2015
02.26

「セイフヘイブン」

Category: WOWOW鑑賞作品
セイフヘイブン


どしゃ降りの雨の夜、彼女(ジュリアン・ハフ)はボストンから長距離バスに乗り込んだ。髪を切り、ブロンドに染め、妊婦に見えるように変装して。バスの行き先はアトランタ。しかし、休憩で立ち寄った港町の素朴な風景に心惹かれた彼女は、その場所にとどまる道を選択する。美しい港と緑豊かな森と温かい人情に恵まれた町の名は、サウスポート。彼女はケイティ・フェルドマンと名乗り、海辺のレストランでウェイトレスの仕事を獲得。さらに、森の中にひっそりと建つキャビンを借り、新しい生活をスタートさせた。

                           (公式サイト ストーリーより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
02.23

月イチ★クラシック 「虹を掴む男 」

虹をつかむ男

ピアース出版会社の校正係を勤めるウォルター・ミティは、日ごろついつい白昼夢にふけり、母や社長に注意される日々を送っていた。

ある日、彼は通勤の汽車の中で美女ロザリンドと知り合い、
オランダの王位博物館が(ナチスの手に渡らぬよう)疎開してあった宝石の隠し場所を記した手帳を巡り悪漢たちに立ち向かうことになってしまうのだが・・・・・。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
02.20

「プリズナーズ」

プリズナーズ

ペンシルヴェニア州で小さな工務店を営むケラー・ドーヴァー。
感謝祭の日、友だち夫婦と楽しい時間を過ごしていた一家を突然の悲劇が襲う。
6歳の娘アナが夫婦の娘ジョイと一緒に忽然と姿を消してしまったのだ。

警察は付近に止まっていた車の持ち主アレックスを容疑者として拘束するが、自白も物証も得ることが出来ない。
だが、ケラーはアレックスが漏らした言葉に、彼が何かを知っていると確信し、自らの手で口を割らせようとする。

一方、刑事ロキは、粘り強い捜査によって、新たな容疑者の存在を突き止めるのだが・・・。

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2015
02.19

「NY 心霊捜査官」

NY心霊


ニューヨーク市警の巡査部長ラルフ・サーキ。
事件に関する“レーダー”が働くことで仲間内に知られる彼は、ある夜、動物園で子どもをライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕する。
何かにとり憑かれた、獣のように振る舞うその姿・・・、
それは別の事件で妻に暴力をふるった男と同じだった。

やがて、サーキは自分にしか見聞きできない何かの存在を感じ取るのだったが・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
02.16

「ブルージャスミン」

ブルージャスミン

サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。
 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華やかな表舞台への返り咲きを図るものの、過去の栄華を忘れられず、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。
              
                      (公式サイト ストーリーより)  

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2015
02.11

「ヴィクとフロ、熊に会う」

Category: WOWOW鑑賞作品
ヴィクと

60歳を過ぎ、刑務所を仮出所したヴィクトリアは、人生を静かに送ろうと、叔父の住む田舎の砂糖小屋に居を構える。
刑務所時代の仲間にして、親密な関係にあったフロレンスも彼女の元を訪れる。

しかし、二人の到来は村の人々に違和感をもたらし、しだいに不穏な空気に包まれていくのだった・・・・。


↓※ ネタバレ少々、あります。未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
02.06

「ある過去の行方」

ある過去の行方


フランス人の妻マリー=アンヌと別れて4年。
今はテヘランに住むアーマドが正式な離婚手続きをとるためにパリに戻ってくるが、マリー=アンヌはすでに新しい恋人サミールと彼の息子、娘たちと新たな生活をはじめていた。
しかし、娘のひとりがアーマドに告げた衝撃的な告白から、妻と恋人、その家族が背負う過去と明らかにされなかった事実が次々と浮かび上がる――。
                          
                   (公式サイト ストーリーより)



                      続きを読む
Comment:2  Trackback:1
back-to-top