2008
09.24

「SAW4」

ソウ4 DTSエディションソウ4 DTSエディション
(2008/03/19)
スコット・パターソンベッツィ・ラッセル

商品詳細を見る


あららら・・・。
ホラーは苦手、痛いのもエグいのもいやだ~って言いながら、最近怖いの見てるじゃないですか、瞳さん・・・と、自分で突っ込みを入れながら・・(苦笑)。

SAWシリーズ4作目ですよ・・。
3作目までの感想はこちらに書いてあるのですが、まさに最後の予言どおりになってしまいました(笑)
ええ・・・見ない!見ないぞ~!!劇場では・・・。ということで(爆)
なんていうのかなあ、もう「毒を食らわば皿まで」の心境というのかしら?って、毒なんて言ってますよ、ヒドイわねぇ(苦笑)
いやいや、毎回、腹が立つ~!!といいつつも、騙され続けてきましたが、3作目の終わりでジグゾウの幕が下りたわけですから、これから先どうなっていくのかやっぱり見ておかないといけませんよね。


しかし~~~!!
あぁ、やられた・・。またしても騙された・・・。


そういうことだったのかーーーー!!・・とまた今回も悔しいったら!!

新ジグソウとなって登場するのは誰なのか、そればっかり気になってて。
こういう描き方(時間的なものですね)で来るとは思わなかったのですよ。


今回も、ゲームをしかけられた人物への忠告は・・ちゃんと伏線として始めに描かれていましたね。
しかし・・・痛いシーンがまたしても山ほどあって(汗)
どこから、あんなにひどいゲームを考え付くのでしょうか。
うぅ・・・・イタタタタ・・・(涙)
いや、ほんとに・・ここまでやるパワーをほかに向けたらねぇ・・(汗)
どれだけの執念というか・・。

それに「私が感じるように感じろ」って・・。
ムリですって・・それは・・。


だけど、今回の一番見ていられなかったシーンは、やっぱり最初のあのシーンですよね。
そこまで映さなくても・・と、半分目を隠しながらちらっ、ちらっと・・(汗)



う~ん。
でもまだ続くのか・・続くんだよね・・。
あとを継いだんですよね、あの人物が。(しかし・・3までの、どこに出ていた人が全然思い出せなかった)

インパクトが薄いけれど、大丈夫だろうか・・。よけいなお世話だろうけれど(苦笑)
だって、今回もいろいろ言いながらも、やっぱりジグソウの登場しないシーンは(もしくは、声テープだけでは)印象が薄くって。




「5」は・・・・「5」は・・・。
いやいや・・もう何も言わないぞ(苦笑)
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/103-2ccd2b97
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top