fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「ブルー・レクイエム」 :: 2022/01/16(Sun)

ブルーレクイエム

現金輸送会社ヴィジラントに、新しい警備員としてアレックス(アルベール・デュポンテル)という中年男がやってきた。
ヴィジラントは過去3度も襲撃事件にあい、警備員が殺されるという事件が起こり、近々アメリカの会社に買収されるという噂が流れている。
そんな会社にどこか不釣り合いな、地味で物静かな男アレックス。彼にはある目的があったのだが・・・・・。


ガイ・リッチー監督、ジェイソン・ステイサム主演『キャッシュ・トラック』の、こちらがオリジナル版。
2003年のフランス映画です。

『キャッシュ・トラック』を観ているので、男が警備会社に就職してきたその理由も、あらすじもわかってはいるのですが、
男のキャラや作品の持つ雰囲気が全然違うので、まるで別作品のような感じなのですよ~、見入ってしまいました。
アルベール・デュポンテル演じるアレックス、とても地味です。全く強そうに見えません。
警備中にはソワソワあたりを見回し落ち着かない、明らかに素人っぽい。ですが、その目にはなにかギラギラした強い光が宿っているのです。
会社の近くのホテルに部屋をとって籠り、警備員仲間たちのことを調べ上げ、時にからだを鍛えるアレックス。
これ、リメイク版を観て知っていなかったら、もしや襲撃犯なのか!?一体何を調べているのか?と思ってしまう。謎めいていて、サスペンス色が濃くて、ぐいぐい引き込まれる展開でした。

ヴィジラントがそこまで立派な社ではなく、どちらかというとしょぼくて、警備員たちの集金に行った先でのやる気のなさときたら(>_<)ひとりひとりのキャラがなんと個性たっぷりなことか。何故でしょう、リメイク版以上に、やたら誰もかれもが怪しく見える(笑)

アレックスが味わった悲劇はただ一度!!短く描かれるだけなのですが、その短さが逆にとても印象的なんですね。
彼がどれほどの傷をその時負ったのか、その後の様子とか、そういう部分も全く描かれません。
ですが、何度もけいれんを起こす足、苦悩に満ちた表情、どれほどの哀しみを抱えてるのか、描かれなくてもひしひしと伝わってきました。
(リメイク版と違って)アレックスが全くの普通の中年のオジサン(元銀行員)な上に、孤立無援たったひとりで探る様子にただもう、ハラハラしてしまうし、その孤独な様子が胸に沁みるんですよねぇ。
・・・・でもほら!そういう孤独な男は女性を惹きつける警備仲間のニコラやホテルの清掃係のイザベラ、二人の女性の存在が映画にほのかな光を灯してくれています。
ラストの襲撃事件の直前に描かれた、チンピラたちとの攻防事件、ここも印象的でした!!
日々復讐を誓っていながらも、いざ、突発的な事件が起こって正当防衛ではあるけれど襲ってきた相手を撃ってしまったことに打ちのめされるアレックス。そしてその相手が子どもだったことを知り、一度は警備員を辞めることを決意したのですが、ある1本の電話により思い止まることになります。
ここからラストへは、緊迫の展開へーーー。無言で襲撃してくる犯人たちのリアルな怖さ。
カッコよさとかなく、(敵の放つレーザーに目がくらみ)相討ちとなって死んでいく仲間たち・・・、このあたりの非情さがなんともいえません。

ラストシーンも言葉もなく、彼の復讐を最後まで、誰も知ることもない。あぁ~~、この孤独なフレンチノワールよ~~。
心に沁みるわ~~、とても良かった。
地味だし、爽快でもない。ひとりの男の、たったひとりでの復讐が終わった・・・・そのことがこんなにも心に沁みる。
知られざるノワール作品の傑作だと思う!!
ガイ・リッチー監督見る目ありますねぇ、リメイク版はまた全然違ったアレンジで面白かったですが、オリジナルのこの雰囲気は忘れがたいものがありました。
  1. 映画タイトル(は行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「エターナルズ」 | top | 「夏への扉 キミのいる未来へ」>>


comment

瞳さん、こんばんは。
どこかで聞いたことがあるような...と思ったら
お~、キャッシュトラックのオリジナルでしたか。
こちらはフランス映画とあって、ノワール風の
ぐっと雰囲気のある作品に仕上がっているようですね。
見てみたい!!
ガイ・リッチー版は、ステイサムが強いってわかっているし
エンタメ風に作ってありましたものね。
復讐も、息子のことではなく、自分のことなのかな??
比べて見たみたくなります。
  1. 2022/01/16(Sun) 22:16:12 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

キャッシュトラックは昨年のアクション映画でも最高の部類でした。
こういうオリジナルがあったんですね!
機会があれば見てみます。
  1. 2022/01/17(Mon) 07:37:09 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

おはようございます。
そうなんですよ~!!「キャッシュ・トラック」が面白かったのでオリジナルのこちらも気になっていました。
とても良かったです。
平凡な主人公の孤独な戦いが胸に沁みました。
息子、出てきます・・・しかもまだ小さいのですよ(涙)もう、よけい泣けちゃいます。
説明される部分がとても少なくて、途中1シーンだけ登場する女性についてもなんの説明もなかったりするのですが、想像させられる作品、好きです。

リッチー監督はステイサムというどこからどうみても強い!主人公にして、オリジナルとまた違ったエンターテイメント性を引き出したのね~と感じました。

ぜひぜひ、お薦めです(*^-^*)
  1. 2022/01/17(Mon) 09:38:34 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

おはようございます。
「キャッシュ・トラック」のステイサムはとにかく強いオーラがあって面白かったですよね。

オリジナルはフランス映画なのですが、雰囲気やあんまりいろいろ説明されないところ(笑)好みでした!(^^)!
最後の襲撃シーンがすごくリアルで・・・非情でした。
ぜひぜひ機会があれば・・・お薦めです(*^-^*)
  1. 2022/01/17(Mon) 09:41:36 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1327-7ed1d314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)