fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「エゴン・シーレ 死と乙女」 :: 2018/04/29(Sun)

エゴン・シーレ

エゴン・シーレの作品も本人についてもほとんど知らなかったのですが、エゴンを演じるノア・サーベトラがそれはもう稀に見る!!美青年だと聞いたので興味津々~(笑)

妹との近親相姦を思わせるような関係、数々の女性との浮名・・・・・スキャンダラスで非常識なエピソードに驚きましたが・・・。

エゴン

こんな美青年だもの、仕方ないか・・(オイオイ~)

640.jpg

この目で見つめられたらドキッとしない女性はいるかしら~。吸い寄せられてしまうに違いない。
たとえ、どんなに傷を負うことになろうとも・・・、そう思わせてしまう魅力に溢れていましたね。
いやぁ、久々に息を止めて見つめましたよ!!どんなシーンも(死の床でさえ!)あの美しさ。

世間から誹謗中傷を受けた彼を支え続けたヴァリをあっさりと捨て、(お金を持っているからという理由で)向かいに済む姉妹との結婚を決めたエゴン。
しかもたぶん、姉妹のうちどちらでも良かったような・・・。
それもこれも、ただただ絵を描きたいため、芸術を極めるためにお金の苦労をしたくないため、
彼が愛したのは「絵を描くこと」「絵を描く自分」。
なんて酷いヤツ・・・。一番の理解者の妹が友人と結婚するときのあのふくれっ面よ。なんて身勝手なオトコでしょう。

あぁ、それなのに。
なんて魅惑的な男よ~~~。

「死と乙女」のモデルとなったヴァリとのエピソードに泣けてしまう。エゴンに泣けるのではなく、もちろんヴァリに。
彼を抱擁する彼女の細い腕に・・・。


  1. 映画タイトル(あ行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「湿地」 | top | 「アンロック 陰謀のコード」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1028-02b97704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)