乱しました。
女性へ向けた映画でしたね。
  1. 2024/01/28(Sun) 23:37:38 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>tontonさん

おはようございます。
わ~い、やはりtontonさんも観てこられたのね♪
いやーー、凄かった、面白かったですね。
ほんとにね、いつのまにカラーになってたんだろう?入り混じってましたけど、それもものすごく自然でしたよね。
赤ん坊から幼児へ、そしていろんなものを吸収していくベラ、エマ・ストーン凄かった、表情も、あの動きとかも!

マーク・ラファロ、洒落者、遊び人を気取ってたのにね・・・、あと、皮肉屋の彼もね、ベラに「怖いのね」と言われたときのあの表情・・・、あそこも印象的でした。

こんな幸せそうなラストシーンが待ってるとは・・・一番の驚きでしたよ(笑)
  1. 2024/01/29(Mon) 09:36:49 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

おはようございます。
そうなんですね~、カラーになるところ、チェックされてたんですね。
なんでしょうね?モノクロとカラーの色分け、ゴッドのシーンはモノクロが多かった気がしますが・・・。

そうでしたね!赤ん坊から幼児へ、自我の目覚め、性への目覚め、そして社会的な目覚め・・・、
ただ、どうにも私はダメ男が好きなので(映画の中でだけですよ~笑)ダンカンやマックスや、船の皮肉屋の彼の気持ちになって観てしまったりします~。
  1. 2024/01/29(Mon) 09:43:36 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

こんにちは。

ぷぷぷ…マーク・ラファロの気持ちがわかるって…って、変な所に反応しちゃってごめんなさい。でもでも、私も同意ですよぉ。彼の翻弄され方には少しだけ同情?いやいややっぱり自業自得かなぁ。

ヨルゴス・ランティモスらしく、ぶっ飛んだ作品で楽しかったですね。
  1. 2024/01/30(Tue) 16:55:16 |
  2. URL |
  3. ここなつ #/qX1gsKM
  4. [ 編集 ]

>ここなつさん

こんばんは。

おお!!ここなつさんも観てこられたのね♪
わ~い、しかもラファロの気持ち・・・のところに反応してくれて嬉しい(*^-^*)
ね、ね~~、ちょっと同情しちゃいますよね~(笑)自業自得なんですけどね、ベラの成長が凄すぎましたね。

ヨルゴス・ランティモス監督、やってくれましたよね。この先もどんな作品を作ってくれるのか、めちゃめちゃ楽しみな監督さんです。

  1. 2024/01/30(Tue) 20:46:13 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

やっと観てきました〜

瞳さん☆
水曜日で安いから観よう〜と行ってきましたが、良く考えたら、いつ行っても安い年齢になってたわ、私www
ラストね〜私は博士の脳を移植するんじゃないんかーいっ⁉ってツッコんでました(笑)
ヨルゴス監督の独特な世界観にマーク・ラファロでなくとも翻弄されましたね♬
  1. 2024/02/01(Thu) 10:23:52 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ノルウェーまだ~むさん

こんにちは。
あらっ!まだ~むさんも!?
私もレディースデイ♪って行ってた時が懐かしいです~(笑)もうすっかり、いつでもお得なお年です(*^-^*)

>私は博士の脳を移植するんじゃないんかーいっ⁉ってツッコんでました(笑)
あぁ~~っ!!なるほど~!!それもアリでしたよね!?

翻弄されましたよ~~、本作映像も素晴らしかったですよね。
まだ~むさんのレビュー、楽しみにしています。
  1. 2024/02/01(Thu) 11:40:25 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

すごかった@@

瞳さん、こんにちは〜。
私も見ました!瞳さんのところで教えていただいてすごく見たくなって、ほんとに久しぶりに映画館に行っちゃいました(笑)
もうとにかくすごかったですね!設定が@@
なんでもストレートに言葉を発して行動するベラに妙に納得しちゃうとこもありましたよね
ラファロねー今まで見たラファロのイメージと違うー!(^_^;)でもあの胡散臭さと壊れっぷり、上手かったですね!二人のダンスが楽しかったです♪
デフォーはさすがでしたね!怪しすぎる(^_^;)
ラストの幸福感、わかります!ダーってすごいもの見せられたけど(笑)なんか最後は穏やかな気持ちになりました^ ^
  1. 2024/02/01(Thu) 15:40:50 |
  2. URL |
  3. ポルカ #-
  4. [ 編集 ]

>ポルカさん

こんばんは。
わ~~~嬉しい♡早速そちらに伺ってレビュー読ませていただきましたよ。
もう頷きっぱなしです!(^^)!

凄かったですよねぇ!!
そうなんですよ、ベラの言動って普通から見たらオカシイんだけど、妙な説得感がありましたよね。
ラファロの壊れっぷり~~、上手かったですね。二人のダンス、強烈すぎる~(爆)
ベラのあの動きに無理やり合わせていくダンカンが面白すぎる(笑)
デフォー、もう最高でしたよ。怪しいんだけど優しい。

最後のあの穏やかさ、幸福感、監督作品としては珍しいですよね。
原作を読みたいのですが、図書館で予約待ちになりそうです。
  1. 2024/02/01(Thu) 20:28:51 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん こんばんは。
実はヨルゴス監督作品は、一作も見たことがなく...
きっと私には合わないだろうと、これまで食わず嫌いでいましたが、本作は私でも大丈夫かも...と瞳さんのレビューを拝見して少し心が動いています。^^
ラストの幸福感に期待してしまうわ。

設定を拝見して、アルモドバル監督の「私が、生きる肌」を思い出しました。これもかなりぶっとんだ話でしたが、私はまあまあ楽しめました。
ヨルゴス監督とアルモドバル監督、なんとなく似ているような気がしています。
  1. 2024/02/03(Sat) 22:11:53 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
ヨルゴス監督作品って、刺激的&衝撃的なものが多いですものね。
本作は、これまでの中では一番ストーリーもシンプルだったと思います。ただ・・・刺激的なシーンは多いので、セレンさんにおススメしていいものかと思っちゃうのですが、ラストは今までで一番肯定的でした!!ぶっ飛んだお話ですが、不思議に穏やか~に終わりました!(^^)!良ければご覧になって観てくださいね。

「私が、生きる肌」おお~!!あれも凄かったですよね!!あれが大丈夫なら・・・きっと!!(^^)!
確かに似てる気がしますよね~。
  1. 2024/02/04(Sun) 19:49:20 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

哀れなるらふぁろ

瞳さん、おはようございます。
私もこれ観ててやっと感想UPした所です。
なんかグイグイ行くヒロインでしたね~危なっかしくもあり、時折爽快でもあり・・エマ石、はまり役でしたね。
ただラストは、私はちょっと違う印象を持ってしまって。
無垢なベラの、子供みたいな清く美しい部分より、子供みたいな残酷で容赦ない部分に目がいってしまったのかもしれないです。(らふぁろ目線だったりして?汗)
やはりRー18だったんですね、あんなに熱烈ジャンプ?シーンが多いとは・・でもヨルゴスだから仕方ないか。(笑)
お茶のシーンのチェックさすがです。
スポード風・・とは?と思って調べたら、ああ、陶器のメーカー・・(知らんかったんかーい)でもこう言う感じの柄の見た事ある~とは思ったけど、じゃあ他に何知ってるの?って言われると、ウエッジウッドとか・・(それ以上言わんでええ?・・爆)な相変わらずのお茶関係へなちょこですみません。恥ずかしい~(*´Д`)
そうそう、お茶で思い出したんだけど、そんな自分ですが;;暮れにルピシアの紅茶を買う事があって、せっかくだからと会員登録をしたら、こないだサンプルが送られてきましたよ。もしかして瞳さんは長年の会員かな?って思いながら美味しく頂きました。(^^ゞ
  1. 2024/02/08(Thu) 10:23:55 |
  2. URL |
  3. つるばら #OP2UcWyM
  4. [ 編集 ]

>つるばらさん

こんばんは。
おお!!観てこられたんですね♪コメントありがとうございます。
つるばらさんのレビュー楽しみです。
エマ石~(爆)まさにハマってましたよねぇ。「ララランド」がもうはるか遠いことにように思えます。

なるほど~~!ラスト、そうだったんですね。
らふぁろ目線・・・確かにらふぁろの気持ち、私も分かります・・・。
まさか!?のヤギにもビックリだし。
熱烈ジャンプシーン、いやーーー、エマ石もよくやりましたよね。ぷぷっ、ヨルゴス監督ですからねぇ(笑)

お茶のシーン、博士のおうちの食卓とか、船内のテーブルとか、目を光らせてました(笑)
でもあの森のお茶のシーンが一番印象に残りました。お茶セットを入れたバスケットも可愛かったので。
スポード、調べてくださったとは~♡ありがとうございます。ブルーイタリアンっぽい柄だなあ~と思って。
ウエッジウッドも可愛いの、いろいろありますよね。全然へなちょこじゃないですよ~~(*^-^*)お茶話題、嬉しいな♡

ルピシア!そうなんです。会員登録するとおたよりとサンプルが届きますよね。
私も毎月、届くの楽しみにしています。そういえば、かなり長い会員かも~(*^-^*)
  1. 2024/02/08(Thu) 21:34:39 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは!
見ましたよー。
すごかったね、色々な意味で。

でもこれは視覚的にも内容もスペシャル感ある作品で、見る価値ありな感じがしたわー。
これから一杯映画賞とか取りそうな予感。

お茶のシーン
さすが、ちゃんと見てたのねー、あのお屋敷とか優雅な旅の様子とかも目に楽しかったよね。
  1. 2024/02/10(Sat) 10:02:51 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

こんばんは。
おお~~!!観たのね!!コメント&TBありがとう。

凄かったよねぇーーー!!ホントに!いろんな意味でねぇ!(^^)!
うんうん、映像も素晴らしくて、内容も衝撃的で、映画館で観れてほんとに良かったわ。

お茶のシーンもなにげに多くて嬉しかったナ。
そうそうお屋敷も、船の旅も、見ごたえたっぷりだったよね~♪
エマ・ストーンはじめ、キャストたちもみんな素晴らしかった!!
  1. 2024/02/10(Sat) 21:29:44 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1498-3c50e21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「哀れなるものたち」感想

豪華
  1. 2024/02/10(Sat) 10:00:35 |
  2. ポコアポコヤ 映画倉庫