fc2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




私の好きな♡吸血鬼映画(*^-^*) :: 2024/02/23(Fri)

ビザンチウム2

吸血鬼映画熱が再上昇中調子に乗って遊び企画を発動しました
私の好きな♡吸血鬼映画ベスト10

とはいえ、いっぱいあるのよねぇ~~、そしてどれもこれも、好きだーーー
悩みすぎるので順位は付けず、全部まとめてベスト10(*^-^*)公開年順に載せました。★印のあるものはそこからレビュ―リンク貼ってます。

ノスフェラトゥ
『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年サイレント映画)
吸血鬼映画のまさに元祖!!ドイツのムルナウ財団所有のオリジナル完全版をBSで放映してくれた際に観ることができました。
坊主頭に尖った耳、あまりにも長い指、独特のその風貌と、杭でも銀の弾でもなく、一人のか弱き女性の強い決意が悪夢から町を救い、愛する夫を救ったというのがあまりにも切なかった~。


ドラキュラ
『吸血鬼ドラキュラ』(1958年)
ドラキュラといえば、クリストファー・リーさまでしょう。ハマー・フォルムでは、合計7本もの作品でドラキュラを演じました。193センチの長身を黒いマントに包み、彫りの深い顔立ちにかっと見開いた目力の迫力。ヴァン・ヘルシングを演じたピーター・カッシングの紳士的なたたずまいも大好きだーー。

フライトナイト
『フライトナイト』(1985年)
コリン・ファレルとアントン・イエルティンのリメイク版も面白いんだけど、まずはオリジナル(1985年)をオススメ。
十字架、鏡、朝日、などなど吸血鬼もののセオリーをきちんと押さえつつ、コメディ色とセクシーシーンも盛り込んで、いろんな意味で盛りだくさん、面白いんです♪

コッポラ ドラキュラ
フランシス・コッポラの『ドラキュラ』(1992年)
衣装から美術、細部にまで監督の拘りの美学が詰まった世界観。ゴシックホラー好きにはたまりません。
ゲイリー・オールドマン演じるドラキュラの孤独、哀しみ、可憐なウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス、アンソニー・ホプキンスにモニカ・ベルッチ、豪華ですよね~。

インタビューウイズ
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994年)
退廃的で美しいゴシックホラー制作発表時には原作ファン&作者からNO!を突き付けられたトムさまが、妖艶でいて強いヴァンパイアを見事に演じ切って(完成時には)絶賛されましたネ。ブラピの美しさ、当時12歳のキルスティン・ダンストの少女ヴァンパイアも良かった♡

アンダーワールド
『アンダーワールド』(2003年~)
何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘い。シリーズ化されてます。
吸血鬼もののアクション系といえば『ブレイド』やヒュー・ジャックマンの『ヴァン・ヘルシング』も好きなんだけど、本作の女処刑人セリーンを演じるケイト・ベッキンセールが、超クールでカッコいいのダ。

ぼくのエリ
『ぼくのエリ 200歳少女』(2008年)
永遠に年をとらないバンパイアの少女と、孤独な少年。魂が誰かに受け入れてもらえることを待っている・・そんな繊細でピュアな部分と、動物的な「生きること」への本能のような生々しさ。北欧初の吸血鬼映画は、心震えるほど強烈で美しかった~~♪
ハリウッドリメイクの『モールス』もぜひあわせて観て欲しい。

デイブレーカー
『デイブレーカー』(2008年)
これまたユニークな新しい吸血鬼映画ですよ~。なにせ近未来の世界では人類の95パーセントは不老不死のヴァンパイアいまや、ヴァンパイアは日陰の身などではないのダ!!
イーサン・フォークが、決して強そうに見えない悩めるヴァンパイアにぴったりでした♡

ビザンチウム
『ビザンチウム』(2012年)
永遠の孤独を運命づけられた吸血鬼の少女をシアーシャちゃんが演じるそれだけでもう!ベストです(*^-^*)
純粋で孤独で儚いヴァンパイアを演じたシアーシャちゃんが美しい~、対照的にパワフルでバイタリティ溢れるヴァンパイアを演じたジェマ・アータートンの存在感も強烈でした。

オンリーラヴァーズ
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(2013年)
ジム・ジャームッシュ監督の吸血鬼映画はこれまでに見たことがない吸血鬼映画だった!!
引きこもり、鬱なアダムの世話を焼く包容力たっぷりなイブ、トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンがたまらなくいい感じ♡
21世紀を生きる吸血鬼カップルを優しく、あたたかく描いた作品でした。


ジョニデのコメディ吸血鬼『ダークシャドウ』も面白かったナ~。書いてたらますます、いろいろ再見したくなってきましたよ。
そうそう、そして!観てない吸血鬼映画で気になるものも発見~~

hannga-.jpg
1981年のイギリス映画『ハンガー』
カトリーヌ・ドヌーブとデヴィッド・ボウイの吸血鬼カップルなんて見たすぎる~~~!(^^)!

以上、お遊び企画でした(笑)
お薦めの吸血鬼映画、ぜひ教えてください~(*^-^*)



  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

2024年新春 楽しみな映画♪ :: 2024/01/08(Mon)

IMG_20240102_215034_(1080_x_1440_ピクセル)

三が日が過ぎ、成人の日を含む3連休も終わり、明日からは普段の日々に戻りますネ。
我が家は暮れから孫や娘が体調を崩し、健康であることのありがたさを改めて強く感じた新春でした。

まだ1本も映画を観ていませんが、楽しみにしている映画がたくさんありますよ~(*^-^*)

まずは1月26日から始まる

哀れなるものたち

ヨルゴス・ランティモス監督&エマ・ストーンがタッグを組んだ『哀れなるものたち』
スコットランドの作家アラスター・グレイの同名ゴシック小説を映画化ということで、なにやらまたしても一筋縄ではいかない感じに期待が高まります


そして昨年のベストに挙げてる方が多かった、大好きなカウリスマキ監督の最新作『枯れ葉』

枯れ葉

こちらではホールソレイユさんで2月6日から~♪

ポトフ

ジュリエット・ビノシュとブノワ・マジメルの『ポトフ 美食家と料理人』は同じくホールソレイユさんで3月15日から~♪こちらもめちゃめちゃ楽しみ♡


そして、プライムでは、
シアーシャちゃんの近未来SFドラマ『もっと遠くへ行こう』が配信始まってますヨ!!!

もっと遠くへ

ポール・メスカルもイケメンだ~~(*^-^*)


2024年もお楽しみがいっぱい(笑)
あ、でもまずは、昨年の勝手にCinema賞 ファッション編にとりかかりまーす


  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

映画のレシピ 香川県立ミュージアム :: 2023/10/11(Wed)

映画のレシピ

香川県立ミュージアムで秋の特別展「映画のレシピ」が始まりました。

この秋、歴史と地域の2つの視点から映画をとらえる特別展を開催します。
日本で初めて映画が上映されたのが明治29年(1896)。その後、香川県でも多くの作品が公開され、人々の身近な存在となっていく映画の足跡をたどります。
香川県初公開となる資料や映像、これまでの調査成果などから、県内で育まれた映画文化について紹介します。
地域に根差した映画史の大規模な展覧会は香川県において初めての試みです。
今回の展覧会が、映画を知る「レシピ(手順書)」となるとともに、地域の歴史や文化に触れる「レシピ(秘訣)」になれば幸いです。



>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

高知のお話と秋のお楽しみ♪ :: 2023/09/27(Wed)

IMG_20230927_073637_(600_x_400_ピクセル)

「おまんが、あのヤッコソウ~~~!!」
週末、家族と室戸岬の突端、24番札所最御崎寺(ほつみさきじ)から始まる、高知霊場を巡りました。

IMG_20230927_073606_(600_x_400_ピクセル)

26番札所の「金剛頂寺(こんごうちょうじ)では、あの「らんまん」に登場したヤッコソウの自生地が・・!!
・・・・といっても、ヤッコソウの花が咲くのは11月秋が深まったら、この立札のところに奴さんのような花が咲くのね♪と感慨深く見てきましたよ!(^^)!

27番札所近くには、北川村「モネの庭 マルモッタン」もあります。
高知を訪れた時には牧野植物園と並んで何度も訪れている場所なのですが、今回もやはり素通りはできず!!

印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。
ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり、「睡蓮」などの多くの名作を生み出す舞台となりました。 北川村「モネの庭」マルモッタンは、この庭と家をクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら、彼の精神と共に再現したものです。



IMG_20230927_073802_(600_x_400_ピクセル)

IMG_20230927_073917_(600_x_400_ピクセル)

IMG_20230927_074049_(600_x_400_ピクセル)

あいにく曇り空、実際はもっともっと美しいのよ~~水連は午後には閉じてしまうので午前中がおススメですが、訪れた15時でもまだ咲いてくれてましたヨ♪

IMG_20230927_073849_(600_x_400_ピクセル)

IMG_20230927_074029_(400_x_600_ピクセル)

IMG_20230927_074017_(600_x_400_ピクセル)

あの猛暑だったのに、植栽も美しいナ~。どれだけの手間と愛情がかかってるんだろうと感心します。

はっ!!イケナイ。
秋のお楽しみの映画とドラマの記事のはずが!!まるで日記ブログのように写真貼りまくり・・・

露伴ルーブル

楽しみにしていた「岸部露伴、ルーブルへ行く」がプライムに挙がっていますネ!!芸術の秋、実際にルーブルでロケしたっていうのがワクワク。モナ・リザの前でのシーンもあるそうなので、楽しみです。
・・・・・でも黒~~い絵にまつわるお話なので、やっぱり今回も怪しいのよね!(^^)!


何たべ

そして!!こちらですよーーー!!この秋の一番のお楽しみドラマ。
「何食べ」が帰ってきたーーーー!
シロさん、ケンジ、お帰り~~♡
美味しいものもまたいっぱいありそう。ちょっぴり切なく、ほっこりと優しいあの世界にまた浸れるのが待ちきれないわ~~(撮り忘れないようにブルーレイの先行予約機能を使ってみた 笑)



  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

さて、9月!何観る!? :: 2023/09/02(Sat)

IMG_20230902_193950_(400_x_600_ピクセル)

庭のラ・フランスの実を収穫♪
売り物みたいに大きくないし、見栄えも全然良くないし、追熟させても固いままなんだけど・・・、コンポートやジャムにして楽しみまーす(*^-^*)

さて!9月になりました。まだまだ暑いけれど、気持ちはちょっぴり秋です。
今月は観たい映画がいろいろあって、嬉しい悩みを抱え中!(^^)!



>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

連休明けました♪映画「ザ・メニュー」 :: 2023/05/10(Wed)

20230507085413f01s.jpg

GWも明けましたネ。そろそろ平常に戻りつつ・・・・いや、まだ戻れてません~~
例年どこへ行くということもない我が家のGWですが、今年は金毘羅で若冲展、徳島では札所をめぐり、そして最後は大阪コミコンに参加!!という、かってないアクティブGWになりました♪

特に人生初のコミコンなにがどういうものなのかもよくわかっていませんでしたが、人の多さ、やっぱり半端なかった~~コミコンはスニーカーで!!と聞いていたので(履いて行って)ヨカッタ、よく歩きました。
20年来のファンであるオーランド・ブルームのサインをもらい、一緒に撮影をして、思い残すことはありません~!(^^)!
マッツのステージがオーランドのサイン会の時間と被ってて見れなかったのだけは残念・・・、でもそのあと、遠目からファンに黙々とサインをする生マッツ!見れました(*^-^*)


さて、そんなGW明けに選んだ映画は、
『ザ・メニュー』


>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:1
  3. | comment:16

GW♪映画と読書 :: 2023/05/01(Mon)

IMG_20230501_093517_(1080_x_1440_ピクセル)

「おまんは誰じゃ~~!?」
庭の花に土佐弁で話しかけてしまうのは、朝ドラの影響(笑)
ブルーのスパニッシュブルーベルは庭に生えているんだけど、白バージョンはいったいどこからやってきたんだろう?
こういうサプライズがあるから花って面白い♪

花といえば、GW初日に金毘羅で開催されている「お待たせ!こんぴらさんの若冲展」に行ってきました。

IMG_20230501_093533_(1080_x_810_ピクセル)

金刀比羅宮、奥書院の「百花図」
若冲が手がけた1764年の作で、6畳ほどの「上段の間」の壁やふすまに、ツバキやボタン、ユリなど201点もの花々が描かれた作品。
劣化が目立ち始め2021年11月から修復を行っていたのですがようやく完了、一般公開はなんと9年ぶりということです。

若冲

(撮影はもちろん禁止なので↑はHPからいただいてきました)
六畳の間の床の間、周囲の壁、襖全体に広がった花々、葉っぱには虫食い穴まで描かれたその緻密さ、そしてこの時代に描かれたと思えないほどのモダンさ。見惚れました♡
ほかにも円山応挙の「水呑(みずのみ)の虎」(1787年)、岸岱(がんたい)の「群蝶図(ぐんちょうず)」(1844年)など、貴重な作品の数々、そしてこちらお庭も素晴らしかった~!


さて、読書と少し前に観た映画の感想をまとめてUPします。
『その名を暴け SHE SAID』原作本

『デリシュ』
『ポーラー 狙われた暗殺者』


>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:1
  3. | comment:20

これから先のお楽しみ♡ :: 2023/04/13(Thu)

IMG_20230413_112656_(600_x_400_ピクセル)

「私の一番好きな花」
孫のユサちゃんがそっと教えてくれた、コデマリの花が今年も咲き始めました。

IMG_20230413_112712_(600_x_400_ピクセル)

あっという間に4月も中旬過ぎちゃいましたネ
この分だとすぐにゴールデンウィークが来ちゃいそうですヨ。
特に何の予定も立てていない連休ですが、実はこの先、(春から秋にかけて)行きたい映画や展覧会、企画展を発見して、テンション上がってます(*^-^*)


>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

さて、春、何観よう~♪ :: 2023/03/15(Wed)

IMG_20230314_173112_(400_x_600_ピクセル)

ビックリするほど暖かい日と、ひんやり肌寒い日と・・・、春先は体調管理が難しい~、着る服も困る~
庭ではクリスマスローズが、すく~~っと立ち上がり、ガーデニングの気分も上昇中(*^-^*)

映画も観たいのがいっぱい
「エブエブ」はアカデミー賞を席巻しましたね、ビックリ!!「フェイブルマンズ」も気になっているんだけど
それ以上に気になっているのが

トライアングル

これですワ。
監督、脚本がスウェーデンのリューベン・オストルンド
ブラックユーモアの効いた独特の世界観『フレンチアルプスで起きたこと』に驚きましたよ~!本作もかなりの問題作っぽくて楽しみです。

ブックリスト
そしてこちらは、ほっこり~地味映画っぽいイタリア映画。
「イタリアの最も美しい村」のひとつに数えられるチビテッラ・デル・トロントが舞台だそうなんですよ~♪
本や書店が登場する映画が好きなので、これは行きたいーーー。

どちらもホールソレイユさんで上映予定あり♡ありがたい~~


  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

少し夏休み♪ :: 2022/08/05(Fri)

IMG_7211.jpg
葉っぱの影からパイナップル!?

IMG_7210.jpg
実はパイナップルリリーという夏のお花です。
この花が咲くと毎年夏だなあ~!!と実感します。もう来週お盆ですものね。

さて、実は昨日、眼に異常が見つかりました。
幸い早期発見でしたので、入院や手術までに至らずにすんでホッとしていますが、治療&療養を兼ねて、映画のレビューは少し夏休みをいただこうと思います。

『パンドラの果実』のセカンドシーズンを観たいがためにHuluに加入、無料期間中にいっぱい観ちゃおー!と鑑賞した作品や、『死霊館』ユニバースもコンプリート目指していたので、それらは、また後日ぼちぼちアップできたらなぁと思っています。

アナベル
こんなのとか・・・ね

みなさまのところにも、良くなりましたらまたお伺いさせていただきますね。

毎年恒例の孫ちゃんとのおうち夏祭りも絶賛計画中です(笑)
まだまだ暑い日が続きますが、みなさまもどうぞご自愛くださいませ。


IMG_7207.jpg



  1. 映画のはなし

懐かしい映画を観るには・・・・! :: 2022/06/04(Sat)

ステインアライブ

懐かしい、ふる~~い映画を観返したくなる時、以前ならビデオショップにそこそこ置いてあったのだけれど・・・・無くなりましたね~(>_<)
お店の中のDVD棚がどんどん縮小されてるような気がする~~、今日はいつも行くTSUTAYAで毎回楽しみにチェックしている「発掘良品」シリーズのコーナーが無くなってることに気づいてショック!!

「日本映像ソフト協会」の調査によると、映画などのレンタル市場は5年前からほぼ半減していて、代わりに動画配信サービスの市場は4倍以上に増えているそうです(2020年時点)。
今に映画は映画館か、配信か、どちらかでしか観れない時代になるのでしょうか。
映画のパッケージがずら~~りと並んだ棚を「あっ!こんなのあるんだ~~」とレンタルショップウォッチャーするワクワク感、遠い昔になりつつあります。
もっと遠い昔といえば・・・レンタルビデオが一泊1000円!!という驚きの時代、私が一番初めて借りたのは「ハノーバー・ストリート 哀愁の街角」でしたよ(*^-^*)



・・・・で↑、『ステイン・アライブ』!(^^)!
『サタデーナイトフィーバー』の続編1983年の作品です。みみこさんからコメントいただいて、どうしても観たくなりましたお店にはやっぱり無かった・・・。
こういう時の頼みは、ネット宅配レンタル私より、ずっとずっと古い映画を観る息子のどこから探してきたん!と驚くような作品も届きます(*^-^*)
TSUTAYAさん、ディスカスは絶対やめないで~~!!

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

GWに観た映画♪ :: 2022/05/04(Wed)

IMG_05052022_135125_(400_x_600_ピクセル)
GWに高松市屋島にある“四国村”を訪れました。かれこれ20数年ぶりです。
“四国村”は、四国各地から古い民家や建物を移築復原した野外博物館。
村内では30以上の建造物や2万点以上の民俗資料を見ることができるのですが、2002年には建築家・安藤忠雄氏設計のモダンなギャラリーが完成しています。
以前訪れた時にはまだ無かったので、ギャラリーを訪ねるのがとても楽しみでした。

IMG_05052022_135247_(600_x_400_ピクセル)
村内の深い緑の中、クラシカルな門を抜けると・・・・、
IMG_7177.jpg
コンクリート打ちっぱなしのモダンな建物が・・・・。全景は上手く撮れませんでしたので(↑の)写真は、パンフレットから拝借しています。
館内では、ピカソ、ルノワールやシャガール、ドガ、印象派とエコール・ド・パリ展が開かれていました。展示数はそれほど多くはなく、美術館というよりまさにギャラリー。展示室は地下ですが一階の照明は自然光のみで、とても落ち着いた空間でした。

IMG_7147.jpg
IMG_7142.jpg
地下の展示室から外に出ると水景庭園に出ることができます。眺望が良く、水音と緑に癒される、とても気持ちの良い空間、すっかり気に入ってしまいました(*^-^*)

ちょっと紹介しようと思ったのにまるで日記ブログのようになってしまいました
でも、四国村にはまだまだまだ他にも興味深い建物がたくさんあるので(ゆっくり回ると2時間以上かかります、良い運動にもなりました)興味のある方は四国村HPを覗いてみてくださいね。

さて、先日お花やガーデニングの登場する映画のお話をしましたが、GWに2作品鑑賞しました。
『マンハッタン 花物語』
『ラブ・フラワー』



>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

五月に観たい映画♡ :: 2022/05/01(Sun)

ブルーベル2
五月の庭にちいさなブルーベルが咲き始めると、『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』(2009年イギリス・オーストラリア映画)を思い出します。

ブライトスター

ジェーン・カンピオン監督が、わずか25歳の若さでこの世を去った英国詩人ジョン・キーツとその恋人ファニー・ブローンの美しくも切ない愛を描いた作品。ベン・ウィショーくんは繊細な詩人にドンピシャだったなぁー。
↑この一面のブルーベルに憧れて、いつか我が家の庭も・・・とお迎えしたのですが(植えて)10年ほどたってもちらほら・・・のまま。
気候や土地が違いすぎるんでしょうか・・・

ガーデニング熱が急上昇する(笑)五月は、お花や庭、ガーデニングが登場する映画を再見したくなります。

『グリーン・フィンガーズ』(2000年)
西の魔女が死んだ』(2008年)
フラワーショウ!』(2014年)
ヴェルサイユの宮廷庭師』(2014年)
マイ・ビューティフル・ガーデン』(2016年)

大好きな『クリクリのいた夏』にはスズランのブーケが出てきましたっけ。
きっとまだまだあるよね~♪

アマプラで見れるの探してみよう~っと(*^-^*)いいのあったら、教えてください~


  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

GWと5月の映画♪ :: 2022/04/22(Fri)

IMG_7088.jpg

かれこれ40年近く前に買った、年季の入りすぎた(*^-^*)木のテーブル。
まだまだしっかりはしていますがさすがに傷だらけ・・・・、主人が落ち着いたグリーンに塗りかえて外のデッキに置いてくれました。

IMG_22042022_202041_(400_x_600_ピクセル)
(咲き始めた西洋オダマキ)

GWは、庭を見ながらお茶を飲んだり、テーブルの上で寄せ植えを作ったりしようかな~
家族のお休みがあえば、近場でお出かけもしたいものです♪

5月に入ったら、ソレイユさんで観たい映画もあるんですよ!!(*^-^*)

『ゴヤの名画と優しい泥棒』(5月6日~)
『サタデー・ナイト・フィーバー』《ディレクターズカット 4Kデジタルリマスター版》(5月13日~)


あらっ!!なんと『フラッシュダンス』《4Kデジタルリマスター版》も上映予定にあるゾーー!!
フィーバー&フラッシュ(笑)どっちも懐かしい、どっちもまた映画館で観たいナ。


  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

さて、どれ観よう!(^^)! :: 2022/02/20(Sun)

IMG_19022022_160605_(400_x_600_ピクセル)

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」が東京で開催中いいな、イイナ~♡
昨年11月から大阪でやってた時、チャンスを逃してしまいました(>_<)
せめても・・・と、ニューヨーク発のティーブランド、ハーニー&サンズが、この展覧会を記念して発売した、メトロポリタン美術館とのコラボレーションティーを購入してみました
左側、“ガーデン・セラピー・ハーバル・ティー”は、クロード・モネのThe Parc Monceau / モンソー公園(1878年) がパッケージに、
右の“ホット・アップル・スパイス・ブラック・ティー”は、セザンヌのStill Life with Apples and a Pot of Primroses /りんごと桜草の鉢のある静物(1890年)の絵が使われています。
素敵な缶を眺めつつ、お茶を飲むのが楽しみです。

観たいと言えば!!!
25日から劇場公開が始まる映画
延び延びになっていた『ナイル殺人事件』がようやく始まる~~!!と思ったら、ジョー・ライト監督の『シラノ』ロクサーヌがヘンリー・ベネットなんですよ~~。
ソレイユでは、マッツの『ライダーズ・オブ・ジャスティス』も25日からだ!!そして全くノーチェックだったけど『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』これも気になってきましたよ。

う~~~ん、どれ行こう。
でも観たいのがいろいろあるのは嬉しい悩み(笑)



  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
次のページ