fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「エール!」 :: 2022/04/16(Sat)

エール!

フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、長女ポーラ以外の全員が聴覚障害者。
底抜けに明るく前向きな父と母、おませな弟、家族は一致団結して農業を営んでいたが、耳の聞こえるポーラの存在はとても大きいもの。

学校でコーラスの授業を取ったポーラは思いがけず、音楽教師から歌の才能を認められ、パリの音楽学校への進学を勧められる。しかしさまざまなことで家族を支えているポーラは、父母や弟を置いてのパリ行き挑戦に悩むのだった・・・・。


今年のアカデミー賞作品賞に輝いた『コーダ あいのうた』のオリジナル版が、プライムで観れました♪
2015年のフランス作品です。

さすがおフランス~♡愛に溢れてる~(*^-^*)
冒頭から、お医者さんに自分たちの性生活について娘に手話通訳してもらう、パパとママのオープンさにビックリ~!(^^)!
あまりにも開放的であっけらかんとしてるので、あちらではそんなものなの~!?って思ってしまいましたよ。
ハグとキス、愛情を欠かさないベリエ家。
朝ごはん時のキッチンのカラフルさにまず目が吸い込まれて、その瞬間、この映画がとっても好きになっちゃう(笑)テーブルの上の色とりどり、柄も可愛いカフェオレボウル、チェック、チェック
両親の寝室の華やかな花柄の壁紙、ベッドカバーも枕カバーも花柄でいっぱい。

エール!3

ルアンヌ・エメラ、ポーラ役の彼女の、健康的な瑞々しさが本作の役にぴったりでした♪
コーラスの授業で少しづつ・・・歌声が解き放たれていくところも良かったな~。

エール!2

彼女の才能を見出した音楽教師トマソン先生、かっての栄光も消え、片田舎の教師に甘んじている身をぐちりながらも、生徒の才能を見逃さない!!いやーー、とっても良いキャラだった、本作の登場人物の中で一番お気に入り(笑)こういうおフランスの殿方、大好きだ。

気になる男子ガブリエルとの仲や、パパの市長選立候補・・・・、果てにはビックリ!弟くん、おませすぎ~
いろいろあるんだけれど、どこまでも明るく、気持ちの良い、この町の青い空のような作品でした。

それにしても、さすがというか、愛の国。学校の発表会の曲にシャンソン♡ドキドキするような愛の言葉が並ぶ、並ぶ(笑)日本じゃ考えられないよネ。
ポーラとガブリエルのデュエットが途中で無音になるシーン♪あぁ~!家族たちにはこんな風に見えて、感じているんだなあって、ここ、すごく良かったですネ。
パパがポーラの喉に手を当てて聞き入ろうとするシーンにもジーン。
そしてやっぱり!あの歌の選考会の「青春の翼」♪が素晴らしい(涙、涙)
“逃げるんじゃない、飛び立つんだ♪”手話付きのこの歌声に泣けた、泣けた~~。ナイス選曲です!(^^)!

いろいろこれから(家族は)大丈夫か!?とか、市長選もどうやって!?とか、細かい部分は置いておかれてるし(エンドロールですべて解決 ハッピーエンド嬉しい笑)粗削りといえば、そうなのかもしれないけれど、
そういうおおらかさもまた本作の魅力のように思えました。
『コーダ あいのうた』はどんな風にリメイクしてるのかな~。そちらもまた楽しみです。
  1. アマゾンプライム
  2. | trackback:2
  3. | comment:14
<<「ドライブ・マイ・カー」 | top | すでに葉桜🌸プライムで観た映画♪>>


comment

瞳さん、こんばんは。
今日は家の仕事の仕事の合間にこの「エール!」と
瞳さんが先日ご紹介くださった「テンダー・バー」を見ました。
エール!はまさにフランスらしい愛のお話でしたね!!
前半は家族のあまりにあけすけな会話にたじろいだり
ノー天気さにちょっぴりいらっとしたりしましたが^^;
後半からぐいぐい引き込まれました。
トマソン先生や、オーディションの歌もよかったですね☆

テンダー・バーもすごくよかったです。
こういうリアルなアメリカを描いた作品が大好きです。
男としての生き方を教えるベン・アフレック、よかったですねー。
ラスト近く、最低な父親に見切りをつけて決別する場面は
胸がしめつけられました。
ジョージ・クルーニー、よい作品を作りますね。
  1. 2022/04/17(Sun) 23:35:02 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
この映画プライムに来ているのですね。いい仕事するな~(笑)。
本作、私もフランスの高校生の歌の過激(?)さにビックリした覚えがあります。
コーダはほんの少しの設定変更で本当に上手くリメイクされていますから、安心してご覧になってください。
お楽しみに!
  1. 2022/04/18(Mon) 17:30:09 |
  2. URL |
  3. 真紅 #V5.g6cOI
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
まあ!セレンさんも「エール」ご覧になっていたんですね!!
嬉しいです(*^-^*)お国柄の愛が溢れるお話でしたね。

>前半は家族のあまりにあけすけな会話にたじろいだり
ノー天気さにちょっぴりいらっとしたりしましたが^^;
分かります~(笑)まさに私もそんな感じでした。
ガブリエルが家にきてた時に起きた出来事?なんてね、デリカシーはどこに!?って思いましたよ。

でも愛すべき家族でしたね。
トマソン先生、とっても良かったな~♪オーディションのシーンは涙が溢れました。

「テンダーバー」も観てくださったんですね♡
ベン・アフレック、カッコ良かったでしょう!(^^)!顔のラインもシャープで!どしたの!?っていうくらい(失礼だ 笑)素敵でした♪
父親は最後の最後まで・・・ダメ男でしたね(>_<)そこもとってもリアルでした。
ジョージ・クルーニーに拍手ですネ。
  1. 2022/04/18(Mon) 19:59:11 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>真紅さん

こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

そうなんですよ~!!プライム、やりますよね(笑)
真紅さんは劇場公開時に観ていらっしゃるのですね、さすがです~♡
学校のコーラスであの歌詞!!ビックリですよね!(^^)!さすが、愛の国です。

>コーダはほんの少しの設定変更で本当に上手くリメイクされていますから、安心してご覧になってください。
わ~!!ますます楽しみになってきました♪
観たらまたお話させてくださいね。
  1. 2022/04/18(Mon) 20:02:00 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さんはコーダ未見やから、逆とは羨ましい。
本来はその順番ですからね。
先日、久しぶりに友人たちと飲んでたら、いつまでも仲良い夫婦を友人がけなしていた(汗)
そんなん言うてるの、日本人だけやでとは注意しておきましたが。
この映画、今無料配信されているので、機会と体力があれば見てみます。
  1. 2022/04/19(Tue) 07:26:20 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

フランスらしい作品よね

お邪魔します~
お国柄がよく出ていた作品でしたよね。
寝室&キッチンのインテリアは素敵で目の保養になったし、自家製チーズ販売というのも、どんな味?食べたい・・と、気になったところだし(笑)
<ハグとキス、愛情を欠かさないベリエ家>
そうそう、おはよう~~で
チュ♪、お別れで、ガバ~、ガバ~~の↑熱い抱擁(笑)。濃かった(笑)、弟(⇒いくつよ・・・)もやることやっているし・・おフランス、さすがよ~~
トマソン先生お気に入り?いいよね、いざというときに、颯爽と助けてくれるしねえ。コーダでも素敵な殿方として出てくるよ。私は、コーダでの、彼氏さんもお気に入り。
比較しながら見るのもまた、楽しいよね~~♪
  1. 2022/04/19(Tue) 11:54:17 |
  2. URL |
  3. みみこ #zQHIT1rU
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

こんばんは。
「コーダあいのうた」のアカデミー賞受賞で、オリジナルも脚光を浴びて配信で観れるようになってラッキーでした♡

>いつまでも仲良い夫婦を友人がけなしていた
あららら~~、それはいけませんねぇ。羨ましかったのかしら!(^^)!
でも確かに日本ではいつまでもアツアツ、ラブラブの夫婦っておかしいんちゃうか!?的な感じで見られることあるかもしれませんねぇ(>_<)

ゾンビマンさんは「コーダ」ご覧になってるので、ぜひぜひこちらのオリジナルも機会があれば見てみてくださいね。私も「コーダ」観るの楽しみです。


  1. 2022/04/19(Tue) 20:05:49 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>みみこさん

こんばんは。
みみこさんはこちらのオリジナルも「コーダ」も両方観てるからいいな~♡
お国柄でやっぱりテイストちょっと違ったかな?

オリジナルはおフランス、さすがよね~(笑)ガバ~!ガバ~!多かったよね(笑)
弟クン、童顔だからなおさら、いくつだよ~!?ってビックリしたわ!(^^)!
インテリアも素敵で、しっかりチェックしちゃった。キッチンもカラフルで楽しそうだったナ。
チーズ、食べたい~(笑)

>コーダでも素敵な殿方として出てくるよ。私は、コーダでの、彼氏さんもお気に入り。
おお~!!それはますます観るのが楽しみになりましたよ~。素敵な先生なのね。
あとボーイフレンドの彼もどんな感じか楽しみにしてます(*^-^*)
  1. 2022/04/19(Tue) 20:15:06 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん☆
とってもフランスらしさが出ていて田舎を描いているのに、とってもお洒落でしたよね♬
性にオープンなかんじはフランスならではなのかな?と思ったら、アメリカ版も勿論同じで、ただ、アメリカならではでちょっとお下品に感じてしまったので、私はフランス版がそのあたりも自然で良かったと思いました。
そして泣けましたよね~~ワインの樽の栓を抜いたみたいに涙が溢れました。
  1. 2022/04/20(Wed) 12:16:53 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

私も瞳さんの記事みて、プライムで見ました!
思いの外『コーダ』と内容は同じでしたが、インテリアは断然こちらの方がかわいいです(笑)
先生は『コーダ』もなかなかいいですよ。ちょっと癖ツヨで(笑)
アメリカ版は下ネタって感じたのに、フランスだとフランスだからこれが普通かも、って思うのはなぜかしら?(笑)愛の国ですもんね。
  1. 2022/04/20(Wed) 19:11:38 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは。
まだ~むさんも本作とリメイク版、両方ご覧になっているんですね♪
そうでしたね!フランスらしさ全開でしたね。のどかなんだけど、お洒落♪
あらっ、リメイク版も開放的なんですね。
>アメリカならではでちょっとお下品に感じてしまったの
で、
ああっ、なんとなくわかる気がしますよ~。

>ワインの樽の栓を抜いたみたいに
まだ~むさん、素敵な例えだわ~♡
いろいろ思うところあったのに、後半合唱祭からオーディションのシーンにもう涙がいっぱい溢れました。
  1. 2022/04/20(Wed) 19:16:40 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>tontonさん

こんばんは。
わ~!!tontonさんもプライムでご覧になったんですね!
嬉しい~♡感想楽しみにしていますね。

インテリア、おお!!やはりおフランス(笑)
寝室のあの花柄!!キッチンもカラフルで可愛かったですよね。
「コーダ」の先生は癖ツヨなのね(笑)クセモノキャラも好きなので楽しみだわ。

>フランスだとフランスだからこれが普通かも、って思うのはなぜかしら?(笑)愛の国ですもんね。
やはり愛の国・・・、フランスってすごいですよね、そんなものかと許せちゃう(笑)
  1. 2022/04/20(Wed) 19:21:34 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こちらにも。
いやあーやっぱり瞳さんはお優しいというか、良い処を見てあげられるお人柄というか、見習いたいわー。
私はマイナスな部分につい目が行っちゃって、、イカンなあー。

そっかーamazonプライムでも見れるのね。
いいよね、こういう風に現在公開中のフランス版がやってる時に合わせて、アメリカ版って風に見れる様になっていると。

さっきドライブ~の方にもTB送ったんだけど、ダメだったみたい。こちらは成功して良かった☆
  1. 2022/04/21(Thu) 10:16:57 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

こちらにもコメントありがとう♡
いえいえ~、そんなことないわ~!それぞれ思うところや感じる部分があるから、全然それでいいと思う(*^-^*)

プライムで観れたの、ラッキーでした♡
公開中がアメリカ版かな?本作はフランスのお国柄がとっても良く出てた作品でしたね。

TBいつもありがとう。
あららら・・・「ドライブマイカー」の方は出来なかったのね。Fc2さん、どういうことかしら~(>_<)出来るのと出来ないのがあるのは謎よネ~。
  1. 2022/04/21(Thu) 20:00:27 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1349-8efebe2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』

 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることになる のだったが・・・。  本国フランスで大ヒットしたというコメディ。もう少しドラマチックな作品を想像 していたのだが、気持ちよく裏切られた...
  1. 2022/04/18(Mon) 17:14:06 |
  2. 真紅のthinkingdays

「エール!」「サムライ」感想

フランス映画2本
  1. 2022/04/21(Thu) 10:05:47 |
  2. ポコアポコヤ 映画倉庫