fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「マティアス&マキシム」 :: 2021/05/24(Mon)

マティアスマキシム

マティアスとマキシムは、友人のパーティである短編映画の撮影に参加することになり、そこでキスシーンを演じることになってしまう。
幼なじみである二人、婚約者のいるマティアスは、自分の中に目覚めた親友へのこれまでとは違う感情に戸惑いを隠しきれない。
一方、マキシムも思いを告げぬままオーストラリアへ旅立つ準備をしていた。
別れが目前に迫る中、本当の思いを確かめようとするマティアスとマキシムだったが……。


ドラン監督作品、『たかが世界の終わり』(好きです)以来でした。
マティアス&マキシム・・・M&M、チョコではありませんいや、最初ちょっとどっちがどっちがよく分かりませんでした。愛称で呼んでるのでよけい。
そして、観る前は二人、もっと若い年かな?と勝手に思っていたのですが30歳という設定・・・本作中マキシムを演じる監督自身の年齢に近く合わせたのかしら?
舞台もカナダのケベックですし(フランス語と英語の使い分けについてもすごく現地っぽさが出ていました)実際の友人たちも出演されていたとか。監督自身により近い距離の作品という感じを受けました。

映画撮影でのキスシーンがきっかけで・・・ということですが、二人はもう長く親友であったわけなので“好き”という感情はずっと持ってたと思うのだけれど、友だちとして好きというというのとは違う空気感、うっすら気づいていた気持ちに確信を得てしまう・・・それがあの瞬間だったのかもしれません。
この時、いったいどんなキスシーンだったのか、その場で見せないところがニクイ。
そして、このシーン以降、意外にも二人が二人っきりでいるシーンがとても少ないこと、互いに別々だったり、友人や家族、大勢の中での二人の様子を見せたり。
もっと若い世代(友人の妹のように)だったら、時間や距離をおかずにすぐにぶつかり合ったり、そこまで悶々とすることなく二人で話したりしたんじゃないかな~とも思われて、
なるほどの30歳設定なのかも・・・・と頷けたりしました。長く一緒にいすぎた仲ゆえの驚き、そしてなんで今さらこういう風になってしまったのかという戸惑い。

MM.jpg

ともに一緒に青春を過ごしてきた親友・・・長ければ長いほど、揺らぎ始めた気持ちをどうしたらいいのか分からない。自分自身を持て余してしまう、そうした繊細な想いがとても丁寧に描かれていて、それが時にはすごく苦いものになってしまう(痣をののしってしまったり (>_<))。
婚約者もいてエリートコースをたどっているマティアスのうろたえっぷり、彼自身よりも婚約者サラの方がピン!ときてしまう・・・けれど問いただしたりはしない、パーティーに参加するよう勧める彼女はとても素敵な人でした。

ドラン監督作品には欠かせない・・・母と息子の葛藤もやっぱりしっかりありましたネ。
それにしても酷すぎんか!?マキシムの母(アンヌ・ドルヴァルって最初わかりませんでした)、それだけによけいに叔母さんやマティアスの母との仲の良さにホッとしました。
友人たちとのパーティーでの騒ぎっぷりや飛び交う会話、このあたりは青春もの~!!って感じで、友人たちのキャラも良かったナ~。

2人が二人っきりになるシーンがほとんど無かった・・・・と書きましたが、だからこそ、あの情熱的なシーンによりドキドキしてしまいましたよ~
降り出した雨、洗濯ものをあわてて取り込むちょっとコミカル?な人々を映したかと思うと・・・隣の窓からは重なる二人が見える

やがて・・・・・・オーストラリアへとマキシムが向かう日・・・、あのラストシーンに思わず!!あぁ~~~!こちらもか~~
2人がこれからどうするのか?どうなるのか?またしても(『アンモナイトの目覚め』と同じく 笑)想像させられるラストシーンでした。

でも、こちらは笑顔だったな~(*^-^*)


・・・・・ところで、マティアスのお母さん自慢の“ミートソース バーガー”いったいどんなバーガー!?
めちゃめちゃ気になります~~(笑)
  1. 映画タイトル(ま行)
  2. | trackback:2
  3. | comment:8
<<プライムで観た映画♪ | top | 「アンモナイトの目覚め」>>


comment

瞳さん、こんばんは。
ドラン監督の「たかが世界の終わり」私も好きです~♪
本作も、ドラン監督の一貫したテーマが貫かれていて
らしい~作品でしたね。
彼らの騒ぎっぷりがまさに青春! 私も大学生くらいかな~?
と思っていたら、え?30? それにしてはちょっと子どもっぽいのでは?
と母目線で思ってしまいました。^^;
是非彼らには遠距離恋愛を貫いてほしいです。
  1. 2021/05/24(Mon) 22:24:29 |
  2. URL |
  3. セレンディピティ #.usTzc9U
  4. [ 編集 ]

>セレンディピティさん

こんにちは。
おお!セレンディピティさんも「たかが世界の終わり」お好きなのですね♡
家族たちの会話から見えるさまざまなもの・・・、主役のウリエルくんもとても良くて好きな作品です。

本作もまさに監督らしい作品でしたね。

>私も大学生くらいかな~?
そうそう、そうなんですよ、私もそのくらいの設定なのかと思っていました。
母目線!観てしまいますよね。なので、マキシムに優しくしてあげるマティアスのお母さんの気持ちがすごく分かります。

彼らの今後・・・、二人には7歳からの絆がありますから(あの絵を見た時の表情良かったですね)簡単には切れるものではないよね!とそれは確信出来ますね。
  1. 2021/05/25(Tue) 14:36:44 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。
切ない気持ちにさせてくれる良い作品だったと思います。
監督の感情を反映させるためにもこのくらいの年齢設定が良かったのかな?
ドラン監督の作品は最初に観たのが「トム・アット・ザ・ファーム」で、それ以来どれもみんな好きですが、本作もとても心に残る作品でした。
私も「たかが世界の終わり」好きです~。
  1. 2021/05/26(Wed) 16:33:55 |
  2. URL |
  3. ここなつ #/qX1gsKM
  4. [ 編集 ]

>ここなつさん

こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

>監督の感情を反映させるためにもこのくらいの年齢設定が良かったのかな?
そうですね!私もそう感じました。
彼らより若い世代(友人の妹のような)なら、もう少し軽く?受け止められたかも?
彼らの年代ならではの切なさがありましたね。

おお!最初に観られたのが「トム・アット・ザ・ファーム」だったのですね。
実は私「トム~」は未見です。ぜひ観てみなくては。
「たかが世界の終わり」ここなつさんもお好きなのね♡嬉しいです。


  1. 2021/05/27(Thu) 19:48:26 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん、こんにちは!
男の子たちのワチャワチャとか、おばちゃん軍団のにぎやかさ、私は精神状態に余裕が無かったせいか?ちょっとうるさく感じちゃったのよね・・・
だから前半はキツイなあ・・って感じで見てたけど、中盤以降は面白く見れたわ。

あの友人たちのその後も気になるなあー。
オーストラリアに行ってから、どんな人生を歩むのかでも、老年になってからの2人の関係も変わって来るだろうね。
  1. 2021/10/02(Sat) 10:06:24 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

こんにちは。
うんうん、男子たち、結構賑やかだったものね~、
パーティーでもちょっとしたゲームをやったり、会話も飛び交ってたし。
そういう友だちから・・・あれ?ちょっと違う気持ち?に気づいたあたりの戸惑いが監督らしい繊細さで描かれて良かったわ。

そうそう、二人のその後が気になる~~!!
子供の頃のあの絵を見ていたしね、ラストシーンも笑顔だったし、きっと二人はその後も・・・と思わせる(願わせる)ラストだったわ。

TBいつもありがとう。あとで伺いまーす。
  1. 2021/10/02(Sat) 11:32:44 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

瞳さん☆
リンク貼ってくださってありがとうございます。
幼い時から一緒でずっと好きだったはずなのに~って思いましたよね。学生の時に一度キスしたって言ってたし・・・その時はどうだったのでしょう?
案外、親友だからこそ仲間といっしょだったからこそ、その関係を超えて恋人になる選択は躊躇われていたのでしょうね。とはいえ、周りの友達の方がちゃんとわかってるって感じでしたね☆
婚約者はピンときてしまって、マティアスの背中を押したけど、どの後はどうする気だったのかなとちょっと心配になりました。
そうそう、リンクと言えば「ドライブ・マイ・カー」もURLにリンクを貼ってありますので良かったら見てくださいませ☆
  1. 2022/04/24(Sun) 15:01:27 |
  2. URL |
  3. ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  4. [ 編集 ]

>ノルウェ―まだ~むさん

こんにちは。
感想読みに来てくださってありがとうございます。

>案外、親友だからこそ仲間といっしょだったからこそ、その関係を超えて恋人になる選択は躊躇われていたのでしょうね。
私もそう思います!!男性と女性の間でも幼なじみとかだとそういう関係から一歩踏み出すのっていろいろあると思うので、なおさらでしょうね!!
大切な親友だからこそ、その関係が壊れるのを恐れますよね。
婚約者さん、そうですよね~。彼女自身もこのままだとモヤモヤを抱えたままになりそうで嫌だったのかな。

「ドライブマイカー」もリンク貼ってくださってたんですね♡ありがとうございます。
伺いますね~(*^-^*)
  1. 2022/04/24(Sun) 15:19:52 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1269-f70390db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マティアス&マキシム」

これは珠玉の青春譚だ。監督がグザヴィエ・ドランであることがバイヤスをかけてくる可能性はある。だが、それとても母子関係や性同一性の問題が要所をまとめるに過ぎない。「過ぎない」と書いてしまえる位に、単純に青春譚なのだ。誰でも背負う家族関係や、自分では制御の効かない恋心を描いた青春譚なのである。学生時代の仲間たちが別荘に集まってわちゃわちゃやるのも素敵だし、パーティーの風景やその中でのメンバーの立...
  1. 2021/05/26(Wed) 16:29:01 |
  2. ここなつ映画レビュー

「MISS ミス・フランスになりたい!」「マティアス&マキシム」「レ・ミゼラブル」「イゴールの約束」ネタバレ感想

このところ見たフランス映画4本
  1. 2021/10/02(Sat) 09:58:13 |
  2. ポコアポコヤ 映画倉庫