FC2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「ルイの9番目の人生」 :: 2018/09/18(Tue)

ルイの9番目の人生

サンフランシスコの海辺の崖から転落したひとりの子供が、病院に救急搬送された。
その少年ルイ・ドラックス(エイダン・ロングワース)は生体反応がなく、一度は死亡が確認されたが、遺体安置室で奇跡的に蘇生。しかし全身にむごたらしい大ケガを負っており、昏睡状態に陥ってしまう。
著名な小児神経科医アラン・パスカル(ジェイミー・ドーナン)がルイの担当医として外部から招かれるが、この愛くるしい容姿の少年にはいくつもの謎があった。
                     <公式サイト ストーリーより>




9年間で9度死にかけた少年・・・・をめぐるミステリー
心理サスペンス❔いやいや、ダークファンタジーっぽいところもあり・・・・、なんとも説明しがたい不思議な雰囲気の作品でした。
でもすごく好きです。

幼いころから数々の事故や病気にあってきた少年ルイ、息子を強く愛する母親ナタリー、血のつながらない父親ピーター。
9歳の誕生日、久しぶりに3人で出かけたピクニックで、高い崖から落ちたルイは昏睡状態で発見されるが、父親は行方不明・・・。
いったい何があったのか?
そして、なぜこれほどまでに9歳の少年が何度も死にかけるような目に会うのか・・・。

ルイ

ルイ役のエイダン・ロングワース君、いったいどこからこんな少年を連れてきたんだろう~!!って思うくらい、この役にピッタリ
どこか普通の少年とは違うような大人びた表情を見せたり、セラピストとの会話ではドキ!とさせるようなことを言ったり(処分権)、これまでの出来事が彼に諦め?のようなものを与えているかのよう・・・に見えたりして。

ルイの9番目の人生3

ナタリーはサラ・ガドン。美しいよね~『アンチヴァイラル』の時にも思ったけれど、どこかアイコン的な美貌、
世の男性たちの目を引き付けずにはいられない。
ましてや息子ルイがこんな状況、悲しむ彼女を守ってあげなきゃいけない!!
悲しみにくれる美貌の女性、パスカル先生も彼女の魅力にあらがえなかった~~!!

反して・・・映画に登場する女性たちの厳しい目!!同性ならではのやっかみ?だけじゃありませんーーー。
中盤以降、「もしや!?」と感づいた人多いんじゃないかしら。

ルイの9番目の人生2

このシーンのあとの、ルイの一瞬の覚醒!!もうドッキリーーーーー、ビックリ―!!でしたよ。
(登場は優しく緑、ラブシーンでは赤、そして驚きの真相が明かされるシーンでは黒のニット、彼女のファッションも意味ありげに感じられたりしました)

子どもって、親が思っているよりもずっと!!!大人の気持ち、わかっているから
親は隠しているつもりでも・・・伝わるものがあるんだろうなあと思うと、
そしてその親の気持ちがたとえ間違ったものでも受け入れようとまでするんだ・・・と思うとなんとも切なすぎる~~(涙)


パパと・・・

パパ、ありがとう
血は繋がってないけれど、繋がってないぶん、ルイとナタリーの強すぎる結びつきを心配することができたのかな。
深い愛情・・・・涙だわ。

まさか後半に、あの(ちょっと大丈夫かい!?って思った)セラピー先生が再登場するとは思いませんでしたヨ。
そして催眠術となーーー

生まれて9度目の!!新しい目覚め、ラストシーンに思わず眼がしら押さえました(涙)
今度こそ、何の重荷も感じずに、自分らしく、自由に生きて欲しい!!


41KQwRrz6LL.jpg

原作が読みたい~~!!
でも絶版でした、図書館でも発見できず・・・。いつか巡り合えるかな~。
(原作と映画では、ナタリーのその後・・・が違っているようですヨ、映画はパスカルと彼女のその後!を考えさせられる終わりにわざとしたのかな~)

  1. 映画タイトル(ら行)
  2. | trackback:1
  3. | comment:6
<<「プーと大人になった僕」 | top | 「トレイン・ミッション」>>


comment

今日は雨模様

瞳さん、おはようございます。
これ面白かったみたいで良かったです(^^
と言っても、子供が不憫で仕方なかったよね。
ドッキリーーービックリー!は、私も同じところ~。
でもそうじゃなくても、子供は知らないだろうと思って過ごしてきたこれまでだって、子供はしっかり知って(感じて)いたんだろうね・・と思うとまたやりきれなくて・・
ドキドキがしばらく止まらなかったです。;;
原作、私も読んでみたい~と思ったら絶版ですか。残念!
こちらの図書館ではどうかな・・なければ原作本を探すネット旅に出発しますか・・(笑)
  1. 2018/09/20(Thu) 10:30:59 |
  2. URL |
  3. つるばら #OP2UcWyM
  4. [ 編集 ]

>つるばらさん

おはようございます~。
わーーー、たった今そちらから帰ってきました(笑)
すれ違っちゃった。

つるばらさんのドッキリ!どこだったんだろう?って思ってたの。
一緒だったのねーー。
あれにはホントに心臓どきっ!!でした。

子どもっていろいろ感づくところあるよね。
そしてそんな親の気持ちを受け入れようとするなんて・・・、切ないわ~。

原作、中古で手に入るみたいなんだけど高くて・・・悩んでます~。
ブックオフ巡りに出ようかと(笑)
  1. 2018/09/20(Thu) 10:35:54 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

ルイ君もイケメンだったよね

こんばんは。

ルイ君、不憫でしたね。
甘えたい年頃なのに、いろいろ気苦労していて。
サラ・ガドンの
『アンチヴァイラル』は未見だけど、そのときも
際立った美しさだったのね。
確かに美人が悲しそうな姿見せていると
男はほっとけないのかな…笑 ずるいわ。私はやっかみ(笑)
パスカル先生、奥さんも美人なのに、まったくねえ~~
後半の催眠術は不思議な光景でしたよね。
セラピストの実力発揮って感じで。私も大丈夫かなって
印象はありましたよ。なんかねえ~~~って。
原作見つかるといいですよね。
やっぱり気になるし。
ところで
プー鑑賞ね。ユアン来日で私も行きたいわ。
瞳さんは吹き替え?吹き替えが多くて迷うところです。
  1. 2018/09/23(Sun) 22:42:14 |
  2. URL |
  3. みみこ #zQHIT1rU
  4. [ 編集 ]

Re: ルイ君もイケメンだったよね

> みみこさん

こんにちは。
ルイ君、これからの成長が楽しみな美少年!
サラ・ガドンと親子っていうのがぴったり!くる・・・感じだったよね。
うんうん、母親のあんな気持ち?まで察してね・・・それを受け入れようとしてたと思うと不憫だわ。

> 『アンチヴァイラル』は未見だけど、そのときも
> 際立った美しさだったのね。

そうなの!すごく美しい広告塔のような役でしたよ。

> 確かに美人が悲しそうな姿見せていると
> 男はほっとけないのかな…笑 ずるいわ。私はやっかみ(笑)

ほんとにね~!!まわりにああいう女性がいたら絶対やっかむわ!!(笑)
登場する女性たちの、冷静な目に思わずうんうんって頷いちゃう。
男性の、自分が助けてあげたい!っていう騎士道?精神を刺激するのかしら♪

催眠術、出てくるとは思わなかったわ。
怪物とのシーンとかファンタジーっぽい感じもあったし、ジャンル的にいろんな要素がある作品でしたね。

原作、どこかで巡り合えますように~(笑)

ユアン、初来日だったのね!!
以前も来てると思い込んでたわ。
近くの劇場は吹き替えだけだったんだけど、堺さん好きだけど声は絶対顔が浮かぶだろうなあと思って・・・、
ちょっと遠くまで足を延ばしてユアンの生声で観てきました。
「プー!?」っていう、再会した時の台詞?がとってもキュートでした。
ぜひぜひ~♪
  1. 2018/09/25(Tue) 14:37:52 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

no subject

こんばんは。
私も今年の初めころ見てました。今改めて感想をy¥読んだら、自分でも呆れるバカバカしい感想でした(笑)

サラ・ガドン、クローネンバーグ親子のミューズとか?
あの監督(それも親子で)のミューズっていうだけで、怪しい〜(笑)どこか人間離れした美しさですね。
「ブレードランナー2049」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「複製された男」でも怪しい妊婦役でした。

原作、絶版と知ると読んで見たくなりますね。
国会図書館ならきっとありますよ(届くのに時間かかりますが)
  1. 2018/10/01(Mon) 23:45:19 |
  2. URL |
  3. tonton #-
  4. [ 編集 ]

>tontonさん

こんにちは。
tontonさん、劇場で観られてたんだ!!
あら~!!記事私見逃してたのね。
バカバカしい!?!(^^)!え~!!tontonさんの感想っていつもすごく「わかる~~!」って読んでて楽しい感想ですよ。

あとで読みにダッシューー(笑)

>あの監督(それも親子で)のミューズっていうだけで、怪しい〜(笑)どこか人間離れした美しさですね。

あはっ(笑)確かに~!!
そうなんですよね、そういう美しさが本作でも生かされてましたよね。
「複製された男」あっ、そうだ、出てましたねーー。

ないとなると読みたくなる~(笑)
国会図書館!!なるほど、ありそうーー。
借りれるんでしたっけ?
あとで検索してみまーす。


  1. 2018/10/03(Wed) 14:29:16 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1061-5aa72b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルイの9番目の人生

ルイの9番目の人生(2015) THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX 上映時間 108分 製作国 カナダ/イギリス 監督: アレクサンドル・アジャ 製作: ショーン・ウィリアムソン アレクサンドル・アジャ ティモシー・ブリックネル マックス・ミンゲラ 製作総指揮: ザンヌ・ディヴァイン ローザンヌ・コーレンバーグ ...
  1. 2018/09/23(Sun) 22:43:39 |
  2. ちょっとお話