fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「RUN/ラン」 :: 2022/01/14(Fri)

RUN.jpg

郊外の一軒家で母と暮らすクロエは、生まれつき数々の慢性の病を持ち、車椅子生活を余儀なくされていたが、
頭も良く明るい彼女は大学への進学を楽しみにしていた。
そんなクロエの母ダイアンは、娘の体調や食事を管理し、いつも気遣ってくれる。クロエとダイアンはとても仲の良い母娘だったのだが・・・、ある日、クロエは自分の新しい薬に母の名前のラベルが貼られていたことから、少しづつ、母に不信感を抱き始まるのだった・・・!!

「search サーチ」がとても面白かったので、アニーシュ・チャガンティ監督の本作も楽しみにしていました。
新春2本目の衝撃作品がこちらです。

ですが、こちらは・・・そうなんじゃないかな~という予想通りだったので、『プロミシング・ヤングウーマン』のような衝撃!ではなかったのですが、いやいやーーー、でもかなりの恐さですヨ
題材としては、これまでにもこういうのあったなぁ~と数々の作品が頭に浮かぶ、どちらかというとシンプルな設定なのだけれど、
「不整脈」「血色素症」「ぜんそく」「糖尿病」「麻痺」という症状を抱えたクロエは、「走ることができない」。
タイトルの『RUN』は、まさに彼女が出来ないことをやらなければならないという、立ちふさがる壁に向かい、障害を乗り越えようとするハラハラ感、緊迫感が半端なかった~~!!

実際、日常車椅子を使っているという、クロエを演じるキーラ・アレンと、母ダイアンを演じるサラ・ポールソンが素晴らしいので、なお盛り上がりましたよ~!!

RUN2.jpg

サラ・ポールソン、何故なんだろう、登場したとたんから、もう怪しく思えてしまうのはその怪しさとクロエへの愛情が両方じわじわ~っと感じさせられて・・・・その怖さ加減が絶妙なんですよーー。
そして、クロエちゃん!!身体は数々の重荷を背負っていても、頭が良くて前向きで機転が利く!観ていて絶対応援したくなるタイプ。
映画館を抜け出して、車椅子で疾走する彼女の姿はまさにRUN!!でした。

ダイアンの背中に深く残る傷、いったいどんな過去を背負い、ああした感情が生まれるようになったのか、描かれていない分、想像させられます。

ラストシーン、これは私には痛快!!とは思えませんでした(>_<)
因果応報?目には目を・・、う~~~ん、(そりゃあれだけの目にあわされているからなぁと思うけど)ちょっと短絡的に思えてしまって・・・不満です
クロエちゃんのキャラには合わない気がしたのですが・・・もしやもしや?彼女もまた!?なんていう恐さなのでしょうか。いやーー、そう想像すると怖くなってくるシーンではありました。

緑色の薬のカプセル、紫の包み紙のチョコレート、全体的に暗めなトーンの映像に色を添える、小道具の色使いが印象的でした。
  1. 映画タイトル(アルファベット・数字)
  2. | trackback:1
  3. | comment:6
<<「夏への扉 キミのいる未来へ」 | top | 「プロミシング・ヤング・ウーマン」>>


comment

瞳さん、こんにちは!
おおー、新年早々、これらをご覧になったのね。
プロミシング・ヤング・ウーマンは私も見たんだけど、なんというか・・・。
感想書そのうち書いたらTBさせてね。

瞳さんの感想拝見したけど、そうなんだよね・・・
被害者側に100%肩入れしにくいというかさ・・・ もちろん加害者がイカンのは当然なんだけどね・・・

あっと、こちらの映画。
そうそう、ラストがね・・・。映画的には、最後のピリッと香辛料利かせる意味で入れたのかもしれんけど・・・微妙よね。後味良くない。

展開的には、そうそう変わった処とかはないんだけど、ハラハラドキドキ感があって、女優さん2人がとても上手だったよね。
  1. 2022/01/15(Sat) 08:29:04 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

こんばんは。
コメント&TBありがとう。

おお!!latifaさんも「プロミシング」観たのね~~!!
>なんというか・・・
わかるわ~~、その言葉だけで気持ち伝わってくるわ。
うんうん、そうなのよね、もちろん絶対加害者が悪いんだけど・・・なんというかいろいろ思ってしまったりするのよね。

本作のラスト、そうなの!映画的にはあのシーンで観客にええっ!!と思わせて締めたのかなと思うんだけれど、
あそこまで頑張った前向きなクロエちゃんのキャラからは、ちょっと離れてしまった気がして。

前に観た「ルイの9番目の人生」や「ユージュアルネイバー」を思い出しましたよ~。
予想どおりではあったけど、どうなるんだろうってハラハラしちゃったよね。見入ってしまったわ。
  1. 2022/01/15(Sat) 17:50:14 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

これはかなり近年の風潮に乗ったサスペンス・スリラーでした。
私は老けたサラ・ポールソンが痛くて怖くて、そっちの方がショッキングでした。
いくら因果応報とはいえ、親子でソレするか・・・と言うラストが今風なんですよね(爆汗)・・・。
  1. 2022/01/16(Sun) 00:04:11 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

おお!!ご覧になってましたか~!さすがです。
サラ・ポールソン!!若い時もご存じなんですね。
今ちょっと画像見てきたら・・・なるほど~!!キュートな写真がいっぱい出てきました!(^^)!

そうなんですよ~、今度は娘が・・・っていうあのラスト、怖かったですね。
  1. 2022/01/16(Sun) 15:14:23 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

リンクありがとう

瞳さん☆
愛情たっぷりに育てているだけにクロエも素直に育った訳だけど、だからこそ空恐ろしいですよね~?
映画では誘拐したけど、実際は実子なのでそれもびっくりでしたよ。ラストは確かに因果応報で後味が悪かったけど、実際の事件の様に母を殺して彼女が収監されるよりは良い結末だったかな…
  1. 2023/08/23(Wed) 09:41:04 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは。
実際の事件では実子だったんですか~!!ひぇ~~、なぜに!?さすがに映画ではそこは変えたんですね。
しかも娘さんが収監されてしまうとは・・・(>_<)
私映画のラストが納得いかない~~と不満でしたけど、実際のとおりだったら、もっとモヤモヤしてましたよ~~。
  1. 2023/08/24(Thu) 20:19:57 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1325-695a09fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「RUN/ラン」「ストックホルム・ペンシルヴァニア」ネタバレ感想 

監禁
  1. 2022/01/15(Sat) 08:20:20 |
  2. ポコアポコヤ 映画倉庫