2009
01.28

「アフタースクール」

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋佐々木蔵之介

商品詳細を見る

木村と神野は、中学の時からの親友同士。
ある日母校の中学校で教師をしている神野の前に、自分も同級生と名乗る島崎という男が訪ねてきた。
木村を探しているという島崎だが、神野もまた前日から木村に連絡が取れないでいた。

木村に執着する島崎を不審に思う神野に、島崎は探偵だと打ち明け、一枚の写真を見せる。そこに写っていた木村の隣にいる女性を見て、神野はショックを受ける・・・。



「アフタースクール」=放課後ですね。
放課後といえば、浮かぶのは校庭の鉄棒、なぜ?(笑)ブランコでも滑り台でもなく、鉄棒のイメージだなぁ・・。
そして放課後の校庭・・といえば、やはり村下孝蔵さんの「初恋」でしょう。
放課後の校庭を走る君がいた~~♪♪
忘れることのない、名曲ですよね。

・・・っと、何でしょう、思い出に浸ってしまいましたが(苦笑)
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
01.21

「UV プールサイド」

プールサイド

U.V.-プールサイド- [DVD]U.V.-プールサイド- [DVD]
(2008/10/17)
ジャック・デュトロン、

商品詳細を見る


海辺の高級別荘地で休暇を過ごす一家。
午後のまぶしい太陽の下、ヴァネッサとジュリー姉妹がプールサイドで寝そべっていると、弟フィリップの友人と名乗る男が現れる。

男ボリスはフィリップに昼食に招待されたと言うのだが、アメリカから帰ってくるはずのフィリップからは何の音沙汰もない。
だが気にする様子も無く別荘に滞在するボリスは、その魅力で娘たちを惹きつけ、あっという間に一家に溶け込んでゆく・・。
その様子に面白くないのは、長女ヴァネッサの夫アンドレ=ピエール。

アンドレの疑うとおり、ボリスは本当に弟の友人なのか・・、そして戻らないフィリップの身にいったい何が・・?
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
01.17

「ヴィーナス」

ヴィーナス 特別版 [DVD]ヴィーナス 特別版 [DVD]
(2008/05/08)
ピーター・オトゥールレスリー・フィリップス

商品詳細を見る


往年の大スター、モーリスもいまや老齢の身。死体役がはまり役と笑い、俳優仲間たちとカフェでよもやま話をする毎日・・。
ある日、友人のイアンの家に姪の娘ジェシーがやってくることになった。
彼女のためにタオルを買い、魚料理を作ってくれることを夢見るイアンだったが、ジャンクフードと酒を放さず、粗野で乱暴な物言いをするジェシーにがっかり・・。

だが、かって多くの女性たちと浮名を流し女心の専門家と自負するモーリスは、彼女の中に若さが持つ無類の輝きを見出し、惹かれてゆく・・・。

続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2009
01.14

「裏切りの闇で眠れ」

裏切りの闇で眠れ [DVD]裏切りの闇で眠れ [DVD]
(2008/08/22)
ブノワ・マジメルフィリップ・コーベール

商品詳細を見る


うっ・・。(いきなりですが 汗)
いや、もう・・。
新春はブノワ・マジメル祭りだ!なんていう、私の甘っちょろい、不純な気持ち(いつものことといえば・・そうなんだけど 笑)など、この辛口でハードな作品の前では打ち砕かれてしまいました。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
01.08

「ウォリス家の殺人」

ウォリス家の殺人 (創元推理文庫)ウォリス家の殺人 (創元推理文庫)
(2008/08)
D.M. ディヴァイン

商品詳細を見る

ライスのミステリーを久々に読んだら、他にも面白いミステリーを発掘したくなって。
書店に行ったけど、困った、困った・・。
だって、この時期、本の帯にはやたら・・こんな文字がついている!!
「2009 ○○○海外部門△位」
「2008年度○○ 海外ミステリー△位」

年末のランキング・・ミステリー部門だけでもこんなにいろいろあるとはね・・・(苦笑)
手当たりしだいに買えたらいいけど、昨今文庫も結構お値段張るんですよ。続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
01.07

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]
(2008/09/12)
ノラ・ジョーンズジュード・ロウ

商品詳細を見る


ニューヨーク。
恋人に振られ傷ついたエリザベスは、彼がよく訪れていたというカフェを訪ねるのだが恋人に会うことは出来なかった・・。
誰かと話したい・・孤独な彼女の心を癒してくれたのはカフェのオーナー、ジェイミーの優しい笑顔ととびきり美味しいブルーベリーパイ。

やがてエリザベスは、自分の心を整理したいと旅に出る。
ニューヨークから離れた地で働きながら、彼女が出会った人々、感じたこと・・。旅先から彼女はジェイミーに便りを送る。
そしてまたニューヨークへと戻ったきた彼女を待っていたのは・・・。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top