fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「ゴヤ・マーダー」 :: 2021/12/14(Tue)

ゴヤ・マーダー

ブルーレイレコーダーが静かに壊れました
どのディクスを入れても読みこまない、でもただひとつ、読み込めたのが、ネットレンタルで借りていたこの『ゴヤ・マーダー』
おお~!ミステリアス・・・と思ったら、
修理にきてくれたエディオンさん曰く、レコーダーにはDVDとブルーレイディスクを読み取る2つの箇所があるのだとか。
ブルーレイを読み取る方が壊れたんですねと言われ、(うちにあるのはほぼブルーレイディスクだったけれどこれだけDVDでした)
「謎はすべて解けた!」(笑)

いや、笑ってる場合ではないのですが、HDは無事だし、PCでブルーレイディスクは観れるし、配信もあるしなぁ~と買い替えを保留にしようかなと思ったら
息子はいや、要る!買うわ!というので、お願いしちゃおうかな(ちゃっかり

・・・ということで、唯一観れた『ゴヤ・マーダー』の感想です(前置き長っ!)


2019年のスペイン映画。“スペイン映画界のオールスターが贈る衝撃のスパニッシュ・サスペンス”なんて書かれてて、気になっていました。

スペイン、マドリードの一角で不可思議な殺人事件が起こる。
名匠ゴヤの版画に模された遺体、不気味な仮面と漂白剤の臭い、猟奇的な事件の捜査に当たるのは、ベテラン警部補カルメンと、同じ部署に異動してまもないエヴァの2人。
カルメンの鋭くも型破りな捜査、トゲのある言葉の数々にコンビを組むエヴァは戸惑うのだが・・・、やがて事件は連続殺人となっていく。

絵画を模した連続殺人事件、模されたゴヤの版画のなんともいえない雰囲気や、コレクターたちの隠された真実、捜査する女性警部たちのキャラクターも独特で面白く観たのですが、う~ん、なにかもうひとつ物足りない感が・・・。

ゴヤの版画に見立てた殺人事件よりも、エキゾチックな風貌が魅力的なカルメン警部補の私生活?の方に比重がかかってたせい?
いや、確かにカルメン警部補は気になるキャラではありました。
満たされないような表情、とげとげしい態度、なぜ子供を嫌うのか、上司と不倫もすれば、マスコミ関係者の彼にはゾッコンな様子・・・、いったい彼女の過去には何があったのか?
明かされないままだったのが残念~~(>_<)
暴走しすぎではあったけれど、鋭い勘、熱意、最後あんなことになるのは酷すぎじゃ~~~
かたや、ショートカットが似合うエヴァ、カルメンと対照的なキャラを持ってきたのかな~、組織にちゃんと属して、子育てもして・・。けど、けど、肝心な時に全く電話が通じないし、ダメじゃんーーーーー!!!!
雰囲気的に北欧の『特捜部Q』の女性版的なものを感じたけれど、バディ感は程遠かったな~~、残念。

犯人の意図、版画を模した意味とかも・・・そこまではっきりとはされず、もう少し殺人事件の方に比重が欲しかった気がします。
あとスペイン男~!ハンサムだけどみんな、あんなに髭率高いのかしら~?一瞬暗いシーンでは間違えちゃうくらい

とはいえ、スペイン映画はとても好きなので、これからもチェックしまーす。
  1. 映画タイトル(か行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「私の町にも映画館があった」 | top | 「モンタナの目撃者」>>


comment

瞳さん☆
私「特捜部Q」が何しろ好きなので、ご紹介のこの映画も気になります。
スペイン映画っていうだけで何か雰囲気ありますよね。
ただ、謎が明かされないのか~~それはちょっとね・・・
  1. 2021/12/14(Tue) 11:35:19 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ノルウェ―まだ~むさん

こんばんは。
「特捜部Q」私も大好きです~!(^^)!わーー!嬉しいナ。
ず~~っとあのコンビで(ニコライ・リーとファレス)行って欲しかったので新作からキャストが変わったのが残念ですが、新しいコンビもどんな感じか気になります。

スペイン映画も面白いのいっぱいあるので、チェック怠らないようにしています(笑)
本作、カルメンがほとんど映画を引っ張ってくれたんですが・・・彼女の抱えるものが何だったのか分からないまま・・・しかもヒロインがあんな目に~~!という衝撃は大きかったです(>_<)そこはハリウッド映画なら絶対ない!と思いました。

  1. 2021/12/14(Tue) 19:33:38 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは。
アートを題材にした作品が好きですし
スペイン映画も好き、そしてミステリーも好きなので
とっても気になります。
ヒロインの名前がカルメンって、ちょっとべたすぎる?
と思いましたが、きっとスペインではポピュラーな
名前なのでしょうね。

ゴヤといえば裸のマハ、着衣のマハ。
ペネロペ・クルスを思い出します。
  1. 2021/12/16(Thu) 16:59:18 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんばんは。
アートを題材にした作品、私も大好きです。スペイン映画も好き、ミステリーも♡
わ~!まさにまさに一緒です、嬉しいな~!(^^)!

>ヒロインの名前がカルメンって、ちょっとべたすぎる?
ですよね~(笑)えっ!あなたも!?って思っちゃう。
きっとあちらでは多い名前なんでしょうネ。

>ゴヤといえば裸のマハ、着衣のマハ。
浮かびますよね~♪
ゴヤってその生涯も波乱に富んでいて、ミステリアスですよね。作風も画家自身も映画的題材の魅力に富んでいると思います。
  1. 2021/12/16(Thu) 20:37:39 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1317-331a228e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)