fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「ベルファスト」 :: 2022/12/17(Sat)

ベルファスト

ベルファストで生まれ育った9歳の少年バディは、大好きな父母、兄、そして祖父母に囲まれ、遊び、映画を楽しむ幸せな日々を過ごしていた。
住民みんなが顔なじみで、誰もが知り合いで、学校では気になる女の子がいる・・・バディの毎日。
だが、1969年8月15日、プロテスタントの過激派集団がカトリック住民への攻撃を始め、穏やかだったバディの世界は崩れ始める。
住民たちは分断され、暴力をまじかで見るような日々に、バディと家族たちも故郷を離れるか否かの決断を迫られるのだが・・・・。



2022年もあと2週間となりましたよ~(アセアセ)
そろそろ今年のベストもまとめたいなあ♪と思う中、ハッと気づきましたこれ、観てなかった!!!ありがたいことにプライム会員特典で観れるのダ。

ケネス・ブラナーが子ども時代を過ごした故郷ベルファストへの想いを込めた自伝的作品。1969年に9歳だったバディ(ブラナー少年)!ドンピシャ私と同じなんですよね~(*^-^*)
バディ少年が作中観ていた映画『チキチキ・バンバン』は観てなかったし、『恐竜100万年』もずっとあとで観たけれど、サンダーバードは好きだった~(笑)弟は(サンダーバード)のおもちゃ、結構持ってましたよ♪

宗教紛争が激化しても、パパとママの間でいろんな問題があっても、9歳の少年の世界は算数だったり、気になる女の子だったり、大好きな映画だったり!!
子どもは子どもなりにいろんなことを見たり、知ったり、悲しんだり、心配したりしているんだけど、パパもママも大好きでおじいちゃんもおばあちゃんも近くにいて、近所も顔見知り、ベルファストはまさにバディ少年にとって「世界のすべて」。
そんな愛する世界が少しづつ変わっていくさまを、少年目線で見せてくれる本作、理不尽な暴力が腹立たしく、(今まさにそういうことがウクライナで起こっていることを思うとなおさら)、故郷を出なくてはいけない悲しみを感じつつも、
少年の家族がみんな素敵だし、(バディを演じる)ジュード・ヒルの丸顔で愛嬌たっぷりの表情、癒されました(*^-^*)
あのずっと持ってた洗剤!!!「環境に優しいから」・・・って!?
暴動のシーンや、ママとバディが盾になってしまった対決シーンも含めて、街のシーンがちょっと舞台劇?っぽく見えてしまって、そこはケネス監督らしさなのでしょうか?そういえば自ら監督した『マイティ・ソー』をバディが読んでるシーンにくすっ(笑)

ベルファスト2

パパは借金作ったりしてるみたいだけど、あの制球力!!ナニモノ!?歌も歌っちゃう。
美人のママ、ミニスカートが似合うこと!
このシーンなんて!素敵すぎん~!?

bルファスト3

キアラン・ハインズとジュディ・デンチの祖父母が特に良かったナ~。
「自分が何者かわかっていればどこに行っても大丈夫!」おじいちゃんの言葉はどれも深い。
そしてラストシーンのジュディ・デンチの表情が素晴らしくて・・・・・(>_<)思い出してもこみ上げてしまう(涙)
予想していたよりも甘め?で綺麗にまとめたなあ~という印象で観ていた本作ですが、このラストシーンの彼女の表情で、そんな思いが吹き飛びました。
「前に進みなさい、振り返らないで」



それでも故郷はずっと胸にある。
  1. アマゾンプライム
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
<<クリスマス映画『あなたの、私のクリスマス』&『飛ぶ教室』 | top | 「ブラック・フォン」>>


comment

毎度です。

内戦というのは命に係わる一大事なんですが、盲目的に家族を愛している子供目線だと当たり前の世界で、そういう背景だって刺激いっぱいに感じる・・・という作風がとても良かった。
みんな愛がいっぱいで。だからこそ心の故郷なんですよね。
ママを演じたカトリーナ・バルフさんは注目株で、最高にイイ女。
  1. 2022/12/18(Sun) 19:52:45 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>そろそろ今年のベストもまとめたいなあ♪と思う中、

ハッ、そうでした!ま、それはお正月の宿題にしようと(笑)

この映画、悲惨なはずの内戦ですが、ケネス・ブラナーの郷愁が色濃く出ているので、甘くて美しい映画なんですよね。
でもいい家族でした。ジュディ・デンチ、この人が出ているだけで映画がランクアップしますね(笑)
  1. 2022/12/18(Sun) 21:44:25 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

早く見なくちゃ!

瞳さん☆
この映画アマプラでやっているんですね!?
これは観なくちゃ!!劇場へも行きたいし、配信も見たいし、まだ愛媛の旅行も書いてないし・・・見たらまたきます!
  1. 2022/12/18(Sun) 23:03:18 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

おはようございます。
そうでしたね♪大人目線だともっともっと緊迫した毎日(ママは吐くくらい)だったと思うのですが、子ども目線で描かれているのでどこか冒険?のような、映画のような(映画ですけど)世界になっていましたね。

カトリーナ・バルフさん!!おおっ!ゾンビマさんすでに注目されてましたか!!
綺麗でしたね~、ミニスカートから覗く足の長いこと~♡
  1. 2022/12/19(Mon) 09:22:43 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>tontonさん

おはようございます。
tontonアカデミーも楽しみにしていまーす!(^^)!

>この映画、悲惨なはずの内戦ですが、ケネス・ブラナーの郷愁が色濃く出ているので、甘くて美しい映画なんですよね。
まさにまさに~!!
故郷への想い、ベルファストで過ごした日々への愛がいっぱい詰まっていましたね。

ジュディ・デンチの顔に刻まれた皺がね~~、もうそれだけで人生を物語っているかのようで、ラストシーンの表情に息を呑みました。
  1. 2022/12/19(Mon) 09:25:56 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>ノルウェーまだ~むさん

おはようございます。
これ見逃してたなぁって検索したら、会員特典で観れました!!まだ~むさんもぜひぜひ(*^-^*)

師走ってどうしてこんなに時間がすごるの速いんでしょうね。やることいっぱいある~~(アセアセ)
愛媛旅行記も楽しみにしています!(^^)!
  1. 2022/12/19(Mon) 09:28:19 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは!
アマプラで見れるの?
それは嬉しいね!!

ところで瞳さんは私より3つしか年上じゃなかったんだーって今回の記事読んで初めて知ったわ♪
お子さんやお孫ちゃんたちや色々人生経験が既に先を行かれてるので、もうちょっとだけ先輩なのかな?なんて思っていたの。

パパとママのダンスシーン、美男美女で素敵だったよねー。
監督の実体験をもとにしてるだなんて、小さい頃に地元でこんな戦争?があるなんて悲しい経験されてますよね。
  1. 2022/12/19(Mon) 14:59:21 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは~。
この映画よかったですよね、、、私も、ラストシーンを思い出すだけで涙ナミダです。
バディの両親、ありえん美男美女でしたよね(笑)。
もうふたりのシーン、目が釘付けでしたわ~。
ケネス・ブラナーがアイリッシュだということにビックリした作品でもありました。
そして瞳さん、彼と同い年とは! お姉さま♡
そろそろ年間ベストも考える時期ですね~、また来ます!
  1. 2022/12/19(Mon) 17:58:37 |
  2. URL |
  3. 真紅 #V5.g6cOI
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

こんばんは。
コメントありがとう。そうなの!これ、アマプラ会員特典で観れたわ♪

>ところで瞳さんは私より3つしか年上じゃなかったんだ
あっ!歳バレちゃった(って、自分で書いてるし 笑)
そうなのね~!!3歳ってことは小学校だと1年生と4年生、中一だと高校1年だ!!・・・・ってなにそのたとえ(爆)
latifaさんは私よりずっと可愛らしくて若そうだもの。

映画のパパとママ、お似合いだったよね~♡ダンスシーン素敵すぎる!(^^)!
ああいう内戦って本当に辛いことですよね。ケネス・ブラナーってイギリスの俳優さん!ってずっと思ってたので、ベルファスト出身って知って驚きましたよ~。
  1. 2022/12/19(Mon) 21:19:01 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>真紅さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
あのラストシーン、ジュデイ・デンチのあの表情、あの台詞、涙こみ上げます。
彼女をアップで撮って、バディたちは後ろ姿でバスに乗ってる!というあの撮り方もいいですよね。

バディのパパ、ママ、あのダンス!絵になりすぎでバディ同様、目が丸くなりましたよ(笑)

>ケネス・ブラナーがアイリッシュだということにビックリした作品でもありました。
一緒です~。私もイギリスの俳優さんで、シェークスピア俳優として有名で、かってはエマ・トンプソンと結婚してた・・というのは知ってたけど、ベルファスト出身だったんですね!
同じ年!っていうのも今回発見~(*^-^*)親しみがわきました(笑)
お姉さま♡きゃーー、いい響き!(^^)!

真紅さんのベスト、楽しみにしています、あっ、息子さんのも出るかな?(密かにそちらも楽しみ♡)
  1. 2022/12/19(Mon) 21:28:26 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんばんは。
新年第1作目はこの作品を見ました。
ケネス・ブラナーの家族愛、故郷愛あふれるすてきな作品でしたね。
ちょっと甘めでノスタルジーたっぷりのところがよかったです。

パパとママがかっこよすぎる!
おじいちゃんとおばあちゃんのことば、含蓄がありましたね。
周囲には争いがあっても
幸せな少年時代をすごされたのですね、ケネス少年は。

そういえば、この時代にもうバイオの洗剤があったんて!と驚きました。
(日本は高度成長時代で公害の真っ只中だったような...)
サンダーバードやマイティソーなど
当時のカルチャーの描写も楽しかったですね。
  1. 2023/01/03(Tue) 22:10:49 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
新春一番にいい作品をご覧になりましたね♡
早速のご報告ありがとうございます。

>ちょっと甘めでノスタルジーたっぷり
そうでしたね、内戦と言う大変な時代でしたが、子ども目線で描き、大好きな家族と故郷への想いが詰まっていましたね。

パパとママ!!あのダンス、反則過ぎる~~!(^^)!と言いたくなるくらいカッコ良かったですよね。
おじいちゃん、おばあちゃん、深かったですね。
故郷を離れなくてはならなかったですが、それでも周囲の人々の愛に包まれて幸せな子ども時代でしたよね。

バイオ洗剤!私も驚きました。
環境に優しいから・・・なんて握りしめてたケネス少年にハラハラしつつも笑ってしまいました。
サンダーバート、とても懐かしかったです。
  1. 2023/01/04(Wed) 21:20:29 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん☆こちらにも
ようやっと見ましたよ~!
初めは北アイルランド関係なのでもっと過酷な方向へ行く話かな?と思っていたのですが、最後まで明るさがありポジティブな内容に少々驚きました。終始少年の目線で描かれたってことなんですよね。
パパとママ素敵すぎます~~歌が上手すぎて、最後にロンドンの仕事って歌手なのね?と勘違いしちゃうほどでした(笑
  1. 2023/01/07(Sat) 17:28:14 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ノルウェーまだ~むさん

ご覧になったんですね~♪こちらにもコメントありがとうございます。

そうなんですよ、私も酷いことが起こったらどうしよう~と思ったのですが、こういう時代や争いがあっても学校の気になる女の子とか、パパやママ、おじいちゃんおばあちゃんのこと、子ども目線で描いてあるので、そこは大丈夫でしたね。

>歌が上手すぎて、最後にロンドンの仕事って歌手なのね?
わかるぅ~~(笑)
だって、歌うたって二人で踊って♪あの決まりようですもんね!!
あっ、あそこもケネス少年の目線・・・っていうことかもしれませんね、キラキラした目で見てましたね!(^^)!
  1. 2023/01/07(Sat) 23:04:34 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1407-071ac608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)