2014
09.28

「LIFE!」

LIFE.jpg


アメリカのグラフ誌「LIFE」写真管理部で16年間働いてきたウォルター。
だが、時勢の波を受け、LIFEもデジタル化され休刊することに・・・。
多くの社員がリストラされてゆく中、
最終号の表紙を飾る大切なネガが無いことに気づいたウィルターは、長年誌の写真を担当してきたカメラマン、オコンネルを探すため遠く旅に出る・・・・。



続きを読む
Comment:4  Trackback:2
2014
09.26

月イチ★クラシック 「わが青春のマリアンヌ」

マリアンヌ2


ひと月に1作品は、昔懐かしい~クラシック作品も観ていきたいなぁという、ただの思いつきから始まった
月イチ★クラシック。

朝夕の涼しさに秋の訪れを感じる今月、なにかこう、キュン!とオセンチ(死語)な気持ちに浸りたいなと、
忘れえぬ女性を求め続ける、青春の名作『わが青春のマリアンヌ』をチョイスしました。

多くのアーティストに影響を与えたという(アルフィーの「メリーアン」は有名ですね)本作、いつか観てみたいと楽しみにしていた作品です。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
09.23

「ヘッドハンター」

ヘッドハンター


身長が低い所を除けば、ロジャー・ブラウンは全てを手に入れた男だ。
なぜならノルウェー国内で最も成功したヘッドハンターで最高級の美女と最高級の住まいを手に入れているのだから。
ただ、彼には秘密があった。実は、その暮らしを維持するために芸術品を盗んでいるのだ。

そんなある日、高価な絵画を所有している軍隊の元エリートで電子機器で成功したクラス・グレブに出会う。
いつも経済的な不安を抱えているロジャーにとって、彼は新たなヘッドハンティングの契約相手として最適な男だった。
これが、最後の裏稼業と心に決めたロジャーだったが、クラスが最悪の相手になるとは知るよしもなかった。クラスの家に忍び込んだロジャーを待ちかまえていたのは人生最大の危機だった…!!

          (公式サイトストーリーより)



↓ ネタバレありです。未見の方はご注意くださいね。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
09.17

9月 WOWOW鑑賞作品 (鑑賞後、追記有り)

Category: WOWOW鑑賞作品
フローズングラウンド

サクサク予約、録画が溜まるWOWOW映画鑑賞~♪
どんどん観るけど、感想追いつかず・・・。

でも、書いておかないと気になってたまらない~~ので、今月もまとめて感想いっちゃいましょう。

鑑賞後、感想を追加しています
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
09.16

「マイティー・ソー ダークワールド」

ソー

アベンジャーズの戦いから1年・・・。
ロンドンに原因不明の重力異常が発生し、ソーの恋人で天文学者のジェーンが調査に向かう。
しかし、そこでジェーンは地球滅亡の鍵となる「ダーク・エルフ」の力を体内に宿してしまうのだった・・・・。

ジェーンを救うため、ソーは彼女を連れてアスガルドに戻るが、そのせいで故郷や民を危機的状況に陥れてしまう。
世界を救うため、ソーは、血のつながらない弟で宿敵でもあるロキの力を借りることになるのだが・・・。

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2014
09.13

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

ネブラスカ


誰が見ても古典的でインチキな手紙をすっかり信じてしまったウディは、はるか遠く離れたネブラスカまで歩いてでも賞金を取りに行くと言ってきかない。
大酒飲みで頑固なウディとは距離を置いていた息子のデイビッドだが、そんな父親を見兼ねて骨折り損だと分かりながらも、彼を車に乗せて4州にわたる旅へ出る。
途中に立ち寄ったウディの故郷で賞金をめぐる騒動に巻きこまれる中、デイビッドは想像すらしなかった両親の過去と出会うのだが……。

                       (公式サイト ストーリーより)



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
09.03

「ケープタウン」

ケープタウン


南アフリカの都市ケープタウン。

植物園で、元ラグビー選手の娘が殺害されるという事件が起こる。
捜査に乗りだした強行犯撲滅課の警部アリ(フォレスト・ウィテカー)と、その部下ブライアン(オーランド・ブルーム)は、事件の夜、少女が薬物の売人と会っていたことを突き止める。

その薬物は、街で頻発している子どもたちの失踪事件の現場でも発見されたものだった。
やがて刑事たちは事件の裏側にひそむ組織的な陰謀の存在にたどり着くのだが……。


※↓ネタバレしています。未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
back-to-top