FC2ブログ
2018
07.18

「レッド・スパロー」

レッドスパロー

事故によりバレリーナの道を断たれたドミニカは、母親の病気の治療費のためにロシアの諜報機関の一員になることを決意。
ハニートラップや心理操作を武器にミッションを遂行するスパイ=<スパロー>として鍛え上げられた彼女は、アメリカのCIA捜査官に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すという危険な任務を与えられる。
解き放たれた美しき<スパロー>は、やがて大国間の陰謀と欲望が渦巻く闘いへと巻き込まれていく……。

                                          <公式サイトより>


ブロンド美女スパイ・・・・といえば、
少し前に観た『アトミック・ブロンド』を思い出すなぁ。

アトミックブロンド

シャリーズ・セロンが美しくって、壮絶強かったーーー!!

レッドスパロー2

本作のジェニファー・ローレンスも美しいのダ
でもおなじスパイでも、彼女の役はアクション的な強さじゃなく・・・・、要人などのターゲットの心を掴み、支配し利用する・・・、そのためには身体を張った甘い誘惑ももちろんアリ。
ロシアにはこういう<スパロー>養成学校が実際にあった(今は?)とか~。
ブロンドも、ターゲットの好みに合わせたもの!!

レッドスパロー3

スタイル抜群のジェニファーでも、バレリーナ役にはちょっと体格良すぎ?と思ってしまったけれど、舞台の上でのあのアクシデントは衝撃!!(そのあとの、彼女の報復も!!)
バレリーナとしての道を断たれた彼女は、そこから陰謀の渦に巻き込まれてゆく~~。

スパイ学校の教官がシャーロット・ランプリング
過激すぎる授業も(?)シャーロットさまに命令されたら・・・・逆らえない恐さが・・・・
この学校でのシーンと言い、かなり多かった拷問シーンと言い・・・・・!!(皮はぎ・・・はNO~~~
ジェニファー・ローレンスの惜しげないヌードがあっぱれすぎる~~(>_<)中途半端はしない女優さんだナ、彼女は。

国家に忠誠を尽くす・・・と言いながらも、全編通して見えてこないドミニカの真意。
ジョエル・エドガートン演じるアメリカのCIA捜査官に接近していくんだけれど、任務を超えた仲?なのか、それともこれもハニートラップなのか・・・、彼の方も彼女を利用してるのか・・・それとも。
・・・っていう、この分からなさが面白い~~。
最後の最後になるまで彼女の狙いが見えてこなくて・・・スパローに翻弄されました(笑)

シャーロット・ランプリング、ジョエル・エドガートン、
他にもジェレミー・アイアンズ(彼がただの脇役で出てるはずがナイ!と思ったら)マティアス・スーナールツ!と豪華な面々♪

男気あるジョエル・エドガートンも良かったけれど、私的にはマティアス・スーナールツが気になって、気になって
本作では短髪でまるでロシアの現大統領みたい~なルックス
ジョエルとのラブシーンよりも、マティアス(ドミニカの叔父さん)とのキスシーンの危なさにドキドキしちゃいました

決して望んで足を踏み入れたわけではないスパイ(スパロー)の世界で、陰謀に翻弄されながらも
真意を読ませない、隠しとおしたドミニカが仕掛けた罠が最後に明かされる・・・、観ているこちらも裏切るかのような展開が面白い。やはりジェニファーには強い女性が似合います!!

それにしても・・・・拷問シーンは痛すぎ~~~(>_<)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1049-ef917324
トラックバック
スパイ用語のおさらい。「モグラ」はスパイのことである。だが、よく二重スパイのような意味で使われる。「スワン」は女性の情報提供者(だと本作を観て思った)。そして題名にも使われている「スパロー」は、女スパイのことを指していると思われる(更に言うなら、「レッド・スパロー」の「レッド」とは、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)がロシア人のスパイであることからつけられたのであろう)。「女スパイもの」と...
「レッド・スパロー」 dot ここなつ映画レビューdot 2018.07.20 12:52
ちょっと解りにくい処もあったけれど、最後までずっと面白かったです。4つ★以上
「レッド・スパロー」感想 dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2018.10.19 18:49
コメント
こんにちは。弊ブログにご訪問&コメントをいただきありがとうございました。
この作品結構「女の性(さが)」みたいなものを前面に打ち出していて…おっ?!と思ったものの、終わってみればその他でもない女の策略にみんなまんまとハマッタというところでしょうかね。
ジェニファー・ローレンスの強い女の演技、私も好きです。
ここなつdot 2018.07.20 12:56 | 編集
>ここなつさん

コメント、TBありがとうございます。

同じようなブロンドヘアの、シャリーズ・セロンのスパイものとは違ってましたね。

>終わってみればその他でもない女の策略にみんなまんまとハマッタ

やられましたねーー、いったいどの時点で画策?していたのか・・、振り返って見せるシーンが爽快でした。

ジェニファーには芯の強い女性がぴったりですね。
dot 2018.07.21 21:14 | 編集
瞳さーん、こんにちは♪
これ、全く期待してなかったんだけど、おもしろかったー!
結構な大穴だったわ(私的に)

うふうふ、私も同じだったよーん
>私的にはマティアス・スーナールツが気になって、気になって
そうなのよねー。カッコイイよね、あの人。
本作ではプーチンだったけど、他の映画や他の髪形だと違った雰囲気になるんだなーと画像検索して知りました^^

彼氏との色っぽいシーンよりも、おじさんとの方が、ウワワ!!って危なさを感じたわ。
latifadot 2018.10.19 18:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top