2017
07.18

「クローズ・ド・バル 街角の狙撃手と8人の標的」

クローズドバル

マドリードの交差点に建つ1軒のバルは、いつものように常連たちで賑わっていた。
ひとりの美女が店に立ち寄り、飲み物を注文する。
携帯電話の充電が切れてしまった彼女は店員に相談するのだが・・・、その時、一発の銃声が鳴り響く。
ひとりの客が店を出たとたん、頭を打ちぬかれたのだ!!
様子を見に行った客も銃撃され、店内に残った人々は外に出ることもできず、パニックに陥っていく・・・・・。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
05.11

「ガール・オン・ザ・トレイン」映画と小説

ガールオンザ

夫と離婚し、酒浸りの生活から抜け出せないでいるレイチェルは、ルームメイトに仕事と偽り・・・電車で往復する日々を送っていた。
唯一の心の支えは、電車の窓から見える、見ず知らずの「理想の夫婦」。
幸せだった頃の自分たちの日々と重ね合わせ、慰められていたレイチェルだったが・・・・ある朝、「理想の夫婦」の妻の不倫現場を目撃してしまう・・・。

まもなく、行方不明となったその妻に何が起こったのか・・、そして、その日、現場の近くを訪れてしまったレイチェルになぜ記憶がないのか・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
04.24

「高慢と偏見とゾンビ」

高慢と偏見と

18世紀末、イギリス。
謎のウイルスが蔓延し、感染した者はゾンビとなって人々を襲っていた。
片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は得意のカンフーでゾンビと戦う毎日だが、姉妹の母親は娘たちを早くお金持ちと結婚させなければと焦っていた。
そんな時、近所に資産家のビングリーが引っ越してきて、友人の大富豪で高潔な騎士ダーシーも出入りするようになる。
折しも舞踏会が開かれ、ビングリーとベネット家の長女ジェインはひと目で恋におちる。
一方、次女のエリザベスはダーシーの高慢な態度に腹を立てながら、彼のことが気になって仕方ない。ダーシーも戦う姿が勇ましい彼女に惹かれていくが、身分の違いを乗り越えることができないでいた。

        <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2016
12.22

「教授のおかしな妄想殺人」

妄想殺人

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。
そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。

                    <公式サイト ストーリーより>



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
12.02

「キャロル」

キャロル

1952年ニューヨーク、クリスマスを間近に控えて街は活気づき、誰もがクリスマスに心ときめかせている。
マンハッタンにある高級百貨店フランケンバーグのおもちゃ売り場でアルバイトとして働く若きテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)。
フォトグラファーに憧れてカメラを持ち歩き、恋人のリチャード(ジェイク・レイシー)から結婚を迫られてはいるが、それでも充実感を得られず何となく毎日を過ごしていた。
そんなある日、おもちゃ売り場にキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)が4歳の娘リンディへのクリスマスプレゼントを探しに訪れた。

                <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:1
2016
10.26

「獣は月夜に夢を見る」

月夜に獣は

美しい海岸沿いの小さな村で、父と病気の母と暮らすマリー。
父は母の病のことは何も教えてくれない。村の住人は車椅子の母を恐れ、マリーには懐疑的な眼差しをぶつけてくるが、彼女はそれがどういう理由から来るものなのか知らなかった―。ある日、マリーは職場で出会ったダニエルに恋をする。孤独を抱える二人は徐々に惹かれ合うが、時を同じくしてマリーは身体に奇妙な変化を感じ始める。その感覚は強まり、次第にコントロールできなくなっていく。身体の異変と母の病気について調べ始めるマリーだったが、そこには決して抗えない哀しい秘密が隠されていた…。全てが明らかになった時、愛し合う二人が下した衝撃の決断とはー

                              <公式サイト ストーリーより>




↓ ※ちょっぴりネタバレかな?未見の方はご注意くださいね。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
06.10

「クリムゾンピーク」

クリムゾンピーク

10歳の時母をコレラで亡くして以来、幽霊が見えるようになったイーディス。
幼い彼女に母の幽霊は「クリムゾン・ピークに気をつけろ」と警告する。

やがて作家を目指すようになった彼女はある日、イギリスからやってきた魅惑的な貴族トーマス・シャープと出会う。
結婚し、彼と姉ルシールの住むイギリスのお屋敷で暮らすことになったイーディスだが・・・・。

続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
03.24

「コードネーム U.N.C.L.E」

uncle.jpg

舞台は東西冷戦真っただ中の1960年代前半。まさに敵同士のCIAエージェントとKGB工作員が、世界を巻き込む一大テロ事件を止めるために手を組んだ!やり方、考え方が真逆のコンビが世界を股にかけ、鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘を守りながら科学者本人を探し出さなければならない。タイムリミットが迫る中、核爆弾大量生産技術流出の危機から世界を救えるのか・・・・。

                  <公式サイトより>

続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
03.07

「彼は秘密の女ともだち」

彼は秘密の

7歳の時から大親友だったローラを失ったクレール。
深い悲しみに沈みながらもローラの夫と幼い娘リュシーを生涯守ることを誓う彼女だったが、ある日、二人の様子を見ようと家を訪れてビックリ!!
そこには亡き妻の服を着、化粧をして娘をあやすダヴィッドの姿が・・・・。


↓※ラストについてネタバレしています。未見の方はご注意くださいね。
続きを読む
Comment:4  Trackback:1
2015
12.28

「キングスマン」

キングスマン

ロンドンの高級テイラー「キングスマン」、
その実態は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ組織だった!!

エージェントのひとり、ハリー・ハートは、かってチームのために命を落とした仲間の息子エグジーと17年ぶりに再会する。
エグジーの身体能力の素晴らしさにハリーは、キングスマンの新人試験を受けるよう薦め・・・・・。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2015
12.17

「靴職人と魔法のミシン」

靴職人

マンハッタンのロウアー・イーストサイド。
代々続く小さな靴修理店を営むマックスは、彼女もなく、平凡な毎日を送っていた。
ある日、愛用のミシンが故障してしまったマックスは、物置に古い足踏みミシンがあることを思い出す。
曽祖父がその昔、善行のお礼にと見知らぬ旅人からもらったミシン・・・・、
ふとした思い付きから、そのミシンで修理した靴を履いてみたマックスは、鏡を見てビックリーー!!
そこに写った姿は・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
12.03

「家族の波紋」

家族の波紋

アフリカで1年間ボランティア活動に従事することを決意した青年エドワード。
出発までの間、家族は母パトリシアの提案でシリー諸島にある別荘で過ごすことになった。
エドワードと姉シンシア、料理人ローズと絵画教師クリストファー。
ゆったりと静かな時間を過ごす家族たちだが、そこにはどこかしら・・・・気まずい、不安な空気が広がっているのだった・・・・・。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
10.11

「間奏曲はパリで」

間奏曲はパリで

ノルマンディーで、畜産業を営むグサビエとブリジット夫婦。
夫の自慢は品評会で金賞の常連となっている立派な牛たち。
子どもたちも親元を離れ、穏やかな日々の中ちょっと物足りなさをおぼえるブリジットは、ある日、近所のパーティで魅力的なパリジャンの青年スタンと出会う。

皮膚病の診察と嘘をついて、パリへと一人出かけたブリジットはスタンの勤める店へと足を運び・・・・・。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
04.12

「ゴーン・ガール」

ゴーンガール

結婚5周年の記念日の朝、妻エイミーが自宅から突然姿を消してしまう。
いったい何が起こったのか?
やがてキッチンから大量の血痕が発見され、警察はアリバイが不自然なニックに疑いを向け始める。

メディアも事件を大きく取り上げ、ニックは全米から厳しい目を向けられる男になってしまうのだが・・・・・・・。


※↓ネタバレあります、未見の方はよ~くご注意くださいね。
続きを読む
Comment:4  Trackback:2
2015
03.31

「月下の恋」

月下の恋

大学で超心理学を研究しているデイヴィッドの元に、一通の手紙が届く。
マリエル屋敷で働く乳母テスは、亡霊に悩まされ続けているという。
霊の存在を信じず、インチキ降霊会を暴いてきたデイヴィッドに救いを求めてきたのだった。

デイヴィッドは、屋敷のある美しい田園地帯エドブルックへと赴く。
幼いころ、その地で彼は、双子の妹ジュリエットを事故で亡くしていたのだった・・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top