2009
01.14

「裏切りの闇で眠れ」

裏切りの闇で眠れ [DVD]裏切りの闇で眠れ [DVD]
(2008/08/22)
ブノワ・マジメルフィリップ・コーベール

商品詳細を見る


うっ・・。(いきなりですが 汗)
いや、もう・・。
新春はブノワ・マジメル祭りだ!なんていう、私の甘っちょろい、不純な気持ち(いつものことといえば・・そうなんだけど 笑)など、この辛口でハードな作品の前では打ち砕かれてしまいました。

パリの闇社会。
仲間のジャン=ギィと共に危険な仕事を請け負うフランクは、その冷静で確実な仕事ぶりで闇社会の実力者クロードからも信頼を得る男。

一方、裏切り者には容赦なく、暴力で闇社会を牛耳る男クロードは、しかし自らも何者かの通報により投獄されてしまう・・。
クロードの逮捕により、均衡が崩れ行く・・ギャングたち。
裏切りがまた裏切りを呼ぶ世界で・・・生き残れるのは果たして誰なのか・・。


フレンチ・ノワールの世界もこれほどまでに容赦なし!!になったんだ・・と思わず固まってしまうような激しい暴力シーンの数々・・。
血も飛ぶし・・目を覆いたくなるようなシーンもかなり・・(汗)

男と男の友情だ・とか、仁義だとか・・思ってたら、いやもう、バッサリ、ハッキリ。
ブノワ・マジメルが、あのクールな表情で切って行きました。アイタタタ・・。
一挙一動から目が離せない・・、それはブノワ演じるフランクだけじゃなくって、クロードからも、フランクの仲間ジャン・ギィからも・・クロードと敵対することになる・・若きギャングたちからも。

それぞれが、どんな風に考え、動き、どこに身を置くのか・・・誰を信じ、誰を裏切るのか・・。
とてもリアルに描かれていましたよ。

フランクとギィも決して生ぬるい友情なんかでつながっているわけじゃない・・、最後には信じられるのは自分ひとり・・。
ラストシーンのフランクの姿も印象的でしたね。
これまでの夜や闇や・・暗いシーンと対照的な。
でも、決してだからといって・・裏切りの世界から逃れたわけじゃないような・・。陽光溢れる世界なんだけど・・なんだかそこに影を感じてしまうような。


男たちが、タバコをくゆらし、お酒を飲み、語る・・。

不純な動機はバッサリ切られた・・といいながらも、ブノワ演じるフランクのクールな演技にはゾクゾクと魅せられちゃいましたね。

対照的なクロードを演じたフィリップ・コベールも、円熟というか味のある、その存在感。
そして、去年「ベティブルー」として私の目を釘付けにした・・あのダリも出てるんですね!!
あの時よりも、ぐっと大人の女の深みを感じさせてくれました。



よし・・・マジメル祭り続行決定~(笑)
「ピアニスト」が見たいんですけどね~、レンタルと出会えないなぁ・・。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/133-850ff34e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top