FC2ブログ

Slow Dream

映画や本とのめぐり合いをひとつひとつを大切にしたい。




月イチ★クラシック「バウンド」 :: 2018/10/09(Tue)

バウンド映画

出所したばかりのコーキー(ジーナ・ガーション)は、マフィアのビアンキーニからシカゴのアパートの内装と配管工事を任されていた。
ある日、エレベーターで組織のマネーロンダリングを受け持つシーザー(ジョー・パントリアーノ)とその情婦ヴァイオレット(ジェニファー・ティリー)と出会う。
ヴァイオレットの妖艶な視線に思わず笑みを浮かべるコーキー。

互いの想いを確認した二人は、会計士シェリーが横領した200万ドルを横取りしようと計画するのだが・・・・!!



1996年のアメリカ映画。
この後に『マトリックス』シリーズを監督するアンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー(ウォシャウスキー兄弟)の初監督作品です。

実は何度も観ています(笑)
『マトリックス』シリーズよりもこちらの方が好き

初めて観たのはいつだったっけ?
コーキーとヴァイオレットの激しいラブシーンにそりゃあもう!!ビックリ
いまだにドキドキしますが(笑)
そして、短髪、ボーイッシュなのに・・・アヒル口!!というトンデモナイ魅力的の、ジーナ・ガーションにノックアウトされました
いや、この映画を観て彼女にやられん人はいないよね
タンクトップに作業ズボンで・・・なんであんなにカッコいいのかーーーー!!


バウンド2

冒頭、エレベーターの中でかわす視線・・・、もうーー!!ここだけで、何かが起きる感!!にドギマギする~、心鷲づかみにされる名シーン。

女性二人がマフィアを相手取って大金をくすねようという・・・トンデモナイ計画を立てるだけでもハラハラですが、
マフィアもクセモノ揃い、完璧なはずの計画にほころびが出てさて二人は・・・ドウナル?どうなる~!?
監督らしさ溢れるスタイリッシュなクライムサスペンスな上に、この強烈なキャラクター。

今回初めて気づいたんだけれど、ヴァイオレット役のジェニファー・ティリーの方がコーキーより背が高い!!
毎回ジーナ・ガーションに見惚れるけれど(もちろん今回も)、久々に見返して、ヴァイオレットの強烈さにもやられちゃったな(笑)

コーキーのボーイッシュさの真反対のような、女らしさ全開!の彼女の妖艶さと、あのねっとり~~~した喋り方が今も耳に・・・
後半、意外にもコーキーに代わって(マフィア相手に)大芝居をうち続けるヴァイオレットの存在感もスゴイ。

血の付いたお札を洗って干すシーンや、こぼれて流れる白いペンキ・・・・、
コーキーとヴァイオレットがアパートの部屋の壁越し(壁紙の模様もおぼえてる!)に合図を送る場面、
観るたびに、そうそう、コレコレ!!と頷くシーンがいっぱい。

女性二人をとにかく応援しちゃう映画なんだけど、
速攻やられちゃう?と思ったシーザーが結構粘って健闘!するので・・・(何度も観て結末がわかっているのに)ハラハラと見入ってしまう面白さ。
今回もたっぷり楽しめました♪

また・・・・何年か後に見返そう(笑)
きっとまたジーナ・ガーション、カッコイイーーーーー!!と叫ぶに違いない

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<「ローズの秘密の頁(ページ)」 | top | 「マイ ビューティフル ガーデン」>>


comment

あら〜懐かしい。
『マイ・ビューティフル・ランドレット』と並んで、同性同士のいきなりのラブシーンにびっくりした映画として脳内分類されてます(笑)

ジーナ・ガーション、元祖アヒル口女優と言われてるんですね。
うん、すごくキュートでかっこいい女の子という記憶があります。
クライムサスペンスの部分はすっかり忘れてしまった。久しぶりに見てみたくなりました。

お気に入りの映画って、何回見ても面白くて、ストーリーが分かってても、同じところでドキドキしちゃいますね〜。
  1. 2018/10/09(Tue) 23:24:49 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>tontonさん

こんにちは。
懐かしいでしょう~!(^^)!
おおーーーー!!『マイ・ビューティフル・ランドレット』!!こちらも懐かしいーー。
ダニエルデイルイスが若かったーーーー、あちらのラブシーンもビックリでした。

元祖アヒル口女優~(笑)そうでしたねーー。
私、ボーイッシュで短髪の似合う女性って大好きなんですよ。
なので、この作品の彼女はドストライク(笑)
他の作品ではロングヘアーでゴージャスな雰囲気も醸し出してましたっけ。
この作品で俄然注目したのですが、今でもとっても素敵に年を重ねててイイ女です!!(笑)

そうなんですよ~!!
何度観ても分かってても面白い♪
それこそ、自分にとってのクラシック映画ですね。
  1. 2018/10/10(Wed) 17:07:37 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1067-5b28ef6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)