2009
02.19

「マンマ・ミーア!」

mamma-mia.jpg

エーゲ海に浮かぶ小島、カロカイリ島。
愛の女神アフロディテの泉があるという伝説の島でホテルを営むドナは、いつもにまして大忙し。
明日は、ドナが女手ひとつで育て上げた愛娘ソフィの結婚式なのだから♪

一方、花嫁ソフィは、母に内緒で出した招待状のことでドキドキ・・。
若き日の母の日記を盗み読んで母の昔の恋人たち・・・自分の父親かもしれない3人の男性に招待状を送ったのだ。
会えば絶対父親が誰か分かるはず・・!

父にエスコートされてバージンロードを歩きたい・・ソフィの夢は叶うのだろうか?
そして突然現れた昔の恋人たちに心乱されるドナは・・・。

ABBAの名曲をた~~っぷり盛り込んだ大人気のミュージカル、ついに映画化です♪



「マネー、マネー、マネー」「恋のウォータールー」「チキチータ」などなどなど~~、それはもう、盛りたくさんのABBAの曲に乗せて、バイタリティーいっぱい、ハイテンション!!
歌って踊って、笑って、泣いて・・。

ABBAは、特にファンというわけではないのですが、ええ、やはり、そのメロディーを聞けば懐かしい~!盛り上がる~!!
わりとノリやすい体質なので(笑)映画の終わる頃にはすっかりノリノリ、曲は回るし、なんだか体もムズムズ~♪踊れないけど・・・・踊りたい~(笑)
若者ももちろんですが、ドナと親友たち(ふたりとも芸達者ですね!特にジュリー・ウォルターズ!ハリポタのロンママ、すごいーー!)があそこまでパワーたっぷり歌って踊ってくれるんですから!熟女としては嬉しいですよね。
特に盛り上がったのは、やはり「ダンシング・クイーン」♪
曲に乗って島の人々が海へと繰り出すシーン姿に、おお~!!前半からこの盛り上がり・・とビックリ。パワーたっぷり、圧巻でしたね。

オーバーオール姿でベッドで飛び跳ねたり、階段の手すりに乗って滑り降りたりするメリル・ストリープも見れるんですから(笑)
いや、それを言うなら最後のギンギンに決めた衣装の熟女&おじさまたち!見ものでした。

メリル・ストリープは歌も上手いんですね。
さすが!と思ったのはただ歌をうまく歌う・・っていうんじゃなくって、ちゃ~んと演じてる歌だったこと。
花嫁衣裳を身に着けるソフィへ贈る「スリッピング・スルー・マイ・フィンガーズ」
巣立ってゆく娘・・、嬉しいけれど、寂しさも感じずにはいられない母親の思いを情感たっぷりに歌い上げて、思わずこちらも胸が・・・。

ソフィ役のアマンダ・セイフライト、くりくりした大きな瞳がキュートな彼女は、伸びやかな歌声がきれいです。

そして3人の父親候補たち・・、コリン・ファースにステラン・スカルスガルト、ピアース・ブロスナン。
楽しかった~♪
コリンの歌声は甘くて可愛いし、ステランパパはとってもいい声、ピアース・ブロスナンは一生懸命さ?(笑)
上手い~!!っていうわけではないけれど、それぞれが味のある、個性豊かな歌を聞かせてくれて好感が持てましたヨ。
ミュージカルだからもちろん、歌は上手いほうがいいけれど、でも決して歌手バリバリの歌の上手さはいらないと思う、私は。


まぶしく輝く青い海、美しいギリシャの風景、色鮮やかな女性たちのファッション(式の当日、ドナの水色のドレスに赤いショールがきれい!)
母と娘の絆やかけがえの無い友人、そして一度は失った愛を取り戻す恋人たちの姿・・・、2月の寒さを吹き飛ばす、元気とパワーをもらいました。
ドナの経営するホテルも可愛いですよね。白壁に、ドアや手すりは水色、鮮やかな洗濯物(シーツ?)まで絵になります。
ひと夏、あんなホテルで羽を伸ばしたいよ~(笑)



エンディングに流れる「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」
音楽の力と魅力について歌い上げるこの曲はまさに、この映画の最後にぴったり♪
歌っていいよね、音楽って素敵~♪としみじみ聞き入ってしまいました。

サントラ、欲しいなあ・・ABBAの曲、もっと聞きたい~!!
DVDが出たら、TVの前で私もはじけたい、映画館ではさすがに出来なかったから(笑)



で・・・・最後にちょっと頭に浮かんだのは(映画の中の3人の父親候補はもちろん素敵だったけど)
私が父親候補をチョイスするなら誰がいいかなあって(笑)

トミー・リー・ジョーンズ
ショーン・ビーン
マチュー・アマルリック


年・・バラバラだよ・・(笑)
でも映画の中の3人に負けないくらい個性的で素敵でしょ?歌声だって聞いてみたいよね(笑)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/141-7447d82f
トラックバック
マンマ・ミーア! (2008  イギリス・アメリカ) MAMMA MIA! 監督: フィリダ・ロイド 製作: ジュディ・クレイマー ゲイリー・ゴーツマン 製作総指揮: ベニー・アン
マンマ・ミーア dot ちょっとお話dot 2012.10.11 15:02
コメント
私も先日行って来ました!
ほんと元気もらえる作品でしたねー。
作品によってはもちろん歌の上手さが第一というものもあるでしょうが、今回は瞳さんもおっしゃるように味のある歌の方が絶対いいですよね。
我が家ではABBAのカセットテープ(古っ!)引っ張り出しましたよ。
(やっぱり途中でテープ伸びてましたが…笑)
熟女&おじさまを侮るなかれですね。

同じ娘をもつ母親としてもドナはとっても可愛い女性でした。
(あっ、同時期に3人というのは別ですよ~笑)
ドナを演じたメリル・ストリープも素敵に年を重ねている女優さんで憧れますねー。

ちなみに私の父親はステランパパで良いですよー。
きゃー、ウィルと姉弟になっちゃうわぁ~(爆)(いちおう姉という自覚はあります…笑)
そらいろdot 2009.02.20 14:53 | 編集
>そらいろさん
そらいろさんもご覧になったんですね~♪
ほんと、元気をもらえる作品でしたね。
>作品によってはもちろん歌の上手さが第一というものもあるでしょうが・・
そうそう、そうなんですよね。
たとえば「ドリームガールズ」のような作品だとそうはいかないんだろうけど、この作品だと味のある歌が嬉しいですよね。
ABBAのテープ、うちにもありますよ~(笑)
ふふ、絶対聞きたくなりますよね。

若き日のドナ・・なかなか奔放ですよね~(笑)
そして若き日のコリン・ファースのあの写真~(笑)
メリル・ストリープ、可愛かったですね♪三人の友情も羨ましい。

ステランパパだと・・あははは~!!確かに!!(笑)姉弟ですよぉ。
いいなぁ・・それ(笑)私も年離れてますけど・・入れてください(爆)
ステランパパはいい声でしたよね♪
dot 2009.02.23 18:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top