2008
09.24

「ウォンテッド」

ウォンテッド

職場では上司にイビられ、恋人は同僚と浮気をし・・・毎日が負け犬人生。
パニック障害を抑える薬を飲み続け、「アイムソーリー」を繰り返すウェスリーの前に、ある日突然謎の美女が現れる。

ウェスリーが幼い頃出て行ってしまった父親が1000年前から続く謎の暗殺組織フラタニティの一員であること、そして父は組織の裏切り者の手によって暗殺されてしまったこと・・。

すべてが信じられない話だったウェスリーの前に、父親を殺したクロスの影が迫る!!


原作はマーク・ミラーとJ.G.ジョーンズによるグラフィックノベル、監督はあの「ナイトウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督なんですね。
「ナイトウォッチ」もオリジナリティー溢れた新感覚の映像でしたが、そのセンスがもっと磨かれた・・というのでしょうか。
面白い映像と感覚ですよね。
ビルから飛び出した人間の・・あのからだが砕け散った・・ような映像や。
スピーディーなアクションシーンがあるかと思えば、アドレナリンが全開したシーンでは、スローモーション。
恋人の浮気相手の同僚をキーボードで殴ったら「ファック・ユー」のKeyが空中に浮かんだりする遊び心とか。

銃撃シーンも独特ですよ。
ラケットを振るような、あの撃ち方。弾が曲がるんですからねぇ。
まるでホル・ホースですよ~(「ジョジョの奇妙な冒険」15巻登場 昨日久々に読んだばかり 笑)

青いジャンパーをもっさりと着込んだウェスリー役のマカヴォイ君の負け犬っぷりも見事?です。
鍛えあげられて・・緩んでいた顔つきがどんどんとしまってきて、いい顔つきになってくるんですよね。
ウォンテッド2


そしてフォックス役のアンジェリーナ・ジョリー。
恐ろしく凄腕で、しかも無口な女性ってしびれます~!!(登場してきた時は、結構怖い顔つきだったけど 笑)


映像も、キャストも良かったと思うんですよ。


思うんですけどね・・でも。
んん~~・・、なんていうか、いろんな場面にどうなん?それは・・って思うところがありすぎて、いや、こういうお話って結構突っ込みどころがあるものだと思うんですが。

組織の特訓シーンも、痛すぎますよね(汗)
あんなに殴らなければいけないものか・・そのあとのお風呂で固まるパックシーンは面白いですが。



アクションシーンでの犠牲も出るものだと思うんですけど・・。
でも、あそこまで出すとは・・(汗)
ひとりを殺して1000人を救うじゃなかったですか。逆になってましたけど・・。
あの列車のシーンは、迫力あるシーンでしたけど、いくらなんでも一般市民をあれだけ巻き込んでいいのかと、気持ちが引いちゃったんですよね・・。

なので、最後の盛り上がるべき・・アドレナリン全開の両手撃ちシーンにもちょっと気持ちがついていけない私でした。
それに、あのシーン、ええっ・・・みんなやっちゃうの?みんなは知らずにやってたんじゃ・・と思って。
一人だけと対峙して欲しかったかな・・と。
そしたら、あんなにネズミ使わなくても・・(汗)


最後まで予想のつかない展開ではあったのだけれど、なんていうか、私にはちょっとドライすぎたかなあ、気持ち的に。
ウェットな女・・(笑)



クロス役のトーマス・クレッチマンの悲しい顔と(ちょっとショーン・ビーンに似てて・・登場した時から気になりました)、
短いシーンなのに圧倒的な存在感のテレンス・スタンプがとっても印象的でした。


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/104-20e2f659
トラックバック
今日は待ちに待った「ウォンテッド」公開日!! 以前からこのブログをご覧頂いている方には、私がどれだけこの映画を見たがっていたかご存...
Kill 1, Save 1000. dot kaleidoscope world blogdot 2008.09.28 00:05
コメント
瞳さんもご覧になったんですね~
私はこの映画のアリエナイ部分は全く気になりませんでした。(苦笑)

>私にはちょっとドライすぎたかなあ、気持ち的に。

そうでしたか…。私は逆に、全て(自分の中で勝手に)良い解釈をして見ていました。(苦笑)
列車が落ちるシーンでは、落ちる前に乗客は前の方へ移動していて、後ろの方にはいなかったんじゃないか(乗客が中にいる様子が見えなかったので)とか、ウェスリーが一人乗り込んでいった時、あそこにいた人達は皆ボス(笑)の命を受けていたから(ゴミ収集車で突っ込んだ時殺せと命令してたので)、いわゆる正当防衛だし(苦笑)、掟を破っていた時点できっと彼ら全員の名前がリストに入っていたんじゃないかと思ったのと、そうでないとロックが仲間を次々と殺していった理由が結びつかないし、例え掟とはいえ、そもそも彼らはウェスリー曰く「誰とも分からない人達を殺してきた」わけですから、ある意味自業自得かな、とも。(苦笑)
だからこそ、フォックスの行動は全然悲しくなかったです。あそこで彼女の姿勢がブレてたら、それこそ今までのは何だったの~!と突っ込みたくなるところでした。

まあ、それも全て私がJMc目線で見ていたせいもあるかもしれません。(苦笑)

テレンス・スタンプは「コレクター」の頃からだいぶ歳を取りましたけど、相変わらず素敵ですよね~
スタントかもしれませんが、走る走る。(笑)
続編にも出るようなので、それは楽しみです。(あれでどう続編に繋げるのか分かりませんが・汗)

「ゲット・スマート」にも出ていますが、こちらもなかなかイイですよ!
Miidot 2008.09.28 00:05 | 編集
>Miiさん
TB、ありがとうございます。
見てきましたよ!!もちろん、これはもちろんスクリーンで見なくては!!と。
マカヴォイ君、よかったですよね。
あの情けなさ加減がなんともいえなかったわ~。
アクションシーンもカッコよかったし。

なるほど~!!列車のシーン、移動してたんですね。
いやぁ、私もうビックリしちゃって。
かの昔観た「カサンドラクロス」(古すぎ~~!!苦笑)が脳裏に蘇りました。
あ、でも某社で車掌をしているうちのだんな様は、あんな場所で急停止させる車掌にビックリ!って(笑)

乗り込んでいったとき、確かにやらなかったら逆にやられちゃいますよね。
みんな凄腕さんで容赦なし・・ですからね。
分かるんですけどねぇ、気持ち的に引っかかってしまって。

>それも全て私がJMc目線で見ていたせいもあるかもしれません。(苦笑)
ふふふ~、Miiさん、JMc目線で~?(笑)

テレンス・スタンプ、圧倒的な存在感でしたよね!
ええ~?続編に?
なんで、なんで~?(笑)嬉しいですけど。
「ウォンテッド」って3部作になるって聞きましたけど、そうなんですか。
「ゲット・スマート」借りてこようかな~。

そうそう「つぐない」DVD届きました!!
Miiさん、もうご覧になりましたか?
未公開映像が楽しみです。
dot 2008.09.29 01:44 | 編集
>列車のシーン、移動してたんですね。
これは私が勝手にそう思っただけです。(苦笑)
それより!旦那様は車掌さんなんですね~ 素敵!制服に帽子…いいですね。←制服好き。特に機長は皆カッコよく見えるタイプ。(笑)

>「ゲット・スマート」借りてこようかな~。
これはこれから公開する映画の事です~(汗)

「Atonement(邦題:つぐない)」は、映画館で見ましたよ!
これはもう、キーラじゃなくてJMcの映画だと思いました。
あの目で全てを物語ってましたね…。DVD、買う予定は無かったんですけど、特典映像にJMcが映ってたらと思ったら今迷ってます。(苦笑)
Miidot 2008.09.29 22:16 | 編集
>Miiさん
制服ってありがたいですよぉ(爆)
スーツにネクタイのリーマンさん、素敵だなって思うけど買うの大変だと思う(笑)
機長はそりゃあもう、みんなカッコよく見えますよね。

「ゲット・スマート」
あらら・・他の映画と勘違いしてましたよ・・(苦笑)

「つぐない」は、Miiさんも映画館で観られたんですね。
今年観た映画の中で、私の中では今のところこれがベストなんですよ!!
なので速攻DVD買いました。
マカヴォイ君の頬を流れる涙が忘れられません。
特典映像、まだ見てないんですが出てたらご報告にいきますね~(笑)Miiさんにお薦めに。
dot 2008.09.30 00:01 | 編集
こちらにも。
この間TVで観たんです
吹き替えが・・・DAIGOでした・・
DAIGOが嫌なわけじゃあないけど
イメージが違っていて、残念。

瞳さんは劇場で・・ちょっとひいちゃったのね。
わかるわ~~
お家ならなんとか観ること出来るけど。

やっぱりマカヴォイ君・・痛めつけられるのは勘弁・・・笑
みみこdot 2014.08.31 14:30 | 編集
>みみこさん

こちらにもコメントありがとう♪

TVでやってましたね~!!
そうそう、吹き替えDAIGO!
洋画の吹き替えって、その当時人気ある人が使われたりしますよね。
でもその(吹きかえた)人本人の、イメージとかが先行しちゃうよねぇ。

なぜかしら~?
ちょっと引いて観ちゃったわ。
気持ち置いてけぼり?って気がしちゃったような。

あんなに痛めつけられるマカヴォイ君はね、イヤ~だよねぇ。

今観たら、また感想違うかしら。
私もTVでも再見すれば良かったなぁ。




dot 2014.09.01 20:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top