2016
12.29

2016年瞳の勝手にCinema賞~♪

Category: 映画のはなし
さざなみ


あと2日となった2016年。

キャリー・フィッシャーさんの突然の訃報に驚きました
まだ60歳『スターウォーズ フォースの覚醒』で懐かしい姿を観れたのに・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

2016年、劇場鑑賞 7作品、 レンタル&WOWOW鑑賞 89作品
恒例の勝手にCinema賞、
例年どおり新作、旧作問わず、私が今年鑑賞した作品に、気まま、勝手なCinema賞をあげちゃいます。
続きを読む
Comment:12  Trackback:2
2016
12.22

「教授のおかしな妄想殺人」

妄想殺人

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。
そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。

                    <公式サイト ストーリーより>



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
12.17

WOWOWで観ました~♪ 年末バタバタ・・・(>_<)

Category: WOWOW鑑賞作品
オートマタ

2016年も残すところ、あと2週間だなんて
早すぎるーーー

焦りつつ・・・、WOWOW鑑賞作品をまとめてUP

『パリ3区の遺産相続人』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『サバイバー』
『狼の挽歌』
『リトル・プリンス 星の王子さまと私』


『オートマタ』 
※追記しました♪


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
12.16

「あの日のように抱きしめて」

あの日のように

1945年、ベルリン。
強制収容所から奇跡的に生きのびたネリーは、しかし、顔に大きな傷を負ってしまう。
再生手術を受け、必死に夫ジョニーを探し出そうとする彼女は、ついに彼と再会を果たすのだが・・・。

彼は自分の妻ネリーだとは気づかず、
そればかりか、収容所で亡くなった妻になりまして遺産をせしめようと持ち掛けるのだった・・・。
続きを読む
Comment:6  Trackback:1
2016
12.14

「ブルックリン」

ブルックリン6

アイルランドの小さな街。
エイリシュ・レイシーは不満を抱えながらも食料品店で働きながら、母と姉ローズの3人で静かに暮らしている。妹の将来を思い、エイリシュにニューヨークで働けるよう計らうローズ。家族と故郷に別れを告げ新天地へと旅立ったエイリシュだったが、彼女を待ち受けていたのは慣れない生活とホームシックで涙に暮れる日々。

                               <公式サイト より>

続きを読む
Comment:8  Trackback:2
2016
12.05

「レヴェナント 蘇えりし者」

レヴェナント


1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。
隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。
生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。

              <公式サイト より>



続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
12.02

「キャロル」

キャロル

1952年ニューヨーク、クリスマスを間近に控えて街は活気づき、誰もがクリスマスに心ときめかせている。
マンハッタンにある高級百貨店フランケンバーグのおもちゃ売り場でアルバイトとして働く若きテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)。
フォトグラファーに憧れてカメラを持ち歩き、恋人のリチャード(ジェイク・レイシー)から結婚を迫られてはいるが、それでも充実感を得られず何となく毎日を過ごしていた。
そんなある日、おもちゃ売り場にキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)が4歳の娘リンディへのクリスマスプレゼントを探しに訪れた。

                <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:1
back-to-top