2018
06.02

7月に会いましょう♪

Category: 映画のはなし
IMG_5490.jpg

『君の名前で僕を呼んで』
香川では7月28日からの上映です!(^^)!

まだ・・・・ひと月以上も先ダーーー(>_<)
でも、劇場で観れる♪(ホールソレイユさん、ありがとう)

お友達が「バカンスみたいだった」って感想に書いてたから、夏真っ盛りの上映もいい感じかも♪
書店で原作本買って・・・・待ってます(笑)

先に読みたくなっちゃうかも~


Comment:2  Trackback:0
2018
03.20

強くて美しい女性たち・・・・💛

Category: 映画のはなし
今週観た映画のヒロインたちの、なんと!半端なく強くて美しいこと~~


アトミックブロンド
『アトミック・ブロンド』M16の諜報員ロレーン(シャリーズ・セロン)


エル
『エル ELLE』 ミシェル(イザベル・ユペール)


セブンシスターズ
そして、
『セブン・シスターズ』 カレン・セットマン(ノオミ・ラパス)


いやぁ、それぞれにお見事でした
感想はゆっくりと~~。



ちなみに、『セブン・シスターズ』の七つ子は(マンデーからサンデイまで)はこちら

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日

ノオミさんの七変化・・・じゃない、七役演じ分けがスゴイよね!!

Comment:0  Trackback:0
2018
02.19

「アンロック/陰謀のコード」

Category: 映画のはなし
アンロック 陰謀のコード

日記ブログにも挙げていますが、嬉しいのでこちらにも~~(笑)
ノオミ・ラパス主演!オーランド・ブルーム、マイケル・ダグラス、トニ・コレット共演の原題『アンロックド』の4月公開が決定~~
邦題は『アンロック/陰謀のコード』

公式サイトは、こちら~→★


新たな場面写真も日本語記事で挙がってますので、そちらもペタリ~。

映画ナタリー

TimeWarp


アンロック

オーランドは孤立したアリス(ノオミ・ラパス)とバディを組むことになる元海兵隊員ジャックの役・・・ということですが、
この写真を見ると、ただの海兵隊員、ただのバディというわけでは・・・・ないのかも~~
あぁ、気になる~~。

なにはともあれ~!!祝劇場公開~~


Comment:0  Trackback:0
2018
01.09

瞳の勝手にCinema賞 おまけ ファッション編 その②

Category: 映画のはなし
ブレラン

勝手にCinema賞ファッション編、その②です~(笑)

男優さん~♪

※こちらもクラシックな衣装からいきましょう。


続きを読む
Comment:8  Trackback:0
2018
01.09

瞳の勝手にCinema賞  おまけ編 ファッション その①

Category: 映画のはなし
あなたの人生の物語

勝手にCinema賞、最後は恒例のファッション編へGo~

その前に去年読んだ、映画の原作本は

『ブルックリン』 
『妻を殺したかった男』(映画「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」)
『あなたの人生の物語』(映画「メッセージ」)
『メアリと魔法の花』
『ガール・オン・ザ・トレイン』
『特捜部Q Pからのメッセージ』
『冥闇』(映画「ダークプレイス」)


『ブルックリン』は映画とはまた違ったエイリュッシュにどんどん惹かれていきましたよ~。
『ガール・オン・ザ・トレイン』と『冥闇』は、ぜひ映画と原作あわせて読むのをお勧めしまーす。
特に『冥闇』は、映画ではその心中があまりわからなかった登場人物にグッと近づけて良かった!!

映画も素晴らしかった「メッセージ」の原作『あなたの人生の物語』は、短いお話ですが、美しくてとても印象的。人生への、娘への愛情が胸に迫ってきました。
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2018
01.05

瞳の勝手にCinema賞 2017年 スター編

Category: 映画のはなし
ライアン

2018年、新年あけましておめでとうございます

4人目の孫ちゃんが無事生まれ、ホッとしています👶
予定日にピタリと生まれてビックリ!!律儀だーー(*^-^*)


さて、2017年の勝手にCinema賞スター編をUP~

続きを読む
Comment:9  Trackback:0
2017
12.26

2017年瞳の勝手にシネマ賞

Category: 映画のはなし
マンチェスターバイザシー

クリスマスも終わって、あとは年末に向けてまっしぐらーーー
師走の時間ってどうしてこんなに早いんでしょう。
4人目の孫の誕生がまじかに迫っているせいか、いつもの年末よりもドキドキして過ごしています。

と言うわけで、今年はいつもより早めに年末の映画賞をUP~♪


2017年は、劇場鑑賞 10作品、 レンタル&WOWOW鑑賞 95作品
105作品を鑑賞しました。

恒例の勝手にCinema賞は、
例年どおり新作、旧作問わず、私が今年鑑賞した作品に、気ままに勝手なCinema賞をあげちゃいます。
続きを読む
Comment:15  Trackback:3
2017
11.28

嗚呼、トラウマ映画たち・・・・。

Category: 映画のはなし
原作ブレイブ

お友達がトラウマになった映画たちを記事に挙げていました。
以前読んだ(町山智浩さん著)『トラウマ映画館』も興味深かったなぁ。

私のトラウマ映画・・・・ある、アル~
それは・・・。


続きを読む
Comment:10  Trackback:0
2017
06.19

映画のパンフのこと。

Category: 映画のはなし
IMG_4815.jpg

昨日家族で岡山に出かけました。
途中寄った古本屋さんで見つけた懐かしい映画のパンフ

先日引退宣言をしたアラン・ドロンの「ル・ジタン」シビレルほどカッコイイ!!
「ラストコンサート」は、学生時代に映画館で観てたのにパンフ持ってなかった~~。

・・・・と、嬉しい遭遇なのですが。
さて、どうしよう。


続きを読む
Comment:10  Trackback:0
2017
05.09

GW明けです♪

Category: 映画のはなし
美女と野獣

GW、娘たち、孫ちゃんたちと賑やかに過ごしました。
コメントのお返事が大変遅れてごめんなさい~。


映画の感想も溜まってる~~!(^^)!
忘れないようにタイトルだけを先にメモしとこう~。感想も・・・ガンバ

WOWOW鑑賞作品
『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な旅行代理店』
『Mrホームズ 名探偵最後の事件』
『カプチーノはお熱いうちに』


『ガール オン ザ トレイン』原作もGW中に読了

『ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』


そして、今日は今から『美女と野獣』行ってきまーす

Comment:0  Trackback:0
2017
01.05

瞳の勝手にCinema賞 おまけ編 ファッション他2016年

Category: 映画のはなし
キャロル5

勝手にCinema賞、最後は恒例のファッション編へGo~

その前に去年読んだ、映画の原作本は

『キャロル』
『レヴェナント』
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』
『特捜部Q』シリーズ
『ジャングルブック』


でした
『特捜部Q』シリーズにすっかりはまってしまったのですが、シリーズ読み切ってしまってはお楽しみがなくなる~!と少しづつ・・(笑)
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』はラスト、夫婦が選んだ選択が小説と映画で違ってましたヨ
どちらもそれぞれ納得できる・・・ところが面白い。
今とっても気になっているのは『ブルックリン』です。図書館に予約中~♪


続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
01.03

瞳の勝手にCinema賞 2016年 スター編

Category: 映画のはなし
ヒューさま

2017年あけましておめでとうございます

大晦日からずっととっても暖かなお正月でした。
孫ちゃんたちと公園に行ったり、ゲームセンターに行ったり、賑やかに過ごしました~♪

映画はまだ1本も観ていません。
今年もマイペースで、まったり~映画鑑賞かな
どうぞ、よろしくお願いします♪


それでは、Cinema賞に続いてスター編、レッツゴー

続きを読む
Comment:10  Trackback:0
2016
12.29

2016年瞳の勝手にCinema賞~♪

Category: 映画のはなし
さざなみ


あと2日となった2016年。

キャリー・フィッシャーさんの突然の訃報に驚きました
まだ60歳『スターウォーズ フォースの覚醒』で懐かしい姿を観れたのに・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

2016年、劇場鑑賞 7作品、 レンタル&WOWOW鑑賞 89作品
恒例の勝手にCinema賞、
例年どおり新作、旧作問わず、私が今年鑑賞した作品に、気まま、勝手なCinema賞をあげちゃいます。
続きを読む
Comment:12  Trackback:2
2016
01.05

瞳の勝手にCinema賞 おまけ編 ファッション他 2015年

Category: 映画のはなし
マダム2


勝手にCinema賞、最後は恒例のファッション編へGo~

その前に去年読んだ、映画の原作本は

『輪廻の蛇』(映画「プリデスティネーション」の原作)
『私が眠りにつく前に』(映画「リピーテッド」の原作)
『素晴らしき結婚生活』(映画は「ファミリー・シークレット」)
『ゴーン・ガール』
『盗まれた街』(映画は「ボディ・スナッチャーズ」)

でした
どれも、映画と見比べて(読み比べて)とっても面白かったデス。
中でも、ジャック・フィニイの『盗まれた街』は、さすが、何度も映画化されるのが分かる~!SFの古典、名作だわ!と納得です。

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2016
01.02

瞳の勝手にCinema賞 スター編2015年

Category: 映画のはなし
ジャスミン

新年明けましておめでとうございます。

今年もマイペースで、映画鑑賞していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

それでは勝手にCinema賞、作品に続いてスター編です



続きを読む
Comment:7  Trackback:2
back-to-top