fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「モンタナの目撃者」 :: 2021/12/10(Fri)

モンタナの目撃者

森林消防隊員ハンナは、過去に風を読み違い、助けを求める子どもたちを救うことが出来なかった出来事から心にトラウマを抱える日々・・・。
ある日塔の上での監視中、父親を暗殺者に殺された少年コナーと偶然出会う。少年は父親が守り抜いた秘密を握る唯一の生存者として暗殺者に追われていた。
コナーを守り抜くと決意するハンナだが、2人の行く手には大規模な山林火災が立ちはだかり・・・!!


監督・脚本が『ウインド・リバー』のテイラー・シェルダンなので、これは絶対観ようと思っていました。
期待通り良かったですついていきたい(笑)監督さんがまたひとり増えて嬉しい

『ウインド・リバー』はどこまでも雪景色が広がる極寒の地、そして本作はモンタナという多くの山々と深い森林が広がる地、
人は住む場所と切っても切れない関係にある
美しいけれど、時には大きな脅威を持つ自然と向き合いながら生きる人々の姿を描いた監督の作品を観ると、そのことを強く感じます。
暗殺者に追われながら、加えて大火災にも向かわなければならない、サバイバルスリラーの軸となるのは、森林消防隊員ハンナと父を殺された少年コナー。

モンタナの目撃者3

アンジーが演じるハンナは過去を悔い、自分を責めて時には涙する・・という(これまで彼女が演じてきたような強くてアクションバリバリのヒロインではない)弱さも見せる女性。人間味あふれるひとりの女性の姿がとても自然、かつ、アンジーらしい魅力も加わって素敵でした。
彼女と行動をともにすることになるコナー役の彼の自然さもなんて素晴らしいんだろう。最後にはピンチの彼女を救う覚悟で戻ってきたシーンに胸が熱くなりました(>_<)
軸となる二人だけじゃなく、監督の作品は魅力的な人物が多いのも特徴ですよね。

モンタナの目撃者4

アリソンとイーサン夫婦、てっきりやられちゃう(>_<)と思ったアリソンの、あの強さ、逞しさが嬉しすぎる驚き!!
『ウインドリバー』でも短い出演ながら存在感が光ったジョン・バーンサル(イーサン)、監督作品の常連かな。結構カメレオン俳優だと思う、本作も良かったのに(またしても・・・

2人の暗殺者も冷酷ではあるけれど、雇われる身のやりきれなさのようなものも漂わせて、独特の存在感を放ちました。
モンタナの目撃者2

ニコラス・ホルト君は『マッド・ガンズ』で気づいたけれど、ダークな役もさらり~と演じ切っちゃうよね!!

ハンナが少年をただただ守る存在としてではなく、相棒と呼び、的確な指示で導いていく・・・そういう部分もすごく新鮮に感じました。だからこそ、少年もまた、彼女のピンチに戻ってきた!!
それがまた、ラストシーンでの「これから僕はどうなるんだろう」という心細げな少年の言葉に「一緒に考えましょう」という言葉に繋がっているようで・・・こういうキャラのブレの無さも観ていて本当に気持ちのいいものでした。

プライムで視聴したんだけれど、エンドロールのあとに特典が付いていて・・・、あの森林火災のシーンは、(撮影はニューメキシコ州)不良な木々をわざわざ植えて疑似森を作って撮影したとか!!!なるほどの迫力でした。

なにげないシーンでとても心に残ったシーンがあります。
コナー少年が父親と(モンタナに向かう道中)草原で一頭の馬と出会い、触れ合う場面。街からやってきて、おそらく初めて自然なものに触れるシーンで、馬が暴れるんじゃないかと危惧して離れるようにいう父と対照的に大丈夫だよ・・・と見せた少年の柔軟さ。

大火災や暗殺者から追われる、ハラハラ熱くなる展開の面白さに引き込まれましたが、この時の美しくて穏やかな風景も不思議と心に残る、そういうところも監督の作品の魅力かな~と感じました。
  1. アマゾンプライム
  2. | trackback:1
  3. | comment:8
<<「ゴヤ・マーダー」 | top | 劇場版「きのう何食べた?」>>


comment

瞳さん☆
さすが「ウインドリバー」の監督ですね。
大自然の過酷さと美しさ、偉大さを存分に表現出来ていたと思います。
アンジーと少年の関係性も良かったですよね。ただ子供を守るというのではなく、彼がこの過酷な状況下でぐっと成長を遂げ、男としてバディとして彼女を守ろうとする姿が、その後の「一緒に考えましょう」に繋がっていったのだと思います。
ジョン・バーサルは色々な映画に登場するのに、なかなか大きい役がなくて、しかも悪役も多いから実はひっそり心を痛めていたのです。今回とってもいい人で本当に良かったです。
  1. 2021/12/11(Sat) 21:50:46 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんばんは。
テイラー・シェルダン、私もついていきたい監督さんです。^^
本作、娯楽作としてのはらはらドキドキを持ち合わせつつも
人間ドラマとしてすばらしい作品でした。
大自然の驚異と、そこで生きる人々の力強さが描かれているのも
この監督さんならではだなーと思います。
主演のアンジーはもちろん魅力的ですが
脇を固める俳優たちひとりひとりがすばらしかった。
ホルト君の悪役も含めてね。(^_-)-☆

馬のシーン、あら、私ったらすっかり忘れてしまってるみたい。
もう一度見たくなっちゃいました。
  1. 2021/12/11(Sat) 22:00:44 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

これはとっ散らかった展開をうまくまとめたなと。
みなさんおっしゃる通り、監督さんがうまいですよね。
各人が自分の流儀にこだわって行動するという展開もおもしろかったです。やはりアンジーは魅力ありますわ。
  1. 2021/12/11(Sat) 23:40:20 |
  2. URL |
  3. ゾンビマン #-
  4. [ 編集 ]

>ノルウェ―まだ~むさん

こちらにもコメントありがとうございます。
>ただ子供を守るというのではなく、彼がこの過酷な状況下でぐっと成長を遂げ、男としてバディとして彼女を守ろうとする姿が、その後の「一緒に考えましょう」に繋がっていったのだと思います。

全く同感です~!!きっと二人はこの先もいい関係でつながっているんだと想像させられましたよね。

ジョン・バーンサル、よくご存じなんですね!!
私は最初に気づいたのが「ウォーキングデッド」だったので、あの役のイメージだったのですが(あの役もちょっと損な役でしたね)いろんな作品に出てますよね!!
「パニッシャー」が気になってます、ご覧になってますか?
「ウインドリバー」と本作では(最後は辛いけど)いい役でしたね。
  1. 2021/12/12(Sun) 14:33:01 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんにちは。
そちらで拝見して、これは絶対観ようと決めていました(*^-^*)とても良かったです。

そうなんですよね、ドラマ部分に感動しつつ、でもシンプルにとても面白いんですよね、そこが上手いなあと思います。
前作もそうでしたが、大自然の厳しさ、そこで生きる人々の力強さ、次はどんな作品に挑戦されるのかな?楽しみな監督さんですね。

キャスト、みんな良かったですネ。
ホルトくんは、ほんとすんなり~クールに悪いヤツも上手いです(笑)

馬のシーン、なにげないようなああいうシーンがあることで、後のハラハラドキドキがすごく生きるような気がしました。
本作再見しても絶対面白い作品だと思います(*^-^*)
  1. 2021/12/12(Sun) 14:38:14 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

>ゾンビマンさん

こんにちは。
>各人が自分の流儀にこだわって行動するという展開

そうでしたね!アリソンとハンナも別々でしたし・・・。
そこまで絡まないんですが、見事にまとまっていました。
アンジー、久々でしたが魅力的でとても良かったです。相変わらず細い~!!!(^^)!

  1. 2021/12/12(Sun) 14:42:32 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。
迫力ある映像とサスペンス仕立ての中、人と人との繋がりをしみじみと感じさせてくれた良作だったと思います。

森林火災、疑似森を作ったんですねぇ!
こういう情報って嬉しいです。ありがとうございます!
  1. 2021/12/14(Tue) 10:28:49 |
  2. URL |
  3. ここなつ #/qX1gsKM
  4. [ 編集 ]

>ここなつさん

こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

上手いですよね~!監督!!面白さと人間ドラマをしみじみ見せる手腕が冴えてますね。

そうなんです!疑似森、それもわざわざ不良な木を選んで植えて・・という、環境に配慮したこだわりがすごいですね。
CGも少しは使ってあるそうなのですが、監督は自然の光を見せたい、撮りたいということもこだわったと語っていらっしゃいました。
  1. 2021/12/14(Tue) 19:26:02 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1316-423389b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「モンタナの目撃者」

良い作品だった。佳作。流石に「ボーダーライン」「ウィンド・リバー」のテイラー・シェリダンの監督・脚本作品である。血も涙もない組織に父親を目の前で殺され、自分も命を狙われた少年が、父親から託された悪を暴く証拠を手に、たった一人でモンタナの地を逃げ惑う。それを、モンタナの警察官とファイヤーレスキューの女性が命懸けで守ろうとする展開だ。作品の構成が良い。心にトラウマを持つ者同士が、それまで接するこ...
  1. 2021/12/14(Tue) 10:26:17 |
  2. ここなつ映画レビュー