FC2ブログ

Slow Dream

映画や本とのめぐり合いをひとつひとつを大切にしたい。




「ベロニカとの記憶」 :: 2018/09/28(Fri)

ベロニカとの記憶

妻とは離婚、60歳を過ぎ年金生活のかたわら小さなカメラ店を営むトニーのもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。

そこには40年前に別れた初恋の女性ベロニカの母親が死後、トニーにある品物を遺した・・・と記されていた。
それは学生時代の親友の日記・・・。
なぜ彼の日記をベロニカの母が持っていたのか?
そしてトニーに遺されたというその日記をベロニカが渡すことを拒んでいるという。

思いもよらなかった遺品から、トニーは忘れていた青春時代の記憶が呼び覚まされていくのだった・・・・。



シャーロット・ランプリングが出てる・・・・知っていたのはそれだけ。
それだけにいろいろなことに驚かされた作品でした。

今はもう60歳を過ぎた男性の、青春時代の思い出がひも解かれていく中で、それは思ってもみなかった展開を迎え、
やがて驚きの秘密が明らかになる・・・!!
もちろん、40年ぶりに知ったその秘密には驚かされたのだけれど(ベロニカの母が登場した時から少~し、そういうムードが流れていたとはいえ)
もっと心が揺さぶられたのは、トニーが思い出す青春時代の記憶が・・・・映画が進むにつれ、まるで秘密のベールを脱ぐかのように少しづつ違う姿を見せていったこと。

学生時代の歴史の授業、友人たち、
クールで秘密めいた初恋の女性ベロニカ、何度も描かれる彼女との最初の出会い、
実家へ招かれた日、魅力的な母親・・・、

若き日のトニー

若き日のトニー、ビリー・ハウル素敵じゃないですの

ノスタルジーを誘う彼らの学生時代がとても魅力的な反面、
トニーの思い出を聞く元奥さんの・・・どこか冷めた態度!?や
(今の)トニーの、なにかこう、他人の気持ちを考慮するよりも自分が知りたいものを抑えきれないようにグイグイ行っちゃうところにひいちゃう気持ち。
少しづつ生まれる違和感・・・・。

こうであってほしかった、こうありたかった・・・、トニーの願望の入った初恋の思い出は甘く、感傷的。
だからこそ、とても魅力的だけれど、しだい、しだいに記憶はその姿を変えていく・・・。

トニーが送った本当の手紙・・・・あのシーンは衝撃的でした!!


初恋の記憶が、揺らぎだす。


このコピー、唸っちゃうな!!


若かりし気時代への甘い思い出、感傷をこめて綴られた記憶・・・・
あぁ~!!年取ってイヤな記憶を抱えて生きるよりいいのではないか!!そもそも、思い出ってそんなものでは?などとやわな私は思ってしまうのだけれど・・・、
自分の中だけで秘めておくべきその都合のいい思い出を語ったり(元奥さんも見抜いてたし)
強引にベロニカと会ったりするトニー
やがて知る、自分が手繰り寄せた真実の・・・・苦さ。

「やっぱりあなたはわかっていなかった。でも、いつでもそうだった。」
どんな女優さんに言われるよりも、シャーロット・ランプリングにあの眼差しで言われると・・・重い!!
ジム・ブロードベントの愚鈍?さ、ハリエット・ウォルター演じる元妻マーガレット、なんと絶妙な俳優陣!!

自分も都合のいい記憶しかないのではないか・・・とか、傷ついたと思ってたことが実は相手を傷つけていたのでは?・・・と、
観終わってからもいろんな思いが頭を舞ってしまう。
静かながらも心揺さぶられる作品でした。

それでも、自分の至らなさを認め元妻に謝ったり、ぞんざいにしていた郵便配達夫に優しく接するようになったトニーの変化をみせる・・・希望あるラストに救われます。


原作は、ジュリアン・バーンズ・「終わりの感覚」
気になります。読みごたえありそう~~。

  1. 映画タイトル(な行)
  2. | trackback:1
  3. | comment:4
<<「マイ ビューティフル ガーデン」 | top | WOWOW映画>>


comment

瞳さん、こんにちは!
台風が近づいてるねえー。
今回は被害少ないと良いんだけど・・

>シャーロット・ランプリングが出てる・・・・知っていたのはそれだけ。
笑--私もそうだったの。
でも、なんか面白そうだな、と思って、見たの。

記憶ね、曖昧になっちゃうよねー。
昔の友達とかと会って話したら、自分の記憶違いだったってことあるしね。
  1. 2018/09/29(Sat) 15:52:39 |
  2. URL |
  3. latifa #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

>latifaさん

台風、すごい風だったーーーー!!
そちらは大丈夫だったかな。

25号が追いかけるように来てる~!!今度は曲がってこないようにお願いしたいーーー!!

latifaさんもシャーロットさまだけ、チェックだったのね(笑)
思ったより出番は少なかったけど、さすが!だったよね。

記憶、そうそう子どもと昔の話をした時とか、違ってたりして「あれ?そうだった!?」ってなるときが(>_<)
都合いいように覚えてたりする~。
  1. 2018/10/01(Mon) 14:05:37 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

お邪魔します~~
私は、若い日のトニーがみたくてレンタルしたわけだけれど
あの真実には驚いたわ~~。
トニー、あんな手紙はダメだよ(笑)
ベロニカ家庭も結構、個性的な面々だったから
付き合っていくのは大変だったかもしれないけれど。
<自分も都合のいい記憶しかないのではないか・>
う~~ん、最近こういうのわかるわって感じ。
とくに初恋は美化したいわ♪

あ・・・私もローズ~~の作品みたい★
レンタル始まったのね。ネタバレはスルーしたけれど
やっぱりあまり期待はしない方がよいかな(笑)
  1. 2018/10/16(Tue) 14:22:01 |
  2. URL |
  3. みみこ #zQHIT1rU
  4. [ 編集 ]

>みみこさん

こちらにもコメントありがとう♪
みみこさんは若き日のトニー、ビリー・ハウル!知ってたのね。
私はお初だったんだけど、素敵だったなぁ。雰囲気とかすごく好き。
なので思わず彼寄りに観てしまったから・・・本当の手紙には驚いたわ。
出さないでーー!!って思わず思っちゃった。
確かにベロニカの家庭は、超個性的だったよね。お兄さんもだし、ママ・・・・!!

>う~~ん、最近こういうのわかるわって感じ。
とくに初恋は美化したいわ♪

かなり前の記憶なんて・・・思い返すたびに美化してるんじゃないか!?とか思っちゃう。
だってやっぱりいい感じに覚えておきたいよね・・・(苦笑)

「ローズの秘密の頁」
英国イケメン出てまーす(笑)
ローズのファッションがとっても素敵で、ルーニー・マーラが綺麗だったわ。
ああいう時代だったんだろうなあ・・・と腹が立ちつつ、でも救われるラストで良かったです。
  1. 2018/10/17(Wed) 20:19:57 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1065-ac886709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベロニカとの記憶

ベロニカとの記憶(2017) THE SENSE OF AN ENDING 上映時間 108分 製作国 イギリス 監督: リテーシュ・バトラ 製作: デヴィッド・M・トンプソン エド・ルービン 製作総指揮: ベン・ブラウニング アーロン・ライダー グレン・バスナー ミラン・ポペルカ ノーマン・メリー クリスティーン・ラン...
  1. 2018/10/16(Tue) 14:25:27 |
  2. ちょっとお話