fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「天国にちがいない」 :: 2022/02/23(Wed)

天国にちがいない


スレイマン監督は新作映画の企画を売り込むため、故郷であるイスラエルのナザレからパリ、ニューヨークへと旅に出る。
パリではルーブル美術館、ノートルダム聖堂に見惚れ、ニューヨークでは、アラブ・フォーラムに登壇者として招かれる。
友人である俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの紹介で映画会社のプロデューサーと会うが、新作映画の企画は断られてしまった。
そうして、スレイマン監督は故郷へと戻ってきた・・・・。

2019年フランス・カタール・ドイツ・カナダ・トルコ・パレスチナ合作作品。

スレイマン監督については全く知識なく、本作についても知らなかったのですが、タイトルに惹かれビデオショップで手にとった作品でした。

スレイマン

故郷の自宅では、隣人が勝手に庭のレモンをもいでいる。「悪く思うな、ノックはした」と悪びれない男の台詞。
レストランでは目つきの悪い男と向かい合う。
車で走れば、隣の車の後部座席には目隠しされた女性が乗っている!!
旅に出れば、ニューヨークでは誰もが銃を手にし、パリのカフェでは警官に囲まれる・・・!!そして戦車が連なりパリの街を行く。

いったい何が起こるのか・・!と身構えるけれど、何も起こらない。ほんの少し、戸惑うような表情を浮かべつつ、それでも言葉は発しない、スレイマン監督の不思議な旅に同乗したかのような映画でした。

不穏ともいえない、不思議な空気に戸惑うけれど、ナザレではオリーブの林の美しさが眩しく、パリでは街並みに見惚れる。
警官に追われる若者が車の下に隠したものは・・・ドライフラワーの花束!!
そして戻ってくると、隣人はレモンの木に水をやっている・・・・!!

不思議~~!!不穏さと美しさ。世界に存在する暗と、逆に天国のような“美”
故郷を出て違う世界を見たけれども、そこにもやっぱりいろいろあるよ。怖さも、心配も・・・、でも美しいもの、愛すべきものもやっぱりある。
なんの説明もないけれど、きっといろんな部分に暗喩が隠されているのだろう・・・けれど、私はなんだかそういう風に感じました。

天国にちがいない3

天国にちがいない2

だってね!!監督の表情が一番輝いていたのは、パリのカフェで道行く美しい女性たちを見ている、あのシーン!(^^)!
スローモーションで歩いていく、とびきりお洒落な女性たちに監督と一緒にうっとり~~。

一種のお伽話のような、美しい無声映画のような、不思議な世界観の映画だったな~~。
ラスト近く、監督は庭にもうひとつ、小さなレモンの木を植える。隣人は大きなレモンの木に水をやっているが、(上から監督が見ていると)笑って小さな方にも水をやる・・・。このシーンの意味は?分からない(>_<)
こんな風に・・・理解できてるとはこれっぽっちも思えないけれど観終わった今も、ちょっとした不思議なシーンが思いだされる。そしてまた、不思議なシーンだったなぁ~~と反芻する。そういう映画もまた楽しい(*^-^*)

監督の友人役でガエル・ガルシア・ベルナルが出てます!!短いシーンですが、ホンモノ!(笑)
  1. 映画タイトル(た行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「ナイル殺人事件」 | top | さて、どれ観よう!(^^)!>>


comment

毎度です。

憶えてます。
この映画で描かれているのが天国なら、退屈そうやなと思いました(汗)
でも監督さんが一番いきいきするのが、若者たちで賑わうクラブなんですよね。
コロナ禍にあって、マスクのない人たちで描いていて、なんかメッセージ性の強い作品やなと。


  1. 2022/02/24(Thu) 07:27:17 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
>一種のお伽話のような、美しい無声映画のような、不思議な世界観の映画だったな~~。
この一言に尽きますね。

美しい予告編に惹かれて観たドラマはやはり美しかったです。
監督の家に勝手に入り込んでレモンの木を手入れする。
もいで食べてもいたしね。あのシーンが好きです。
オープニングの教会のシーンで何が始まるの?
と想像を掻き立てるエピソードもniceでした。
  1. 2022/02/24(Thu) 17:09:50 |
  2. URL |
  3. margot2005 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

こんばんは。
おお!!ご覧になってるんですね!!あとで感想読みにダッシュしまーす!(^^)!

>監督さんが一番いきいきするのが、若者たちで賑わうクラブなんですよね。
あっ!そうでしたね!!パリの女性たちにうっとりするシーンばかり覚えていましたが、
クラブで踊りまくる若者たちを見る表情、楽しそうでしたね。

あの鳥のシーンとかも、思い出してはどういうことだったんだろう?とかぼんやり考えてみたりしちゃいます。
監督、不思議な世界観の中にメッセージ込めましたね。
  1. 2022/02/24(Thu) 19:22:43 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

> margotさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
そちらでレビュー読めて嬉しかったです。

映像とっても美しかったですね~(*^-^*)
そうでしたね!勝手に手入れして収穫して・・・でもなんか憎めない感じなんですよね(笑)
教会のシーン!!あのシーンも何が始まるんだろう?って想像させられました。

あとで監督のインタビューを読んだら、観客に委ねてます、想像してくれたら嬉しい・・みたいに書かれてて、あっ!理解できてなくてもいいんだって嬉しくなりました(笑)
  1. 2022/02/24(Thu) 19:50:05 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1337-de1cb90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)