FC2ブログ
2018
03.22

「アトミック・ブロンド」

アトミックブロンド2

1989年東西冷戦末期のベルリン。
世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。
イギリス秘密情報部M16は、凄腕の女性エージェントロレーン・ブロートンにリスト奪回を命じる。
ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィット・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。
彼女にはリスト紛失に関与したM16内の二重スパイ“ミッチェル”を見つけ出すという、もうひとつのミッションがあった・・・・。

                   <公式サイト ストーリーより>


ベルリンの壁崩壊直前のベルリンを舞台に、シャリーズ・セロンが最強の女スパイにーーー!!

まあーー!!美しいのダ、これが。

アトミックブロンド

しかし・・・美しい以上に強かったーーーー
その綺麗な顔が腫れあがっても、どれだけ殴られ、蹴られ、痛々しい姿になっても・・・、相手は倒す!!!

アトミック3
アトミック5

上背はどれくらいあるんだろう?背は高そうだけど決して力ありそうじゃない・・・、ケド、体の全体重をかけたかのようなパンチやキックがとても重そうなんですよねーー、大の男が吹っ飛びそうな威力アリ。
凄まじいアクションシーンは、見てて思わずアイタタタタ・・・とのけぞり、うぐぐぐぐ・・・とうずくまりそうになる迫力でした。

混沌とし、なにか一触即発的なムード溢れるベルリンの街を舞台に、入り乱れるスパイたち・・・、
誰が味方で誰が敵!?という以前に、誰が誰?ってくらい、
過去と現在シーンも混じるので、正直、分かりづらい。
やたらカッコイイ時計職人さんとか、ドイツの(協力者?)若いイケメンお兄ちゃんとか、気になるキャラもいろいろいたし(笑)

観終わった後で公式サイトの、キャラクター関連図を見て復習しました

でも、そういう入り乱れた人間関係=スパイ関係のややこしさが見どころのひとつ。
すっきり分かりやすかったら謎めいてませんよね~。

マカヴォイ

どうなの?彼、見方、それとも・・・っていう怪しさいっぱいのマカヴォイ君!上手いねーー。
西側への亡命を企てたスパイグラス役の、エディー・マーサンも、どんな役をしても印象に残る役者さんです。

「ベイビー・ドライバー」は運転と音楽だったけど、本作では、80年代の音楽が、アクションと見事にシンクロ♪
光と影が効果的な映像の美しさも印象的でしたね~。

しかし、やっぱり一番は、シャリーズ・セロンの、役に込めるためらいのない女優根性!!あっぱれ~~~👏
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/1023-e9ce050f
トラックバック
シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに最初の方気を抜いていた為、中盤窮地に陥る。っていうかコレ皆さん初見で何のネタバレサイトにも触れず理解してらっしゃるの?自分がバカで嫌になる。が、自分はやめられないからなぁ。それに東西ドイツの地でのシャリーズ・セロンのように変装し...
「アトミック・ブロンド」 dot ここなつ映画レビューdot 2018.03.27 12:34
コメント
こんにちは。弊ブログにコメントを下さりありがとうございました。
ジェームズ・マカヴォイは最近の色んな役柄を見ると、怪しいのか怪しくないのか、見るからにソレなのか実はイイ奴なのか、がホント判らなくなってきました。
つまり上手いってことですよね。
しかし、シャリーズ・セロン姐さんは強くて綺麗だった!!
ここなつdot 2018.03.27 18:59 | 編集
>ここなつさん

こんばんは。
コメント、TBありがとうございます。
本作、まわりに見てる方少なくて(>_<)ここなつさんがご覧になってて嬉しいです。

>怪しいのか怪しくないのか、見るからにソレなのか実はイイ奴なのか、がホント判らなくなってきました。

ぷぷっ(笑)そうなんです~。上手いんですよね。

シャリーズ、綺麗でした!そして最高に強かったーー!!

dot 2018.03.27 22:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top