FC2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「告白小説、その結末」 :: 2019/05/18(Sat)

告白小説

自殺した母親との生活をつづった私小説がベストセラーとなった作家デルフィーヌ。
だが、その後はスランプに陥り、ファンとのサイン会を途中で打ち切る疲れっぷり。

そんな彼女の前に、熱狂的なファンだと自称する女性エルが現れる。
なぜかエルの前では飾らず本音で話し合えるデルフィーヌは、すぐに彼女に信頼を寄せてゆくのだが・・・、時折見せる不可解な言動に翻弄され始めてゆく・・・・。


※↓ミステリーですが、ネタバレしていますのでご注意ください!!

>>続きを読む

  1. 映画タイトル(か行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

WOWOWで観た映画♪ :: 2019/05/17(Fri)

IMG_5977.jpg

5月の庭に大好きなブルーベル。
この花を見るといつもベン・ウィショーの『ブライト・スター 一番美しい恋の詩』を思い出します。

さて、WOWOWで鑑賞した5作品の感想をまとめてUP。

『オーシャンズ8』
『モリーズゲーム』
『歓びのトスカーナ』
『凍える追跡』
『フューチャーワールド』



>>続きを読む

  1. WOWOW鑑賞作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「ロンドン 人生はじめます」 :: 2019/05/15(Wed)

ロンドン人生

ロンドン郊外の美しいヒースが広がるハムステッドの住宅街。
高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、悠々自適の一人暮らしとはいかず、夫亡きあと発覚した浮気や借金のこと、減っていく貯金のこと、老朽化したマンションの修繕費用のこと、上辺ばかりのご近所づきあいなどお金や生活の様々な問題に直面していた。

屋根裏部屋からヒースを眺めていたある日、髭もじゃの男が暴漢に襲われるのを目撃するエミリー。翌日、森の中を訪れた彼女は、手作りの小屋で17年間暮らしているというドナルド(ブレンダン・グリーソン)と出会う。

                 <公式サイト ストーリーより>




>>続きを読む

  1. 映画タイトル(ら行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「マイ・ブックショップ」 :: 2019/05/14(Tue)

マイブックショップ

1959年のイギリス、海辺の小さな町。
戦争で夫を亡くしたフローレンスは、それまで一軒も書店がなかった町に夫との夢だった書店を開こうとする。
保守的な町でそれを快く思わない町の有力者ガマート夫人の嫌がらせに遭いながらも何とか開店にこじつける。
レイ・ブラッドベリの「華氏451度」など、先進的な作品を精力的に紹介し、書店は物珍しさで多くの住民がつめかける。
だがガマート夫人の画策により、次第に経営が立ち行かなくなっていく。
フローレンスの味方は40年も邸宅に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏だけ――。

                <公式サイト より>




※↓ ネタバレしています。未見の方はご注意くださいね。

>>続きを読む

  1. 映画タイトル(ま行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

クリスティ「予告殺人」&ホロヴィッツ「カササギ殺人事件」 :: 2019/04/23(Tue)

予告殺人

テレ朝のクリスティシリーズ第4弾はミス・マープルの『予告殺人』でしたネ。
大地真央さんと室井滋さんというキャスティングはとても良かった(特に室井さんはドンピシャ!だと思う)
・・・・でも、時代設定的にはやっぱりムリがある~~(>_<)そして、犯人の抱える秘密は“日本”という国の中では成立しないんじゃないかなあ。
原作をひねった登場人物たちのネーミング、ぷぷっ、ちょっと凝りすぎかも(笑)

日本版を観たら、海外ドラマ版の『予告殺人』が気になったので早速レンタル~♪

>>続きを読む

  1. 海外ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

月イチ★クラシック「プレデター」 :: 2019/04/15(Mon)

プレデターシュワ

南米で行方を絶った政府の重要人物奪還のため、ジャングルに潜入するダッチ率いる特殊コマンド部隊。
だが、ゲリラを掃討した彼らを待ち受けていたのは、体を透明化し、人間に襲い掛かる最強の異星人プレデターだった。

次々に刃にかかり倒されていく隊員たち・・・・・。
仲間を失った隊長ダッチは一人、姿なき敵に立ち向かう!!



>>続きを読む

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「チューリップ フィーバー 肖像画に秘めた愛」 :: 2019/04/14(Sun)

チューリップ

17世紀オランダ。
修道院育ちのソフィアは親子ほども年の違う豪商コルネリスと結婚し、豊かな暮らしを送っていたが、
子宝を望むコリネリスの願いをなかなか叶えられないことを悩んでいた。

ある日、コルネリスは、夫婦の肖像画を無名の画家ヤンに依頼する。
美しいソフィアに心奪われるヤン、そして、それはまたソフィアも同じ。

当時のオランダでは、球根1個分が邸宅一軒に匹敵するという、まさにチューリップフィーバーが巻き起こっていた。
ソフィアとの未来のため、ヤンもまたチューリップ売買に乗り出そうとするのだが・・・・。



>>続きを読む

  1. 映画タイトル(た行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ザ・プレデター」 :: 2019/04/12(Fri)

プレデター

元特殊部隊員の天才スナイパー、クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに墜落した宇宙船と、その船に乗っていたプレデターを目撃、
証拠として密かに墜落現場からプレデターのマスクと装置を持ち帰るが、政府機関に捕らえられてしまう。
マスクは手違いで自宅に届き、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが装置を起動させてしまうのだった・・・。

一方、政府は進化生物学者ケイシー・ブラケット博士を呼び寄せ、プレデターの進化を解明しようとするのだが・・・。



>>続きを読む

  1. 映画タイトル(さ行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

邦画もいいね♪ :: 2019/04/11(Thu)

湯をわかすほどの

ビデオショップに行くとやっぱり洋画に行っちゃうので、邦画は年に何本かくらいしか観ないのだけれど
最近アマゾンプライムではせっせと邦画を観ています。

『湯を沸かすほどの熱い愛』
『海街ダイアリー』
『今度は愛妻家』
『サバイバル・ファミリー』


う~ん、邦画もイイネ

舞台や、食事風景や、シーンひとつひとつが知ってる日常にかぶさって、す~~っと心に入って、じわ~~と広がる、そんな感じ。
日本人なんだな・・・と今更ながらに噛みしめています

特に宮沢りえちゃんの“おかあちゃん愛”、泣けました。
オダギリ・ジョーは、ダメ男をやるとヒュー・グラントに匹敵する魅力があると思う(笑)


そして、新ドラマで楽しいのが『きのう、何食べた?』ですよ~。
西島さんと内野さん、いい!イイ
ご飯のあるドラマ(映画も)大好きダ。
今日ハーゲンダッツのマカダミアナッツ買っちゃいました(笑)


  1. アマゾンプライム
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

「テルマ」 :: 2019/03/31(Sun)

テルマ

育った小さな町から離れ、オスロの大学へ入学、一人暮らしを始めたテルマ。
ある日、授業中に発作を起こして倒れてしまった彼女は、その時隣に座っていた女の子アンニャと知り合い、やがて奔放な彼女に惹かれてゆく。

だが・・・信仰心の篤い両親の元育ったテルマは、自分の欲望に激しい罪の意識も感じていた・・・。
やがて何度も突然の発作を起こし、彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める・・・・。



>>続きを読む

  1. 映画タイトル(な行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

WOWOW映画 :: 2019/03/27(Wed)

IMG_5910.jpg

すっかりマスク常備(ドラッグストアのマスクコーナーチェックも欠かさない )に慣れた3月も・・・あっという間に終わりそう~~(>_<)

WOWOW映画の感想もたまってる~~!!

『蒼い衝動』
『オリーブの木は呼んでいる』
『インビジブル 暗殺の戦慄を弾く女』
『リディバイダー』
『レディープレーヤー1』



>>続きを読む

  1. WOWOW鑑賞作品
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

月イチ★クラシック「殺し屋とセールスマン」 :: 2019/03/21(Thu)

殺し屋とセールスマン

政治事件の重要参考人ランドニを消すよう依頼された殺し屋ミラン(L・ヴァンチュラ)。
裁判所の向かいにあるパレスホテルの5階を借り、決行しようとするのだが、
その隣の部屋を借りたワイシャツのセールスマンのピニョン(J・ブレル)の自殺未遂により、
ことごとく仕事が邪魔された上に、次から次へと思いがけない事態がミランを襲うのだった・・・。


>>続きを読む

  1. 月イチ★クラシック
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ブックショップ」 :: 2019/03/20(Wed)

IMG_5948.jpg

あっという間に3月も20日
花粉症(ついに発症!?)なのか風邪なのか・・・という症状が続いてスッキリしない春です。
映画もなかなか観れず・・・・。

でも!買いました♪映画『マイブックショップ』の原作本
中四国では上映予定が出てないのですが、ホールソレイユさんで5月10日から上映決定~、バンザイーーー
やっぱり映画観てからにしようかなと温存するつもりが・・・、
あとがきかと思って覗いた最後の頁、見えちゃったーー(>_<)
ええっと驚くような、悲しい最後の一行!!ガーン!!

どうか、映画はこんなにきびしくありませんように~~。




  1. 書籍タイトル(は行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Book shop Cinema その2 :: 2019/03/05(Tue)

ユーガットメール2

旅行に行ったとき、寄るつもりはなくてもついつい入ってしまうのが本屋です。
見知らぬ場所でも・・・知ってる顔が並んでるようで、なんだかとっても落ち着きませんか~(笑)

さて、本屋が登場する映画、その2
(本屋映画の)ランキングがあれば、きっと1位、2位を取るだろう王道作品がまだでした



>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

Book shop Cinema :: 2019/03/05(Tue)

マイブックショップ2

↓の記事から本屋や図書館が登場する映画のお話になりました♪
楽しくテンションが上がったので(笑)
本屋が登場する映画を思い出しつつ挙げてみることに

(図書館が登場する映画も・・・・と思ったけれど、思い浮かべただけでもすごい数だった・・・・!

>>続きを読む

  1. 映画のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ