fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




年の瀬、WOWOWで観た映画 :: 2020/12/27(Sun)

tea4_convert_20201227220703.jpg

いよいよ年の瀬ですネ。
大掃除ではなく、小掃除しかしていませんが、ま!いいでしょう
とにかく、健康でお正月を迎えることができたらそれで良し(*^-^*)
WOWOWで鑑賞した作品3つ、なんとかUP間に合いました♪

『家族にサルーテ イスキア島は大騒動』
『リズムセクション』
『THEINFOMER 三秒間の死角』



サルーテ

“美しい島から届いた、大人のためのイタリアン・コメディ”とありますが・・・・、いやいや~~、コメディと言えるのか・・・(>_<)笑えないなかななのビターっぷりでした。
美しい景観で知られるイタリアのイスキア島に、結婚50周年の金婚式を迎えたピエトロ&アルバ夫妻を祝うため、親戚一同19人が集まるのですが、楽しく盛り上がった食事も終わり、さあ、それぞれの家に帰ろうとしたところで海が荒れ、フェリーが欠航。
二晩を同じ屋根の下で過ごしたら・・・・まあ!出るわ、出るわ、浮気に介護に嫉妬にお金の問題、海どころでない、家族たちは大荒れになってしまうという!!

二晩なんですけど・・・つまり3日一緒にいたら、ここまでさまざまなことが暴露されてしまう・・・、オープンなお国柄というか、なんともみんな激しかった~~(>_<)
キスしあい、抱擁しあう久しぶりの家族の集まり、楽しく食事してピアノに合わせて歌で盛り上がって・・!楽しかったうちは良かったけれど、雪崩のように怒りや、不満が爆発していく~~、家族とはいえ、ここまで感情を出せるのはやはりお国柄なんでしょうネ、日本映画じゃありえない。
人数が多くて誰が誰の・・・という関係性が最初はピンとこなかったのに、観ているうちにちゃ~んと解ってくるんですよ。
修復不可能な夫婦あり、かと思えば、これから愛をはぐくむであろう若者たちもいる、皆が帰ったあと(いろいろあったけれど)50年連れ添った夫婦がやれやれ~と自分たちの時間を過ごそうとする姿も見える、いろんな味を噛みしめた映画でした。


リズムセクション

飛行機事故で家族を失い、生きる気力を失い自堕落な生活を送っていたステファニー。そんなある日、飛行機事故はある人物によって仕組まれたものだと知った彼女は、元M16の謎の人物の元猛特訓を積み、復讐を果たしていく・・・・。
かなり無理ある設定ですよ~~、いやーー、いくら特訓を積んでも1年足らずでテロリストたちと戦おうだなんてネ。家族も決してそんなの望んでない・・・と観ていて何度も思ってしまうし。

なんですが、元M16の“B”(ジュード・ロウ)との特訓もある意味めちゃくちゃぶりが普通じゃなかったところが面白いし、
実践?に出てもスマートに敵と戦うことなど無理・・な、戦闘ぶりが妙にリアルなところも強烈でした。特にカーチェイスは、普通の人が敵に追われたらそりゃこんな風にパニックだよねと思う尋常じゃないハラハラっぷりが凄かった、まるで一緒に乗ってるかのように酔いそうになりました。

そしてブレイク・ライブリー。ぼさぼさ頭で傷だらけという美女のかけらも見えないようなはじまり、ここまで汚れ役の彼女が見れるとは!!でもねーー、やっぱり綺麗なのダ。ショートカットも似合う、似合う~~
ジュード・ロウのうさん臭さも良かったデス!(^^)!


三秒間の死角
刑務所で服役中だったピートは、自由の身と引き換えにFBIの情報屋として極秘裏に捜査協力することになり、最後の任務として麻薬組織への潜入を任される。
だが、思いがけないことからFBIに裏切られ、あげくは、FBI、マフィア、NY市警、囚人たち、すべての組織から命を狙われる危機的状況におちいってしまう。

北欧イケメン、ジョエル・キナマン見たさに鑑賞~(笑)あぁ、本作でも男前やったーーー
共演もロザムンド・パイク、クライブ・オーウェン、アナ・デ・アルマスまで出てましたよーー、何気に豪華じゃないですの。

組織や登場人物たちの人間関係が複雑な上に、先の展開が読めないハラハラ度、緊迫感ありました。
裏切りに次ぐ裏切り、(>_<)孤立無援の戦いっぷり・・・、立ち去る背中が切なすぎるラスト・・・、これは続編作るってこと!?ぜひお願いしますワ。

  1. WOWOW鑑賞作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<瞳の勝手にCinema賞 2020年 | top | クリスティーイヤー>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1238-877ca2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)