fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「マロ―ボーン家の掟」 :: 2022/03/16(Wed)

マローンボーン

何かから逃れるかのように、イギリスからアメリカの母親の実家へと引っ越してきたマローボーンの家族たち。
過去を忘れ、再出発を図ろうとする彼らだが、愛する母は病で世を去ってしまう。
残された4人の兄妹弟は、森の中にただずむ大きな屋敷で決して離れることのないよう、約束を交わして暮らし始める。

「鏡を覗いてはならない」「屋根裏部屋に近づいてはならない」・・・・いくつもの不思議な掟を守りながら・・・・。


『エマ』の記事でアニヤ・テイラー=ジョイのお話が出た時に、彼女の出てる本作をお勧めされました!!
2017年のスペイン・アメリカ合作。J・A・バヨナ監督が製作総指揮ではありませんか~

5つの奇妙な掟を守りながら、森の中の大きな屋敷でひっそりと暮らすマロ―ボーン家の4人の兄妹弟たち。
お屋敷にまつわるホラー!?シャラマン監督の『ヴィレッジ』みたいな感じ!?いやいや、なにやら父親が犯した罪も関係してるのか・・・!?
と、いろいろと想像が膨らみました。

天上に広がっている黒いシミ・・・、鏡にかけられた大きな布が落ちた時、そこに何かが・・・・!!!??(>_<)
幽霊屋敷的なシーンにドキドキ、これは間違いなく何かがいる~~~
4人が怯えているものは果たして目に見えない幽霊なのか?それとも、もっと違う現実的な人間(父?)の恐さなのか?
ホラーなのか?ミステリーなのか?それとも・・・・!?
恐怖の正体がわからないのに加え、長男ジャックの頭の傷はいったいいつついたのか?小さな小箱の中のお金は?砦は安全なのか?数々の謎も浮かんできて。
唯一友だちとして迎えた、アリーとのシーンにホッとしていたら、そこに一家の弁護士が絡み、恋とサスペンスモードまで呈してくるんですよ~!!
これはある意味、すごく贅沢な作品ではありませんか
そしてこんなにいろいろな要素がまじりあっているにも関わらず、決して作品の雰囲気を壊すことなく、とても魅力的でぐいぐい引き込まれてしまうんです!!

鑑賞中に実はやらなければいけない(頼まれごと)ことがあったのですが、途中で止めることが出来ませんでした。
そのくらい、のめり込んでしまいました。
最後に明らかになった事実は・・・・そうでありませんようにとの願いもむなしく
途中で感じた違和感はこれだったのか?とか、そういえば、あのシーンは・・という張られた伏線の見事さにも驚きましたが、それ以上になんとも切なくて(涙)

マローボーン2
マローボーン3

マロ―ボーンの兄妹弟たち。
長男としてしっかりとみんなを守ろうとする、繊細なジャック、ジョージ・マッケイ君は『はじまりへの旅』もすごく良かったよね。
次男のチャーリー・ヒートン君、リバーを思い出したナ~、若い時のディカプリオにも似てる。
長女のジェーン、ミア・ゴスの独特のこの雰囲気!末っ子のトム(マシュー・スタッグ)の可愛さ。
演じた若手俳優さんたちがみんな良かった。良すぎてなお泣ける。

マローボーン4

そしてジャックと恋仲になるアリー。アニヤ・テイラー=ジョイの抜群の存在感。
彼女の強さ、愛が、なんとも切ない余韻を残す本作のラストに、希望となり、救われるような思いも抱きました。

観返したらきっと、あっ!ここでちゃんと伏線張られてるとか、だからこういうことだったんだな~~とか、構成の見事さも再確認できると思うのですが、
今はまだちょっと、この家族の物語(ジャックの書いた「ぼくらの物語」)の余韻に漂っていよう。まだ心が揺れてる。

観て良かったお薦めありがとうございました。
  1. 映画タイトル(ま行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<「キングスマン ファースト・エージェント」&「アンダーウォーター」 | top | プライムで観た映画&映画の原作本を読む>>


comment

毎度です。

お疲れさまです!
速攻見たんですね!(笑)
コレ、夜の疲れてるときにまったく期待せずに劇場で観たら大当たりでした。
ジョージマッケイをはじめ、みんな良いんですよね!
そうそう、贅沢な構成でした。
なんかまた見たくなってきました。
  1. 2022/03/16(Wed) 11:12:32 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

これは、見始めてからあれ苦手なホラー?と思った映画ですが、怖いと言うより切ない物語でしたね〜。
あの長男「はじまりへの旅」に出てるんですか?見ようと思って録画したまま見てない映画なんです。
そうそう長女もなんとも独特のムードの子で、子役がみんなよかったです。あの末っ子はやっぱりと・・・なのかとか、弁護士とか、伏線が張り巡らされ、後からああ〜となる感じで(色々書けないお話ですね/笑)
アニヤ・テイラー=ジョイもよかったです。彼女が救いになりました。
  1. 2022/03/16(Wed) 18:58:29 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

こんばんは。
はい!速攻観ました(*^-^*)映画も本も出会いだと思ってるので、チャンスは逃がしません~(笑)

私、朝少し時間があったので(用事がある時間まで)ちょっと観ようと思って再生したら、途中ではとても止められませんでした!(^^)!

若者たち、子どもたち、みんな良かった~~。守ってあげたい気持ちでいっぱいになりました(>_<)
観返したら、またいろいろ気づいて、驚くような気がしますネ。
お薦め、ありがとうございました♪
  1. 2022/03/16(Wed) 20:10:05 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>tontonさん

こんばんは。
おお~!!tontonさんもご覧になってるのね!!それは嬉しいです。
ホラー系だと思えるような感じなので、てっきりご覧になってないかと思ってましたよ。

切なかったですね~~!ジョージ・マッケイ君、私は「パレードへようこそ」と「はじまりへの旅」と2作観たのですが、どちらも良かったです。
「1917命をかけた伝令」(こちらも出てる)も気になってきました。
子どもたちがみんな良くってね!なので、なおさら切ないですね。

>伏線が張り巡らされ、後からああ〜となる感じ
そうなんですよ~!!感想もどこまで書こうか?って思いました。
でもほんと、いろいろあとから、そういうことだったんだ~!!って思い起こされましたよね。

アニヤ・テイラー=ジョイ!私の中で、今グン!!と気になる株上昇中です(笑)
  1. 2022/03/16(Wed) 20:17:48 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんばんは。
またまたすてきな作品をご覧になられたのですね。
サスペンス?ホラー?ミステリー?
謎めいた雰囲気に引き込まれそうです。

ジョージ・マッケイ君、私も注目している俳優さんです。
「パレードへようこそ」で初めて知って
その後、偶然ですが「はじまりへの旅」
「1917」も見ましたよ!
アニヤ・テイラー=ジョイも出ているんですね。
是非見てみたいです。
  1. 2022/03/17(Thu) 22:59:56 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
おススメいただいて観たのですが、とても良かったです♡
ホラー、サスペンス、青春物語、家族ドラマ、いろ~んな要素がありました。
そうなんです!謎めいた雰囲気、見せ方にぐんぐん引き込まれてしまいます。

ジョージ・マッケイ君!セレンさんも注目されているのですね♡
そうでしたね、「1917」もご覧になっていましたね。
私未見なのでぜひ見てみようと思っています。
本作では繊細ながらも長男としてみんなを守ろうとするお兄ちゃんっぷりがとても良かったです。
次男クンはちょっとワイルドっぽい感じで、対照的にも見える兄弟もとても良かったですよ。
アニヤ・テイラー=ジョイの存在感は素晴らしいですね。
他の作品ももっともっと観てみたくなりました。
  1. 2022/03/18(Fri) 20:28:10 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんばんは~。
わ~い、早速ご覧になったのですね♪
ジョージ・マッケイくん、いいですよね。
観ていない出演作品も多いのですが、めっちゃナイスガイで大好きです。一生推せます。
派手さはないですが、着々とキャリアを築いていて出演作が気になる俳優さんです。
『1917』は現時点での彼の代表作だと思いますので、是非観てあげてくださいね~。
  1. 2022/03/20(Sun) 20:43:14 |
  2. URL |
  3. 真紅 #V5.g6cOI
  4. [ 編集 ]

>真紅さん

おはようございます。
早速観ましたよ~!(^^)!良かったです♡
お薦めありがとうございました(*^-^*)

マッケイ君のナイーブさが好きだ~(笑)
>派手さはないですが、着々とキャリアを築いていて出演作が気になる俳優さんです。
そうですよね!!思わず出演作を再チェックしましたよ。
「オフィーリア」も観てたのに気づきました(笑)
「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」も観たいな~。
『1917』!!絶対観ます!(^^)!
  1. 2022/03/21(Mon) 11:14:34 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1342-2481446d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)