2017
05.16

「手紙は憶えている」

手紙は憶えている

最愛の妻ルースが死んだ。
だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。
ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。
「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」

           <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:6  Trackback:1
2017
02.28

「特捜部Q Pからのメッセージ」

Pからのメッセージ

未解決事件を扱う特捜部Qに、また新たな捜査の依頼がやってきた。
海辺を散歩していた町人がボトルの中に「助けて」と書かれた手紙を見つけ、Qに送ってきたのだ。
手紙はどうやら7~8年前に書かれたもので、インクが滲み殆ど読めない。
唯一の手がかりは差出人の頭文字“P”。
Qのチーム達は手紙を解読しながら該当する行方不明者を割り出していくが、そこには驚愕の事件が隠されていた…。

                 <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
01.24

「ダーク・プレイス」と原作『冥闇』

ダークプレイス


1985年、カンザス州の町。
8歳だったリビー・デイの証言により、彼女の兄ベンが逮捕された。その容疑は、母親と2人の姉妹の殺害。一部始終を目撃したのが、末妹のリビーだったのだ。
それから28年後─。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー(シャーリーズ・セロン)。定職もなく、孤独な生活を送る彼女に、「殺人クラブ」という団体から連絡が届く。

                          <公式サイト ストーリーより>


続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2016
09.08

「特捜部Q 檻の中の女」

檻の中の女

原作は、デンマークの作家、ユッシ・エーズラ・オールスンのミステリー「特捜部Q」シリーズの第1作「檻の中の女」。

ある事件で銃撃され3か月の入院後、現場に戻ってきたコペンハーゲン警察殺人課の刑事カールは、
新設されたばかりの未解決事件班「特捜部Q」に左遷させられてしまう。

過去20年間の未解決事件の資料を整理するという仕事に・・・・まったくやる気が起こらないカールだったが、
派遣された助手アサドの整理した捜査ファイルのひとつ、5年前に起きた美人議員失踪事件に小さな違和感を抱く。
やがて事件の捜査に乗り出した二人の前に・・・・。

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2016
08.31

今年も暑かった!!8月鑑賞作品 (追記しました♪)

ギヴァー


8月も今日で終わり・・・明日からは9月ですよ~
最近の学校は8月25日くらいから始まるのね、登下校の姿を見かけます。
31日に宿題の追い込み!!という“夏のお約束”って、もう過去のことなのダ

・・・といいつつ、31日に慌てて8月に鑑賞した映画の感想をまとめて挙げちゃう私でした


※WOWOW鑑賞作品
『アントマン』
『ヴィジット 消された過去』
『ミケランジェロ プロジェクト』
『ギヴァー 記憶を注ぐ者』


※レンタルで鑑賞
『黄金のアデーレ 名画の帰還』
『特捜部Q キジ殺し』


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
02.11

「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44

1953年、スターリン政権下のソ連で、子供たちの変死体が次々と発見される。年齢は9歳から14歳、全裸で胃は摘出され、山間にもかかわらず死因は溺死。だが、“殺人は国家が掲げる思想に反する”ため、すべて事故として処理される。秘密警察の捜査官レオは親友の息子の死をきっかけに、事件解明に乗り出す。捜査が進むほどに、国家に行く手を阻まれ、さらに、愛する妻にも不当な容疑が。真実が容易に歪められるこの国で、レオは真犯人に辿り着けるのか──?

            <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2015
07.23

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

チャーリー


キリル・ボンフィリオリの小説「チャーリー・モルデカイ」を映画化。
イギリスでフランシスコ・ゴヤの名画が何者かに盗まれる事件が発生!!
とある事情から、英国諜報機関のMI5はちょびヒゲがトレードマークの怪しい美術商チャーリー・モルデカイに捜査を依頼するのだが・・・・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
03.18

「ディス/コネクト」

ディスコネクト

友だちのいない少年ベンは、SNSで同級生の成りすましに騙され恥ずかしい写真をばら撒かれてしまう。
自殺を図るが一命を取り留めたベン・・・。
仕事が忙しく息子ともあまり関われずにいた父親リッチは、息子を自殺に追いやった原因が何なのか、必死に探ろうとするのだが・・・・。


続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2014
12.28

「チョコレートドーナツ」

チョコレートドーナツ

1979年、カリフォルニア。
歌手を夢見ながらも、ショーダンサーとして日々を送るルディは、店で出会ったポールと惹かれあうのだが、
努力して弁護士になった彼はゲイであることを周囲に隠している。

そんな二人が、母親に見放されたダウン症の少年マルコを引き取り、家族のように寄り添って暮らし始める。
幸せな1年・・・、
だが、法律と好奇の目という壁に阻まれ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
12.21

「トランセンデンス」

トランセンデンス

科学者ウィル(ジョニー・デップ)と妻エヴリン(レベッカ・ホール)は、人工知能PINNの開発研究に力を注いできたが、
反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃され、ウィルは余命わずかな身体となってしまう。

しかし、彼の頭脳と意識は、エヴリンの手によって死の間際にPINNへとアップロードされ、
ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、ネットを通してありとあらゆるデータを手に入れる。
やがて、その能力は人類をも超越してゆき・・・・・・。



↓※ ネタバレありです、未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2014
11.18

「超高速! 参勤交代」

超高速


江戸時代、8代将軍・徳川吉宗の時代。
参勤交代を無事終え、故郷に帰ってきた磐城国湯長谷藩のもとに、なんと!再びすぐに「5日以内に参勤交代せよ!」との書状が江戸より届く。
藩内の金山(金の出ない金山)略奪を狙う老中松平信祝の陰謀であった・・・。

金も時間もない湯長谷藩、しかし、命令に従わなければ藩はおとり潰しになってしまう。
藩主内藤政醇は、隠れ忍び雲隠段蔵を道先案内役として雇い、家臣6名を引き連れ、奇想天外な作戦に出る!!
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
11.14

「ダイバージェント」

ダイバージェント


最終戦争後の近未来。
人類は、農業を営む「平和」、治安を守る「勇敢」、司法をつかさどる「高潔」、知識豊富な「博学」、政権を担う「無欲」の5つの派閥に別れ、平和を維持してきた。

誰もが16歳になると性格診断テストを受け、その後の人生を過ごすコミュニティを決定する。
だがどの派閥にも当てはまらない人間は「異端者(ダイバージェント)」として社会から抹殺される運命にあった・・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
11.10

「大統領の料理人」

大統領の料理人

片田舎で小さなレストランを営むオルタンス・ラボリがスカウトを受け、連れて来られた新しい勤務先はエリゼ宮。
そこはなんとフランス大統領官邸のプライベートキッチンだった。
当初、値踏みするような目で遠巻きに眺めていた同僚たちも、いつしか彼女の料理の腕と情熱に刺激され、彼女のペースに巻き込まれ、官邸の厨房には、少しずつ新しい風が吹き始める。

                                       (公式サイト ストーリーより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
10.16

「デッドマン・ダウン」

デッドマン

妻子を殺され復讐を誓う暗殺者ビクターと、
交通事故で顔に大きな傷跡が残り、生きる希望を失っていた女性ベアトリス。
彼女もまた加害者への復讐を望んでいた。

心に傷を負う孤独な二人は、やがてお互いの距離を縮めていくのだが、ビクターの復讐劇もまた思わぬ事態へと展開してゆく・・・・・。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
10.03

「ドン・ジョン」

ドン・ジョン


大切にしているもの「体、車、家、家族、教会、美女、そして・・・・・ポルノ!」

鍛え上げた肉体と甘いマスクのプレーボーイ、ジョンは夜毎違った女性をお持ち帰り。
友だちは彼を「ドン・ジョン」と呼ぶ。
ある日、完璧な美女バーバラに一目ぼれしたジョンだが・・・・・。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top