fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「ヴァチカンのエクソシスト」 :: 2023/10/29(Sun)

ヴァチカンのエクソシスト

「もうすぐハロウィン🎃なので、怖い映画を観よう~~♪」シリーズ第2弾は、
2023年のアメリカ映画『ヴァチカンのエクソシスト』

1987年7月、アモルト神父はローマ教皇からの依頼で少年の悪魔祓いを行うため、スペインのサン・セバスチャン修道院を訪れる。
変わり果てた少年の様子を見て悪魔の仕業だと確信したアモルトは、教区を担当する若きトマース神父とともに本格的な調査を開始するのだが・・・・少年に憑りついた悪魔の力は強大なものだった・・・・。


ラッセル・クロウがホラー映画初主演ということで気になっていた本作、
彼が演じるのは、生涯で数万回の悪魔祓いを行った、実在のエクソシスト、ガブリエーレ・アモルト神父。
カトリック教会の総本山ヴァチカンのローマ教皇に仕えるチーフ・エクソシスト(主席祓魔師)である神父の回顧録をもとに誕生した作品だそうですよ~。

悪魔祓い、エクソシスト・・・といえば、かな~~り怖いハズ。・・・と身構えていた本作、あららら・・・・、こちらも『ミーガン』と同じく、いや、もっと怖くなかったかも!(^^)!
もちろん悪魔が少年に憑りついたさまは怖いし・・・セバスチャン修道院は不気味~~家族も吹き飛ばされたり、神父たちもあわや!?という危ない目にあってしまうのですが、なんだろう?この安心感

飄々として時に冗談も言う、人間味あふれたアモルト神父をラッセル・クロウが楽しそう~に魅力的に演じてるし、何より!!このどっしりしたラッセルの肉体的安定感?(*^-^*)
ヴェスパに乗るラッセル・クロウが可愛いすぎました(笑)

ラッセル

そして、この目力ですから!絶対大丈夫でしょ・・・と思ってしまいますよ(笑)
ホラー度よりもエンタメ度の高さを感じたナ~。安定の面白さでした♪

ヴァチカン2

心配だったのは、若きトマース神父のほうでしたが、こちらも最後まで逃げださず、根性ありましたねぇ。なんとも頼もしかったです。

ちょっともったいなく思ったのは、神父たちのバディ感は(過去の罪も含めて)しっかりと感じられたのに比べると、少年の母、姉、こちらの家族の絆の強さとか、互いの思い、家族ドラマ部分がちょっと弱かったかな~。
『死霊館』シリーズがあんなに面白いのは、もちろんウォーレン夫妻の魅力も大きいんだけど、毎回登場する家族の愛の強さやその物語に心打たれ、泣かされるのも大きいと思うのよ~。その点、本作はそこがちょっと薄目でした。

過去に行われた教会の暗部を暴き出しているところとか、実際の回顧録にもここは書いてあるんでしょうか?だとしたら・・・アモルト神父、相当なツワモノ。
そりゃそうですよね、亡くなるまで生涯数万回の悪魔祓いを行ったそうですから、まさに伝説のチーフ・エクソシスト

トマース神父とこの先もバディを組んだようですので、この二人で続編とかまた観たいものです(*^-^*)

  1. 映画タイトル(は行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「ハロウィン・キラー!」「ポワロのハロウィンパーティ」 | top | 「M3GAN ミーガン」>>


comment

お邪魔します。

ラッセルさんの神父は休日に原チャに乗って町内を回る日本のお坊さんのまんまでワロタです。大型犬に近い人ですよね(笑)
  1. 2023/10/30(Mon) 07:27:19 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

こんばんは。
確かにそうでしたね~(笑)どこでも原チャに乗る大型犬!(^^)!
悪魔祓いとかめっちゃ怖いはずなのに・・・ラッセル神父のこの安定感♪
若い新米神父とのバディっぷりも良くて、面白かったですね。
  1. 2023/10/30(Mon) 19:41:23 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

目力強すぎ

こんばんは。

拙者ブログにコメント、有り難うございます。
この映画、まわりにもあんまり見てる方いないので、感想を細かくお話出来るのが嬉しいです。

かなり迫力ある怖い映像も見せてくれるんだけど、基本的にエンタメにふりきってるし、ラッセル・クロウが神父なので、すごく安心して楽しめる作品でしたよね。

危険に陥るシーンでも、新米神父ががんばって助けてくれたし、けっこう感動的。

そうなんですよ、あの家族のシーンだけが弱いんですよね。瞳さんが書かれてる様に、「死霊館」くらい、被害者家族の姿が描かれてればもっと良い作品になったと思う。

ところで、ラッセル神父と新米神父はその後もバディーを続けたんですね!?
あの状況で、逃げ出さないだけでも凄い精神力なので、たよりになる相棒になったでしょうね。
  1. 2023/11/01(Wed) 00:08:40 |
  2. URL |
  3. ごみつ #-
  4. [ 編集 ]

>ごみつさん

こんばんは。

これね、ごみつさんところで拝見して観たいな~と思ってたんですよ。お話しできて嬉しいです。

そうでしたね~♪
難しくなりすぎず、ちょっと冒険もの?のような、謎解きのような(地下のシーンとか)面白さな上に、ラッセルの安定感で安心しながら楽しめました。
新米神父、よく頑張りましたよね~!!エライ!!

ですよね~!!ごみつさんも書かれてて、同感だ~と思いました。「死霊館」は被害者家族の姿が濃いんですよね。

>ところで、ラッセル神父と新米神父はその後もバディーを続けたんですね!?
あ!映画の中では「さあ、いくぞ~」って言ってましたけど、実際の神父は相棒がいたんでしょうか?どうなんでしょう?
続編の企画、浮かんでいるようですよ~!!ぜひぜひ作ってほしいですね。もちろん、二人で。
  1. 2023/11/01(Wed) 19:51:49 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1479-5a3d636e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)