FC2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




月イチ★クラシック「潮風のいたずら」 :: 2021/05/14(Fri)

潮風のいたずら

夫とともに自家用クルーザーで旅行中の富豪夫人ジョアナは、エンジンの故障で港に停泊している間に船内のクローゼットを改装するよう、地元の大工を雇う。
だが、大工ディーンが作りあげた靴入れの素材が気に入らないと料金を払わないばかりか、彼を海へ突き落してしまう。

その夜、ジョアナは誤って船から転落し、記憶喪失になって地元の病院に収容されるが、夫は傲慢な彼女を引き取ろうとはしなかった。それを知ったディーンは、もらえなかった料金分、彼女をこき使おうと画策、ジョアナを自分の妻と偽って家へ連れて帰ることに・・・・。


>>続きを読む

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

「ノマドランド」 :: 2021/05/12(Wed)

ノマドランド

リーマンショックによる企業倒産の影響で工場は閉鎖、住み慣れたネバダ州のエンパイアの住処を失ったファーンは、病気で夫も亡くしてしまう。
思い出に押しつぶされそうになる中、彼女が選んだのは、自家用車に家財道具を積み込み、車上生活者、“現代のノマド(遊牧民)”として、過酷な季節労働の現場を渡り歩くことだった。
行く先々で出会うノマドたちと交流を重ね、彼女の旅は続いていく・・・・・。


>>続きを読む

  1. 映画タイトル(な行)
  2. | trackback:2
  3. | comment:8

GW、プライムで観た映画♪ :: 2021/05/05(Wed)

IMG_6687.jpg

お天気の安定しないGW
ガーデニングやおうちBBQ、よっこらしょ~!と本の整理もやってみました。
懐かしの漫画が出てきて・・・・絶対読んじゃう、片付けアルアル~(笑)

プライムで観た映画の感想をUPします。

『ワンダーウーマン 1984』
『フッド ザ・ビギニング』
『オーバーボード』
『夜の来訪者』


>>続きを読む

  1. アマゾンプライム
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

連休のち・・・のお楽しみ♪ :: 2021/04/29(Thu)

IMG_6674.jpg

「GWやけど遠出は出来んしなぁ~~~(>_<)」
昨年に続いてのガマンのGWに今年こそ!旅行に行きたかった息子はガックリ

「まあまあ~~、ほらこれが今人気の“マリトッツオ”」!(^^)!
カルディで買ったマリトッツオはオレンジピール入りで爽やか、ぺろりといけちゃいますネ。

5月7日からホールソレイユさんで楽しみにしていた映画『アンモナイトの目覚め』がはじまります。
上映が無くてがっかりしていた『ノマドランド』もアカデミー賞効果で、近くのシネコンの上映が来月決定しました


私のお楽しみは・・・・連休明けてから始まります



  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

「白雪姫 あなたが知らないグリム童話」 :: 2021/04/23(Fri)

白雪姫

死んだ父親が経営していたホテルで働く若く美しいクレア。
義理の母モードが今はホテルを経営しているが、モードの恋人がクレアに恋をしたことで義娘に対する嫉妬心に囚われてしまう。
モードの心中を察した友人がクレアを葬ろうとするが、森の中で見知らぬ男に間一髪で救われ、クレアは男の双子の兄弟とチェリストとともに暮らすこととなる。
やがて村の男たちは美しいクレアに魅了されてゆくのだが、モードはクレアが生きていることを知り・・・・・。



>>続きを読む

  1. 映画タイトル(さ行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

月イチ★クラシック「デッドマン」 :: 2021/04/23(Fri)

デッドマン

東部クリーブランドから西部の端の町、マシーンへとやってきた会計士ウィリアム・ブレイク。
雇われるはずだったディッキンソン社では当てが外れ、途方に暮れるブレイクだったが、花売りの娘のセルを助けたことにより、彼女の部屋に誘われる。
ところが、セルの許嫁だったチャーリーが突如現れ、2人を見たチャーリーが銃を向ける。
銃弾はブレイクをかばおうとしたセルの胸を貫き、ブレイクの心臓の脇にのめりこんだ・・・・・!!


>>続きを読む

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

「パブリック 図書館の奇跡」 :: 2021/04/16(Fri)

パブリック

オハイオ州シンシナティ。
公共図書館に勤める図書館員スチュアート(エミリオ・エステベス)は、常連の利用者であるホームレスから「今夜は帰らない。ここを占拠する」と告げられる。
大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターは満杯・・・・彼らには行き場がないのだった。
約70人のホームレスの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にするのだが、平和的なデモだったはずが、スチュアートは精神的な問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまい・・・!!


>>続きを読む

  1. 映画タイトル(は行)
  2. | trackback:1
  3. | comment:6

「ストックホルム・ケース」 :: 2021/04/12(Mon)

ストックホルムケース

何をやっても上手くいかない悪党のラース(イーサン・ホーク)は自由の国アメリカに逃れるために、アメリカ人風を装いストックホルムの銀行強盗を実行する。
彼は幼い娘を持つビアンカ(ノオミ・ラパス)を含む3人を人質に取り、犯罪仲間であるグンナー(マーク・ストロング)を刑務所から釈放させることに成功。
続いてラースは人質と交換に金と逃走車を要求し、グンナーと共に逃走する計画だったが、警察は彼らを銀行の中に封じ込める作戦に打って出る。
現場には報道陣が押し寄せ、事件は長期戦となっていく。すると犯人と人質の関係だったラースとビアンカたちの間に、不思議な共感が芽生え始める……。

                  <公式サイト ストーリーより>




>>続きを読む

  1. 映画タイトル(さ行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

春休み♪ :: 2021/04/03(Sat)

DSC_4662_convert_20210403221838.jpg

DSC_4660_convert_20210403221709.jpg

孫ちゃんたちとの春休みを楽しんでいるので、映画はしばらくお休みです(*^-^*)
ご近所の神社の桜を愛でたり、入園を迎える孫ちゃんの通園用品を作ろうと(眠っていた)ミシンを稼働中

明日は、次女と孫ちゃんたちがイースターパーティーを企画しているみたいなので、楽しみです♪
図書館で借りた本、いろいろあるのね~(*^-^*)

DSC_4690_convert_20210403221641.jpg


  1. 本のこといろいろ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「リトル・ジョー」 :: 2021/03/23(Tue)

リトル・ジョー

人を幸せにする香りを放つ新種の植物「リトル・ジョー」を開発した研究者アリス。
シングルマザーで仕事人間の彼女は、息子のジョーを毎日ひとりにしているという罪悪感を抱きながらも日々の研究にいそしんでいた。
ある日、息子ジョーを喜ばせたいと会社の規定を破り、リトル・ジョーを一輪自宅に持ち帰るのだが・・・・その花粉を吸ったジョーの様子がしだいにいつもとは違ってきていることに気づく。
助手のクリス、そしてラボに閉じ込められた同僚の愛犬にも異変が・・・・。



>>続きを読む

  1. 映画タイトル(ら行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

WOWOWとプライムで観た映画 :: 2021/03/21(Sun)

DSC_4579_convert_20210313092759.jpg
(我が家のクリスマスローズたちをフロートフラワーに♡)

3月が早くも終わりそうです。
WOWOWとプライムで観た映画をまとめて感想UPしました(*^-^*)

『テッド・バンディ』(WOWOW)

『ブリミング・ウィズ・ラブ 幸せを呼ぶカフェ』
『ディラン・ドッグ デッド・オブ・ナイト』  (以上2作 プライム)



>>続きを読む

  1. WOWOW&プライム
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

「熱波」 :: 2021/03/15(Mon)

熱波

第一部「楽園の喪失」
ポルトガルのリスボンで、無口なメイドのサンタと暮らす老女アウロラ。
カジノで全財産を使ってしまったり、精神的にも不安な様子を見せる彼女を隣人のピラールは心配していた。娘はめったに姿を見せない。
やがてアウロラが倒れ、ピラールはサンタから彼女がジャン=ルカという人物に会いたいと聞き行方を探すのだった・・・。

第二部「楽園」
50年前の植民地時代のアフリカ、若きアウロラは裕福な夫と恵まれた暮らしを送っていたが、ある時出会ったジャン=ルカという青年と熱烈な恋に落ちてしまう。
夫との子どもを身ごもっていた彼女とジャン=ルカは忍びあいながら情熱的な愛をかわすのだった。


>>続きを読む

  1. 映画タイトル(な行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

「私のちいさなお葬式」 :: 2021/03/12(Fri)

私の小さなお葬式

村にひとつしかない学校で教職をまっとうし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている73歳のエレーナ(マリーナ・ネヨーロワ)が、病院で突然の余命宣告を受けた。
5年に1度しか顔を見せないひとり息子オレク(エヴゲーニー・ミローノフ)を心から愛しているエレーナは、都会で仕事に大忙しの彼に迷惑をかけまいとひとりぼっちでお葬式の準備を開始する

        <公式サイト ストーリーより>




>>続きを読む

  1. 映画タイトル(わ行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

三谷幸喜×アガサ・クリスティ 「死との約束」 :: 2021/03/08(Mon)

死との約束

三谷幸喜が脚本、野村萬斎主演のアガサ・クリスティシリーズ、第3弾は『死との約束』。
これまでのドラマ化がとても良かったので、今回も楽しみにしていたのですが、期待通り~~~、今回も良かった、最後はじ~~~んときてしまいました(涙)

舞台は(原作の)“エルサレム”から日本の巡礼の道“熊野古道”に、そして時代設定は昭和30年に置き換えられていますが、ほぼ忠実なドラマ化。原作ファンにはやっぱりこれが嬉しい。
BBCのドラマもイイのですが、えっ!?犯人変えたの!?と仰天したり、キャラクターがあまりに改変されていたりしてチャレンジぶりに時々ガックリきたりします

三谷さんらしいぷぷっとした笑いや、遊びもちりばめられていますが、原作をしっかりと読み込んでいないと作り込めない脚本っぷり。クリスティへのリスペクトが今回もしっかり感じられましたヨ~~。
謎解き部分も(原作のメモ部分を)ホワイトボードに!バッテン×つけて分かりやすい~(笑)ひとりひとりを問い詰めつつの、真相を語らせていくポワロ劇場、あっ、勝呂劇場を今回も楽しみました。

ドラマ化にあたってオリジナルな部分もあって、えっ!?どうするんだろう?と驚いたのですが、これがまたラストに近づくにつれ、切ないこと(涙)原作既読だと、これは切なさ増し増しですよ~~(>_<)

原作で猛獣使いに例えられるほどの強烈な個性の持ち主、ボイントン夫人(ドラマ化では本堂家)、松坂慶子さんでしたネ。
頑張っていたけれど・・・やっぱりちょっと可愛らしいかナ
山本耕史さんの裸サスペンダー!!サービスカット?


古代都市ペトラを舞台にした原作では赤土の断崖と暑さが印象的で、ボイントン夫人の支配欲と家族たちの追い詰められた様子が強烈な印象を受けましたが、
対照的に緑豊かな静かな山道が舞台となったドラマ版は、(その点では)少しおとなしめな感じだったかな。そこもまあ、日本人らしさでしょうか!(^^)!
天狗やヨタガラスを登場させた!!まさに日本版らしい三谷×クリスティドラマでした。
神秘的な熊野古道、行ってみたくなりました!(^^)!



  1. テレビドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

月イチ★クラシック「透明人間(1933年)」 :: 2021/03/01(Mon)

透明人間33

雪の中、サセックスのアイピング村の宿屋に泊まりに来たのは、顔を包帯で覆い目を黒いサングラスで隠した奇妙な男だった。
宿屋のおかみにひとりにしてくれるよう頼み、部屋に実験道具を並べる男・・・、だが、部屋代も払わない男に宿屋の主人が出て行っていくようにと告げると、怒った男は包帯を剥ぎ取る!!

服の下には何の肉体もなく・・・・・男はなんと!透明人間だったのだーーーー!!!



>>続きを読む

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ